景気の分かれ目 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

景気の分かれ目

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般

新聞紙上を賑わしているアベノミクス。初めて聞いたとき、また新しい商業施設が阿倍野に出来るのかと思いましたが、安倍+エコノミクスの造語だと判り、思わずうなりました。
政治家が政策にキャッチフレーズを付けるとき景気の分かれ目となります。キャッチフレーズが解りやすければ、国民にビジョンを見せたことになります。古くは池田勇人の所得倍増論。40年前にも田中角栄の日本列島改造論がありました。20年前には中曽根康弘・海部俊樹の内需拡大と云うキャッチフレーズも出来ました。
所得倍増論も日本列島改造論も内需拡大も、政治家のトップが、国をあげて「こうするぞ!」と宣言したものですから効果は抜群で、所得倍増論のときはオリンピック景気と重なって日本を一気に先進国の仲間入りするまで押し上げました。日本列島改造論の時も日本中が好景気に沸き返り、日本を一流の先進国にしました。狂乱物価と云う副産物が出来ましたが、経済的効果は目を見張るものがありました。内需拡大はバブル景気につながった諸刃の刃でしたが、国民はその時の方が今よりは幸せでした。

さて、過去を振り返って見ると景気が上昇するのには必ず時間差が発生します。一度にどの職種も景気が良くなり、物価が上がり、札束が溢れる事にはなりません。タイムラグがあるのです。株価・金相場・土地値は比較的敏感です。不景気の時でもお金を持っている人は持っていますので、安いうちに買っておいたら儲かると云う心理が働くのでしょう。これから新築を考えている人は、YAHOO不動産の土地値の動きから目を離してはいけません。
このまま、株価が上昇して行けば、土地値も上がります。待っていたら値段が下がるのは、デフレの時代です。インフレの時代は待っていたら、手の届かない値段になってしまいます。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

年末ご挨拶 福味 健治 - 建築家(2013/12/30 09:55)

二棟目の通気胴縁 松永 隆文 - 建築家(2013/12/13 17:26)

「いい家だね~」が欲しい。 杉浦 繁 - 建築家(2013/11/25 16:10)

国土強靭化法の今後(ナショナル レジリエンス) 福味 健治 - 建築家(2013/10/22 09:36)

オリンピック東京決定での歓喜に驚く 須永 豪 - 建築家(2013/09/08 10:30)