【住宅ローン】最優遇金利が出ない場合ローン解約できる? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
神奈川県
ファイナンシャルプランナー
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【住宅ローン】最優遇金利が出ない場合ローン解約できる?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅 住宅ローン

住宅取得の「融資利用の特約」の規定

昨今住宅を取得する方が増えています。

そんな中、良くある質問があります。

 

「変動金利の融資が0.775%でなく1.075%」になると

銀行から返答が来た。

 

住宅ローンのような大きな買い物になりますと多少の金利差で

支払額も大きく変わってしまいます。

 

そこで質問に来るのが「ローン特約の解除」というもので

白紙にできるでしょうか?というご質問

 

こればかりは不動産屋さんとの契約内容によります。

 

原則は・・・

不動産を売る側からしてみると

借りられるのであれば、借りて頂き買ってくださいが本音でしょう。

 

買う側からすれば「有利な条件なら買いたい」というのも本音。

 

融資利用の件については重要事項説明書、不動産売買契約書に記載されて

いますが、重要事項説明書を確認する必要があります。

 

そこには「申込銀行」「金利」「期間」などが記載されます。

それらの条件で借りられない場合、初めて「ローン特約による白紙解約」が

できます。

 

定価を表示するケースが多い

変動金利であれば、概ね2.475%です。

そこから金利優遇で1.7%などの恩恵を受け、0.775%程度で貸し出されます。

 

この金利優遇が厄介でして、正直審査をしないと正式回答は出ません。

事前審査と言いまして、事前に審査して頂く事も可能ですが

本審査(本申込)をすると少し覆ることもあります。

 

ですので、重要事項説明書上には2.475%と記載されることが多く

その場合、金利優遇が自分の予定と違っても解約は出来ないというのが

基本となります。

 

防止策として

防止するにはまず事前審査が必要です。

まずこれで目安を把握されるのが望ましいです。

自分がどの程度の条件で借入できるのか?の確認です。

 

その上でどうしても1.7%の優遇が受けられないと買わないという事で

あれば、あとは不動産会社様とのご相談になります。

不動産会社として1.6%の優遇で0.875%でも解約されてしまうリスクを

負いますから相当に嫌がるでしょう。(多分契約しないかもしれません)

 

まずは事前審査で、自分の優遇金利を調べておくのが一番の安心材料です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 【住宅を買う前に知っておきたい】住宅ローン・税制診断

「不動産会社」「銀行」は貸す事が仕事。借りてからでは遅い!ローン計画をチェック

料金
1,000円

昨今の低金利、住宅ローン減税など不動産を取得するには
良い環境です。
ですが、「借りれるから買う」という選択はとても危険です。

賃貸のように簡単に住み替えができない物件取得は慎重に見極めてから
購入して頂きたいものです。
銀行・不動産会社から出てくる資金計画などで決断せず、是非長期的に
試算を行う弊社の住宅ローン診断を利用して安心を得て下さい。
住宅ローン・ローン減税・資金贈与などを見ていきます

【住宅を買う前に知っておきたい】住宅ローン・税制診断

このコラムに類似したコラム

金利優遇競争 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/04/09 20:37)

住友信託銀行が住宅ローン拡充に走る理由 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/19 16:00)

いくらまで借入できるの?(フラット35編) 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2010/12/26 10:22)

”フラット35”重複申込みの注意点 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2010/12/15 09:00)