「経済見通し、日本下方修正!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「経済見通し、日本下方修正!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!

さて、先日IMF(国際通貨基金)が、最新の世界経済見通しを発表しました。

2014年の世界全体の経済見通しは、前回の1月の予測から0.1%下方修正し、“3.6%”としました。

また、日本については、1月より0.3%も下方修正し、1.4%の成長としています。

日本の下方修正の要因としては、昨年後半からの輸出の伸び悩みと共に、消費増税の影響を考えてのことだと思います。

 

その他、主要先進国、新興国は以下のようになっています。

 

     今回   前回との差

米国   2.8%    -

ユーロ圏 1.2%    0.1%

中国   7.5%    -

インド  5.4%    -

ブラジル 1.8%   -0.5%

ロシア  1.3%   -0.6%

 

若干ですが、上方修正されたのはユーロ圏だけで、しかも成長率は1.2%にとどまっています。

景気回復への期待が大きいアメリカと、景気減速への懸念がされている中国、インドは、横ばいの予測となっています。

そして、景気の悪化が問題視されているブラジルが0.5%、ウクライナ問題を抱えているロシアが0.6%と、それぞれ大きく下方修正されました。

 

また、来年、2015年の経済見通しについては、世界経済は0.1%下方修正の3.9%、日本については前回同様、“1.0%”で据え置かれています。

このようにみてくると、IMFとしては、各国が多くの不安要因を抱えていることから、大幅な経済成長は見込めないとみているようです。

 

とはいえ、日本としては、“アベノミクス”での復活を果たすためには、1%程度の成長で甘んじているわけにはいきません。政府には、法人減税などを含め、大胆な施策を行ってもらい、是非とも民間活力で景気をさらに引き上げていきたいと思います。

大事なのは、企業も個人も、自発的、能動的な取り組みと言えるでしょう。

 

さて、本日発行のメルマガでは、最近、投資において注目を浴びている「行動ファイナンス理論」について、解説しています。

ご興味がある方は、ご覧ください↓

http://www.mag2.com/m/0000121186.html

 

では、今週も平和な週末となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

1月30日開催 セミナー『2016年世界経済の見通しと、これからの資産運用戦略』 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2015/12/23 21:25)

今週17日(土)開催:セミナー「守りながら殖やす、これからの資産運用」 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/14 20:43)

「世界の経済成長率3.5%」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/05/08 17:20)

金投資で五輪に便乗! 小川 和哉 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/17 09:34)

ベトナムに一週間行ってきました 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/10/30 11:18)