「国富 3048兆円!」 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「国富 3048兆円!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
お金の基本

こんにちは!

 

さて先般、内閣府が2013年度の国民経済計算確報を発表しました。

それによれば、日本全体の資産から負債を差し引いた正味資産(国富)が、6年ぶりに増加し、3048.7兆円になりました。

 

内訳としては、国民総資産が7.2%増加し9294.6兆円になったのに対し、負債額も6245.9兆円と増加しましたが、正味資産である「国富」は、前年より2.1%増加しました。

 

要因としては、「円安」が進行したことにより、外貨建て資産の評価額が引き上げられたことが挙げられます。

対外純資産は、前年比9.7%増加し、1994年以降最大の325兆円と、国富の10.7%を占めています。

その他、住宅などの有形固定資産が最も大きく、3.1%増の1501.2兆円となっています。

 

ちなみに、現在の基準で「国富」が最大だったのは、2007年の3158兆円でした。そこから5年連続減少し、今回増加に転じることができました。

 

今後、国内の不動産価格の大幅な上昇などを見込むのは難しいため、「国富」を維持していくためには、現在、企業が積極的に行っているM&Aなどによる対外投資を伸ばしていくことが考えられます。

企業に比べると、個人はまだまだ投資額は大きくはないですが、対外純資産を増やすことにより、将来の「円安」対策にも繋げることができます。

 

他国に類を見ない財政赤字を抱える日本にとっては、「外貨」を含めた多様な資産に分散しておくことが、日本の国を維持するための“備え”になることだけは間違いないといえるでしょう。

 

それでは、今週末も穏やかで平和な日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「内部留保は過去最高なのに、労働分配率は低下!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/09/16 10:44)

誰の言うことを信じますか? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2015/12/29 22:17)

個人投資家の半数以上が運用収益5%以上 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/22 08:50)

2016年、緩和マネーの流転先 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/03/13 09:00)

「サムライ債 2.5兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/12/26 16:07)