「サムライ債 2.5兆円!」 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「サムライ債 2.5兆円!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
お金の基本

こんにちは!

クリスマスも終わり、街はお正月に向けて慌ただしさを増していますね。

 

さて、市場では、このところの「円安」を受けて、2014年の“サムライ債“の発行額が、18年ぶりに2.5兆円を超えました。

これは、前年を5割超える水準です。

サムライ債とは、海外の政府や企業が、日本において「円建」で発行する債券のことです。

特に欧米の金融機関が、活発に発行しています。

直近では、クレディ・スイスやモルガン・スタンレーは、1500億円以上の資金調達を行いました。

最大の要因は、「円」が“超低金利”である点、そして今後も“円安”が見込まれる点にあります。

ちなみに、ドイツ銀行の5年物サムライ債の金利は0.47%でした。

ドイツ国内での金利に比べると、かなり割安に資金調達ができたのではないかと思います。

一方、日本国内を観れば、10年物国債が“0.31%”という過去最低の金利となっている中、投資家からみると、5年物で0.47%も金利のつく商品は、大変魅力的なため、需要と供給がマッチした結果といえるでしょう。

さらに、借り手側の海外からみれば、金利が低いだけではなく、今後「円安」が進めば、返済する原資も少なくなるため、積極的にサムライ債を発行していることが伺えます。

その意味では、今後さらに「円安」が進むとみている海外勢が多いようです。

 

だとすれば、日本の個人投資家も、今のうちに「外貨」の保有比率を高めておくことも、検討すべき時かもしれませんね。

 

さて、本日が年内最後の投稿となります。

投稿記事が、何かしらお役にたてれば幸いです。

2015年が、平和で穏やかな年となることを心より祈念しています。

 

良き年をお迎えください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

サムライ債発行急増 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/10/28 12:12)

「20年物国債も、過去最低に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/03/25 11:42)

2016年、緩和マネーの流転先 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/03/13 09:00)

超低金利の終焉、ジェノバ(共和国) 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/02/06 09:00)

「国富 3048兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/01/23 15:26)