住宅ローン金利はいつ上昇するのか - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン金利はいつ上昇するのか

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

為替は、一時1ドル=120円を突破しました。

円安により、食料品、文房具などの値上げも行われるようです。

物価だけでなく、給料も一緒に上がってくれないと本当に困る話です。

今後も円安傾向は続くとの見方は多いですが、
その次の心配は、長期金利がいつ上昇するのかです。

長期金利で代表的なのが、10年物国債の金利です。
住宅ローン金利にも関係しています。

仮に長期金利が上昇すると、住宅ローンの固定金利から上昇し始めます。

変動金利で組んでいる方は、金利が低いうちに固定金利に見直すのも、
ひとつの選択です。

ただし、あくまで収入や資産の状況、ライフプランの全体を見ながら
総合的に検討することをおすすめします。

例えば、変動金利のまま、早めに元本の返済を進めるのもひとつの考え方です。

ではいつ金利が上昇するのかです。

現状は、市場に出てくる国債は、量的金融緩和のために、
日銀が大量に買ってくれるので、金利は上がりにくい状況です。

短期国債では、マイナス金利の状態も生じているようです。

日銀は、当面、ひたすら国債を買い続ける方針です。

ある意味、日銀は、日本政府の借金を買い支えているともいえます。

そして、日本政府は、海外から本当に財政再建をするつもりがあるのかと
疑念を持たれ始めており、格付会社による日本国債の格下げにもつながりました。

ちなみに日銀がひたすら国債を買い続けると、理屈の上ではインフレになります。
たびたびコラムにも書いてきた話です。

具体的に2%(前年比)というインフレ目標も公表されています。

インフレが進み過ぎて、これ以上の物価上昇は、勘弁してほしいとの
国民の声が大きくなったところで、景気がわるくても、
日銀は、国債の大量買入れを止めざるを得なくなるかもしれません。

デフレ脱却は、計画通り達成しましたということで。

長期金利が上昇するとすれば、個人的はこのタイミングかと思います。

いったん金利が上昇し始めれば、急速に進む可能性が高いです。

日本政府は今、約1000兆円の借金を抱えています。

例え年1%程度でも金利が上昇すれば、相当重い負担です。

その後、さらなる増税や年金削減もありえます。

アベノミクスは、株価上昇などで景気を良くする効果は確かにありますが、
上のように綱渡りの面もあります。

家計防衛のための「お金のプラン」をぜひ真剣に考えてみてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)

このコラムに類似したコラム

安心なサービスの選び方 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/26 16:48)

夫婦の5割り共働き 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/03/29 15:50)

『生活費以外は自由』58% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/08 09:40)

「国の予算 96兆3420億円」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/01/16 17:08)

世帯の金融資産 8年ぶり最高 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/22 15:35)