《聴心館》【心の炎・散歩路 No.6】認知行動療法の科学性 - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長
東京都
厚生労働省認定 産業カウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.6】認知行動療法の科学性

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 心の病気・カウンセリング
心の炎・散歩路


《聴心館》【心の炎・散歩路 No.6】認知行動療法の科学性


 昨日は認知行動療法の歩みのようなお話でした。ざっと駆け抜けただけですけれど。きょうは,認知行動療法の科学性のような話です。


 認知行動療法の科学性の大本にあるのは,他の心理療法と違って,治験結果を重要視していることです。薬のように治験データがあるだけでも,他の心理療法とはひと味違うという感じですよね。たとえば,認知行動療法のうつ病の改善率が85%とか,強迫性障碍の改善率が65%といった数字が出ています。これは,あくまでも特定の治験データの数字で,世界中どこでも必ずこの数字となる訳ではないことを付言しておきます。


 治験と言えば,おもしろいことがあります。認知行動療法の治験の際に,うつ病の患者さんを3つのグループに分けて,1組は「認知行動療法単独で治療する」,別の1組は「抗うつ薬を投与しながら認知行動療法を併用する」,最後の1組は「プラセボ(偽薬)を投与しながら認知行動療法を併用する」という治験を実施したそうです。その結果,最も改善率が良かったのが「認知行動療法単独」だったそうで,「抗うつ薬+認知行動療法」と「プラセボ+認知行動療法」が全く同率だったという意外な結果が報告されています。「抗うつ薬」の結果に一瞬びっくりしてしまいました。


 さて,こうした治験データによる実証性が決め手になり,アメリカでは精神医学会によって,抗うつ剤とともに認知行動療法が,うつ病の第一選択薬に推奨されています。第一選択薬とは,その疾患の治療に際して,まず最初に使用される薬という意味です。また,イギリスでは,国自体が認知行動療法士1万人養成のための7カ年計画をたて,これが実を結んでいます。


 聴心館で認知行動療法を実施するときには,こうした科学性を確保し,確実に治験データを生かせる技法を使用した治療改善策を意識しています。それが,認知行動療法を受ける皆さんに対する正しいあり方と考えるからです。また,聴心館のご案内になりそうなので,この辺にしましょう。ではまた。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 厚生労働省認定 産業カウンセラー)
カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長

うつや不安・ストレス・悩みの改善に認知行動療法をお勧めします

【うつや不安・ストレスには投薬以外の治療法もあります】認知行動療法を中心として実績重視で,東京青山・仙台・大宮で活動を続けてきました。30年弱の活動歴を生かし仙台から被災地支援面接も実施中。うつや不安,薬の副作用に悩む方も,ご相談下さい。

カテゴリ 「心の炎・散歩路」のコラム

このコラムに類似したコラム

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.13】 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2015/01/30 10:14)

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.10】大忙しの1週間でした 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2014/11/17 21:46)

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.7】精神疾患のお話。 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2014/10/31 17:16)

《聴心館》 【心の炎・散歩路 No.5】認知行動療法とは 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2014/10/29 17:53)

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.3】抗うつ薬・抗不安薬のお話 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2014/10/27 21:28)