グリーン周りのアプローチもリズムが大事!! - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

グリーン周りのアプローチもリズムが大事!!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ゴルフトレーニング

こんにちは。ゴルコア(港区芝大門)代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

先日、ゴルフスイングはリズムが大切とお伝えしました。

また、パターもリズムが大切ともご紹介しました。

今日はアプローチについてです。

 

グリーン周りのアプローチも、リズムはとても大切です。

例えばグリーンまで残り40ヤード、ピンは手前。

アプローチウエッジで8時-4時のふり幅で、花道を利用できそうなのでボールは右足よりでランニングアプローチで行こう!

と決めて9時-3時の素振りをします。

ここまではOK。

なのに、いざ実際打つ時には9時~10時くらいの高さまでクラブを上げてしまったから、アッと思ってインパクトで止めてしまってざっくり・・・

とか

8時-2時になってしまったとか・・・

 

素振りでのイメージはよかったのに…ということありませんか?

 

こんなときことリズムです。

 

どんなふうに打つかをコミットメントして8時-4時のリズムで打つ。

できれば8時-4時と言いながら・・・

 

このコミットメント&リズムに+口に出しながら打つ

ができると「あっ・・・」というミスショットがかなり減ってきます。

 

アプローチが苦手な方は、まずは「あっ」というミスをなくすこと。

これが最優先。その上でアプローチを安定させていきましょう。

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-ゴルフの体幹トレーニング-ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

Web:http://golcore.com

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

ゴルフスイングのリズムとタイミング 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/08/27 16:00)

ゴルフスイングはリズムが大切! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/17 16:39)

ゴルフピラティスワークショップ-「ミート率アップ」 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/21 22:22)

バックスイング時のカラダの動く順番を覚えましょう 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/27 21:07)

ピラティス呼吸はゴルフスイングのリズムに最適! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/10/15 17:13)