リフォーム工事の紛争 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リフォーム工事の紛争

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break

以前メール相談でアドバイスした方から、再度相談を頂きました。

リフォームを検討されていて、リフォーム時に耐震改修も同時にした方が良いとか、温熱性能も向上させた方が快適ですと云ったアドバイスもして、何案か改造案を作った記憶がありました。その後音信不通になっていたので、何かの事情で計画中止になったのかと思っていましたが、そうではなかった様です。

その方曰く、「先生に監理に入ってもらおうと思っていたのですが、知り合いからリフォーム業者を紹介され、そちらで話しを進めていました。先生のご提案を元に契約までは色々と小まめに対応して頂いて安心していたのですが、工事が始まると殆ど業者任せで、現場にも現れず、自分たちの思いと全く違ったリフォームになってしまいました。知人との関係も悪くなりどうすれば良いか困っている。」との事でした。

些か調子の良い話しかと思いましたが、放っておくわけにもいかず、現場を見てみると、各業者が好き勝手な工事をしていて、収拾がつきません。また地震の時に重要となる耐力壁まで撤去されていて家の安全性も担保されていません。また、私が工事に絡んでいないので、直接業者と話しをする事も出来ず、知り合いの建築紛争専門の弁護士を紹介しました。

この件で一般の人は、新築よりもリフォームの方が手軽に行えると考えているのが良く判りました。自分が住んでいる家ですので、そう言う気にもなるのでしょうが、車に例えると洗車するような感覚でエンジンを取り替えている様なものです。後悔は先に立ちません。リフォームでも設計監理にしっかり入ってもらい、憂いを無くしましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

耐震化リフォーム 施工会社と下見を行いました。 一條 美賀 - 建築家(2014/01/31 19:26)

nanapi 無料でズバッと!カンタン診断 監修! 三竹 忍 - 建築家(2013/11/19 12:00)

木造住宅と地震 志田 茂 - 建築家(2013/08/06 08:00)

大阪市耐震改修助成金制度が始まります 福味 健治 - 建築家(2013/04/12 07:54)

価格.comにリフォームが・・・。 青沼 理 - 建築家(2013/03/21 10:24)