《聴心館》【心の炎・散歩路 No.3】抗うつ薬・抗不安薬のお話 - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長
東京都
厚生労働省認定 産業カウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.3】抗うつ薬・抗不安薬のお話

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 心の病気・カウンセリング
心の炎・散歩路

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.3】抗うつ薬・抗不安薬のお話


 抗うつ薬・抗不安薬あるいは睡眠導入剤などの処方を受けて,毎日服用している方も多いと思います。「どーんと気持ちが沈んでしまう」「強烈に不安を感じてしまう」そんな時には,薬に頼りたくなるものです。

 脳神経科学がものすごい勢いで発達を遂げています。検査機器や検査法が開発されていることも,フォローの風になっています。そうした脳神経科学でも,まだ,うつや不安障碍の原因はつかめていません。脳内物質への影響やDNAとの関連まで研究は進んでいますが,原因追求はまだ霧の彼方です。

 ということは,抗うつ薬や抗不安薬は,ターゲットとなる原因に効いている薬,いわゆる治療薬とはいえないものと言うことになります。副作用の研究も進んでおり,第2世代といった形で身体への悪影響もかなり改善されていますが,それでも症状を緩和する薬と言うことにほかなりません。

 安全なはずのフロンガスが地球に悪影響を与えていたという例もあります。現に,精神疾患の薬のうちで,ある薬は服用者の100%が自殺していたという結果が判明して,国により使用を禁止されたという例があります。抗うつ薬を3年5年と服用されている方もいらっしゃるかと思いますが,あくまでも症状改善薬であることを意識して服用されると良いと思います。

 ちょっと深刻な話になってしまいました。この次は,認知行動療法のような話にしましょう。ではまた。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 厚生労働省認定 産業カウンセラー)
カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長

うつや不安・ストレス・悩みの改善に認知行動療法をお勧めします

【うつや不安・ストレスには投薬以外の治療法もあります】認知行動療法を中心として実績重視で,東京青山・仙台・大宮で活動を続けてきました。30年弱の活動歴を生かし仙台から被災地支援面接も実施中。うつや不安,薬の副作用に悩む方も,ご相談下さい。

カテゴリ 「心の炎・散歩路」のコラム

このコラムに類似したコラム

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.7】精神疾患のお話。 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2014/10/31 17:16)

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.13】 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2015/01/30 10:14)

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.10】大忙しの1週間でした 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2014/11/17 21:46)

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.8】精神疾患のお話・その2。 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2014/11/04 19:19)

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.6】認知行動療法の科学性 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2014/10/30 23:43)