ホルモンを使わないで着床能力のある卵を堅実に育てるホットコア卵母成熟法 - 冷え性・婦人病 - 専門家プロファイル

ナラ鍼灸院 院長
大阪府
鍼灸師 臨床検査技師
06-6452-3567
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
田中 和恵
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ホルモンを使わないで着床能力のある卵を堅実に育てるホットコア卵母成熟法

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 冷え性・婦人病
温熱治療 婦人科 不妊

1.見直そう❛卵胞成熟❜期間

言葉が荒いですが、自然な卵胞から生まれる良質な卵は薄い子宮内膜であろうが所かまわず着床する能力を持っています。

 

たくましい卵を産む卵胞の形成には原始卵胞から約375日かかり、この間に約13回の月経周期があります。生理を終えて排卵までの10日程の卵胞期だけではありません。卵胞期は選ばれた卵が益々大きくなると共に自らが将来、心地よい着床の場となる子宮内膜を準備する期間であります。

 

375日(原始卵胞から排卵前卵胞までの期間)÷28日(平均月経周期)≒13回(月経周期)

 

卵胞の成長段階 原始卵胞、一次卵胞、二次卵胞、初期胞状卵胞、後期胞状卵胞、排卵前卵胞

 

2.着床能力のある卵に必要な期間

排卵日からさかのぼって約3月経周期となります。平均月経周期28日ですと排卵日より約85日前(二次卵胞期)に当たります。

二次卵胞(原始卵胞が目をさましてから約290日)では膜層に毛細血管の複雑なネットワークが形成され、卵胞への血液循環が開始され新たな成長ネットワークにはいります。 

 

原始卵細胞(375日)-二次卵胞(290日)=排卵前卵胞(85日)

 

3周期が卵の成長の1単位とする由縁

85日÷平均月経周期(28日)=3月経周期

 

成熟した良質な卵胞は良質な卵を産み出し、良質な黄体を作り着床を容易にします。妊娠を維持します。

 

ですから、着床は85日余り前から始まっていると言っても過言ではないと思います。元気で綺麗な卵を得る為には、あなたは3月経周期をコツコツと育ててあげる必要があります。

 

3.卵をどの様に育てればよいのか?

結論からいいますと、

3月経周期を通じて、傷ついた卵子の修復に努める。

3月経周期を通じて、卵巣への血流を定常に努める。

二つを日常的にクリアできる方法がお勧めとなります。

 

この二つを治療器に頼らないでクリアできる「ホットコア卵母成熟法」があります。

 

私はこれまで良質な卵を得るための育成期間として先に述べました3月経周期を提唱して来ました。そして、育成法として毎日の遠赤外線療法をすすめて参りましたが、これまでのプロトコル(試験/治療計画)での育成効果だけでは卵子修復は十分でなく、さらに、卵子老化の原因も解明されたことから新しい観点からの治療法の開発が望まれていました。

 

4.温熱効果の統合で卵を育てる「ホットコア卵母成熟法」

ホットコア卵母成熟法は、卵子老化の修復が期待できるヒートショックプロテイン(HSP)を増やしミトコンドリアを元気にする極めて安全なアットホームな不妊治療法です。

ホットコア卵母成熟法には個人個人の状況に合わせ着床や妊娠に活用できる7つの入浴法があります。

 

リンク

卵子を甦らせる仕組み

ナラ鍼灸院

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 鍼灸師 臨床検査技師)
ナラ鍼灸院 院長

《その症状、あきらめないでください》

温熱治療が役立つ疾患、アルツハイマー型認知症、脳卒中後遺症、抗がん剤副作用、アトピー皮疹、パーキンソン病、着床障害を取り上げ「その症状、あきらめないでください」をキャッチ・フレーズに浴室で行える「風呂温熱療法」に取り組んでいます。

06-6452-3567
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「温熱治療 婦人科 不妊」のコラム

一度に妊娠(女性向き)(2016/04/23 18:04)

このコラムに類似したコラム

着床障害での代替医療 奈良 修次 - 鍼灸師 臨床検査技師(2014/05/07 11:32)

妊娠を100%期待できる医学的根拠と対処 奈良 修次 - 鍼灸師 臨床検査技師(2014/01/10 16:00)

baby「妊活血流」教室の役割 奈良 修次 - 鍼灸師 臨床検査技師(2015/04/13 11:50)

妊娠率を上げるには不妊治療周期を流産率の低い時期に集中して行うのも有効 奈良 修次 - 鍼灸師 臨床検査技師(2014/05/08 18:57)