企業物価指数、急上昇! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

企業物価指数、急上昇!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!

さて、やっと総裁人事の決まった日銀ですが、11日に3月の企業物価指数を発表しました。
速報値では、前年同月に比べ3.9%上昇して106.7となっています。

これは、1981年以来の大幅な伸びです(株価の伸びなら良いのですが・・・)。

要因としては、原油をはじめとする商品市況の高騰により、企業の原材料費などが上昇し、企業物価指数を押し上げています。

日頃私たちが気になるのは、「消費者物価指数」だと思いますが、企業物価指数の上昇により、最終製品への値上げにつながる可能性が高まってきました。

27年前と決定的に違うのは、“所得の伸び”です。

所得水準が伸びている時の物価上昇は、経済成長にも反映されますが、今のように所得(賃金)が伸びていない時の物価上昇は、まさに景気悪化の要因となりかねません。


昨年来、メルマガ等にも書いていますが、商品市況の投機的資金による高騰によって、あらゆる産業が「輸入」に頼っている日本にとっては、「経済成長なき、物価上昇」が顕在化してきたといえます。

所得水準の伸び悩む中、企業サイドも一挙に「値上げ」には動きにくいですが、「背に腹は代えられない」状態になることはまず間違いないところでしょう。


「景気後退下における物価上昇」・・・・“スタグフレーション”


日本も真剣に対策を考えなければならない“トキ”がきたようです。


さて、対策は、日本の政治家に任せておくだけで大丈夫でしょうか。。。。


皆さんは、どう“動き”ますか!?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム