いくらまで借入できるの?(フラット35編) - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

株式会社アドキャスト 代表取締役
不動産コンサルタント
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いくらまで借入できるの?(フラット35編)

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
不動産購入の基礎知識 無理のない資金計画

フラット35の借入可能額の計算は銀行ローンのように複雑ではなく、非常にシンプルです。

考え方は銀行ローンと同じですが、計算金利(審査金利) は申込月の金利が適用され、
返済負担率は30%~35%以内で設定されています。

年収ごとの返済負担率は以下のとおりです。

・税込年収が400万円未満の場合、返済負担率は30%以下

・税込年収が400万円以上の場合、返済負担率は35%以下


<計算例>

税込年収500万円、オートローンの返済額が年間60万円、
申込手続きを行った時のフラット35の金利が2.5%の場合

税込年収500万円×35%=175万円(フラット35が考える1年間の返済可能額)

175万円-オートローン60万円=115万円(フラット35が考える1年間の住宅ローン返済可能額)

115万円÷12ヶ月=95,833円(フラット35が考える1ヶ月の住宅ローン返済可能額)
※95,833円÷35,750円(35年返済、審査金利2.5%の係数)×1000=2680万円

つまり、2680万円が借入可能額となります。


フラット35の場合、審査金利が低くなるため、銀行ローンより多く借入できることが特徴です。
(ただし、物件について一定の基準を満たす必要があります。)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産購入の基礎知識」のコラム

「フラット35」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの審査金利について教えてください 徳本 友一郎 - 不動産コンサルタント(2010/09/24 11:00)

住宅ローン審査のポイント「返済負担率」 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2013/09/29 13:00)

住宅ローン借り換えで毎月返済額▲19,542円 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/11 18:00)

住宅ローンの金利は今の金利でしょ?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/05/30 02:01)