大澤 眞知子(カナダ留学専門家・英語教育者)- コラム - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学専門家・英語教育者 )
Super World Club 代表
サービス:4件
Q&A:108件
コラム:382件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

382件中 1~10件目RSSRSS

Coding Camp in Canada - カナダで コーディング 特訓 NEW

Coding Camp in Canada - カナダで コーディング 特訓 カナダ大平原の夏を満喫しつつComputer Science の基本 Coding, Deep Learning 特訓 人工知能 (A. I.)で世界をリードすべく、国力を注ぐカナダならではの環境を用意しました。 カルガリー空港から南に1時間半、アルバータ大平原のど真ん中。 美しい夏を満喫しながら、簡単な英語でCoding, 脳科学の基本 を勉強するサマーキャンプです。 期間:...(続きを読む)

2017/04/22 05:42

「カナダにいらっしゃい!」の時代です NEW

「カナダにいらっしゃい!」の時代です トランプは、馬鹿なことに(馬鹿ですから)アメリカのIT企業が有能な外国人を雇う規制を厳しくしてしまいました。   IT 企業が怒ってアメリカから逃げ出し始めました。 様々な文化背景を持った多様で能力のある人材こそがIT企業を支えて来たことなど、全く無視の無能なトランプの国から。   そこにどっしり存在するのがカナダです! ITを勉強したい人! ぜひ「カナダにいらっしゃい!」 カナダ政...(続きを読む)

2017/04/22 03:20

カナダの[A.I.(人工知能)研究]に参加する留学 NEW

カナダの[A.I.(人工知能)研究]に参加する留学 カナダが非常な重きをおく A.I. 研究。 政府・企業・大学・科学者こぞっての一大目標となっています。 専門技術を持つ人が国中どこででも簡単にビジネスを立ち上げられる環境を作り、カナダの大学が育てた熟練専門家を国に留まらせるこのがゴールです。 (New York Timesより) サイエンス系の日本のみなさん。 ぜひカナダへ。 カナダが気合入れて育ててくれますよ。 チャンス! 実はカナダ...(続きを読む)

2017/04/14 03:18

コンピューター思考を教える NEW

コンピューター思考を教える 裏に魔法が隠れているようなコンピューター。 しかし、魔法なんて言ってる場合じゃない! 魔法と同じように考える能力が必須の今です。 (New York Timesより) “Computational Thinking” (コンピューター的思考)は今や、幼稚園から大学までの教育者が必死でカリキュラムを作ろうとしている分野です。 私達の生活すべての分野を解き明かすための「コンピューター思考」を...(続きを読む)

2017/04/13 08:39

「白人理想郷」を目指すアメリカを見捨て、カナダに目的地を変更したい留学生のみなさんへ

「白人理想郷」を目指すアメリカを見捨て、カナダに目的地を変更したい留学生のみなさんへ Mar.14 New York Times の記事から   “[Trump's administration is] pushing an old nativists’ dream: a “self-deportation” strategy, also called “attrition through enforcement,” which envisions making America...(続きを読む)

2017/03/16 04:54

How Much Longer - New York Times の訃報より

How Much Longer - New York Times の訃報より 3月13日、絵本作家 Amy Krouse Rosenthal が51歳の若さで世を去ったという訃報がNew York Times に大きく出ていました。 大きな大きな記事でした。 記事を見た瞬間、外界から脳に入ってきているはずの知覚が全て遮断され、深い静寂の中に放り出されたような気になりました。   ほんの1週間前、彼女の書いたコラムを New York Times で読みました。 大き...(続きを読む)

2017/03/15 12:00

Political Correctness 日本の場合

Political Correctness 日本の場合 Political Correctness:人種・宗教・性別などの違いによる偏見・差別を含まない、中立的な表現や用語を用いること。 日本語で説明すると長いですね。 日本語には明確には存在しない概念であることがわかります。   英語では非常に多く使われる表現です。 政治の場だけでなく、日常の場面でもしょっちゅう耳にします。   自分の感覚で「偏見・差別」ではないだろうと思って使った表現...(続きを読む)

2017/03/14 08:39

日本の高校生の悲観的受け身姿勢

日本の高校生の悲観的受け身姿勢 「日本はどうしてるやろうな〜」と毎日チェックする日本経済新聞。 またまた「あ〜あ」という記事発見。   ー日本の高校生は米中韓と比べて勉強の姿勢が受け身的であることが13日、国立青少年教育振興機構(東京)の調査でわかった。「勉強したものを実際に応用してみる」と答えた日本の生徒の割合は10.2%で4カ国の中で最も低い。同機構は「板書をノートに書き写すなど、現在の学校の授業スタイルが反映されてい...(続きを読む)

2017/03/14 03:04

科学のない、思いつきの英語教育ーカナダから呆れて見ています

科学のない、思いつきの英語教育ーカナダから呆れて見ています ー2020年から英語に親しむ活動の開始を小学3年に早め、小5から英語を正式教科とするとのこと。3、4年では「聞く」「話す」を主体として、5、6年から正式教科となる「英語」では「読む」「書く」を加え、教科書を使い成績もつける。授業の改善で「対話的で深い学び」を実現し、思考力や主体性を伸ばす。ー (日本経済新聞より)   38年日本で英語思考法を指導し、ほんの一握りの日本の子供たちの脳にですが、...(続きを読む)

2017/02/15 14:25

“Alternative Facts”に熱狂し「腐敗した独裁政権」に向かうトランプ支持者

“Alternative Facts”に熱狂し「腐敗した独裁政権」に向かうトランプ支持者 “post-truth” という言葉がOxford Dictionary により “2016 Word of the Year”に選ばれました。(Psychology Today より) “post-truth”とは:“relating to or denoting circumstances in which objective facts are less influential in sh...(続きを読む)

2017/02/12 09:02

382件中 1~10件目

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム