”フラット35”重複申込みの注意点 - 住宅ローン審査 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

”フラット35”重複申込みの注意点

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン審査

住宅ローンは、同時に複数の金融機関へ申し込むことができ、
最終的に1番条件が良い金融機関を選択することが可能です。

そして、これらは全く審査の結果には影響を及ぼさないというとは、
以前にもお話しましたとおりです。
参考→「個人信用情報の開示と審査への影響」

そして、
フラット35も複数の金融機関への申込みが可能です。

フラット35は、金融機関によって金利や手数料設定がバラバラです。
なので、最初は良いと思って申し込んだ銀行よりも、もっと条件が良い
銀行が見つかった場合は、重ねて申し込んでしまって構いません。
その際、最初の金融機関への申込みは取り下げる必要はありません。

もちろん、もう絶対に使わないと決めているのでしたら
堂々と取り下げれば良いだけです。
何も問題はありませんので、気にしないで下さい
制度上、複数の銀行から融資OKの承諾をいただいても大丈夫です。

ここまでの手続きの流れは一般の銀行ローンと同じなのですが、
フラット35の場合は、物件審査の為に”適合証明書”を提出しますね。

ここからは注意が必要なのですが、
適合証明書は1つの物件で複数の申請ができません。
つまり、通常は適合証明書は1通を取得し、コピーで利用ができない為、
1つの金融機関にしか提出できません。

よって、物件審査である適合証明書を提出する段階には、
どの金融機関のフラット35にするかを決めなければなりません。
つまり、このタイミングが銀行選びのボーダーラインになります。


ちなみに、適合証明書の提出のタイミングは
金融機関によって異なりますので、提出まで時間的余裕のあるところと
そうでないところに分かれます。
つまり、先に提出期限がくる金融機関の提出期日が、
銀行選びの事実上の期限になるわけです。


以上、ご理解いただけましたでしょうか
できましたら、最初から1つに絞って申し込みができるように、
シミュレーションなどをしっかりしておけば、迷わずにすみますね

《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

「フラット35」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

第2回 変動金利における金利上昇リスクについて 真山 英二 - 不動産コンサルタント(2010/07/02 23:59)

民間住宅ローンとフラット35の特徴 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2014/06/30 06:00)

【住宅ローン】最優遇金利が出ない場合ローン解約できる? 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/03 13:16)

金利優遇競争 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/04/09 20:37)