これからの建築資材の価格の動向 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

これからの建築資材の価格の動向

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break

建築資材が上昇し始めています。アベノミクス効果で、円安傾向となり輸入資材が値上がりしています。特に米松に代表される構造材、合板類、ボーキサイトを原料とするアルミサッシュ、外国産のタイル等です。
今後安倍政権が続く限りこの傾向は続きます。

今、建築工事を進めている、方はこの影響を受けるのでしょうか?
実は見積もり書には有効期間があり、その期間内に契約すれば、その価格を保証しますと云うのが見積もり書です。ですので契約済みの場合今後物価が上昇するからと言って上昇分の追加金を支払う等のリスクはありません。

但し、見積もり書でも、明細が無く○○工事一式とか云う一式明細の場合は、見積もり書で品質が担保されていませんので、価格はそのままでも、品質が悪くなる懸念は残ります。その様な契約をされている方は、少しでも早く、使用する製品の品番や内要を決めておくことでしょう。これは請負者をいじめているのではなく、請負者も各業者に早く発注を掛ける事が出来るのですから、余計な費用負担を抑える事になります。

これから、建築工事をお考えの方も、2〜3年先にとお考えであれば、早い行動に越したことはありません。少なくとも自民党政権が続く限り、今の政策の大きな流れは変えないでしょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

隠れミッキーを探せ! 青沼 理 - 建築家(2013/03/29 12:06)

リフォーム工事の紛争 福味 健治 - 建築家(2013/03/07 07:58)

契約前からハウスメーカーや建築家との打合せに同行します! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/11/23 19:00)

ハウスメーカーや建築家、ビルダーとの打合せに同行します! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/11/11 13:00)