「対外純資産、3年ぶり過去最高!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「対外純資産、3年ぶり過去最高!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、先日、財務省から2012年末の日本の対外純資産残高が発表されました。

 

対外純資産とは、日本の企業や個人が海外に持つ資産から負債を引いた残高のことです。

2012年末は、前年末比11.6%増加して、296兆3150億円と過去最高を更新しました。特に年末にかけて、「円安」による外貨資産の評価額が膨らんだことも、残高を押し上げる要因となりました。

 

内訳をみると、対外資産残高は、13.8%増加して661兆9020億円と4年連続の増加となりました。また、日本企業のM&Aなどの直接投資は、15兆5240億円増加して、89兆8130億円となっています。

まさに「円高」を“強み”に、積極的に国外へ投資した結果が、功を奏した格好となっています。

 

これで、日本は“22年連続”で、世界最大の債権国となりました。

ちなみに、2位は中国で150兆2875億円、3位がドイツで121兆8960億円です。

GDPでは、中国に抜かれましたが、“債権国”としての地位では、2位中国を大きく引き離しています。

 

ただ、対外純資産が増えたからといって、手放しに喜んでばかりもいられません。

というもの、海外から日本への投資が増えると、対外債務が増えることになりますが、日本への投資もある程度促進していかないと、国際社会から取り残され、経済の活性化につながらないからです。

 

外資を呼び込みながら、国内企業の海外投資や個人の余剰資金が国外にも向かうと言った“バランス”が、これからは重要だと思います。

 

資産運用の観点から「外貨保有」は、運用面でも、通貨のリスクヘッジとしても、ぜひとも取り組んでもらいたい方法といえます。

 

それでは、よき週末をお過ごしください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

ヘッジファンドのリターンはリスクの高さに見合わないのでは 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/19 20:00)

「ついに、貿易赤字1.6兆円に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/02/22 15:52)

「世界経済から読み解く相場動向の行方」藤巻健史氏(楽天新春セミナーより) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/23 09:00)

外貨MMF(ユーロと豪ドル)の投資対象例について 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/27 16:00)

個人投資家 資産運用に役立つ本 資産運用実践講座Ⅱ 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/30 16:00)