突然の停電 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

突然の停電

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break

電気の使いすぎで突然の停電。原発問題で地域ごとの計画停電が取り沙汰されていますが、近所の電気はついているのに、我が家だけ停電と言うのを数日前体験しました。子供の頃以来の出来事です。
築40年を超える我が家は、「紺屋の白袴」で電気設備が劣悪です。配電盤の中には6回路しか収納されていません。度重なる増築を行ったため、ブレーカーが配電盤から4回路はみ出しています。それでも足らず今回の停電騒ぎ。

普通なら、ブレーカーがOFFになってONに戻すことで解消するのですが、今回はブレーカーは落ちていません。家の外の電気メーター傍にある電気ボックスの中のヒューズブレーカーがあり、ヒューズが切れていました。家には漏電火災を防ぐため、何重にも安全装置が付いています。しかし、我が家にまだヒューズブレーカーが使われていたのには少々驚きました。仕事では、もっぱらノーヒューズブレーカーしか目にしていませんので、慌ててホームセンターへヒューズを買いにいきました。
遮断機を下げて、ヒューズを覆っているカバーのネジをドライバーで外し、溶けたヒューズを取り替えるのに約10分。子供の頃は日常的に親がやっていた作業ですので、電気屋を呼ぶほどの作業でもありませんが、今の使い方では、また落ちるでしょうから、根本的にノーヒューズブレーカーに取り替えようと考えています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

メガクウェイク津波 福味 健治 - 建築家(2012/04/09 08:30)

めがね石 松永 隆文 - 建築家(2010/06/22 15:00)

地鎮祭 小木野 貴光 - 建築家(2016/08/28 03:00)

消防検査 松永 隆文 - 建築家(2016/06/28 20:18)

耐火被覆 松永 隆文 - 建築家(2016/04/27 10:50)