欠陥工事・建築紛争の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

欠陥工事・建築紛争 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

菊池 猛

中古住宅専門家

中古住宅の専門家として、心強い味方になります。

資金計画(ライフプラン・住宅ローンの提案)から中古物件の見方、購入前の住宅診断、住宅の瑕疵保険・保証のご相談、購入後の住宅のメンテナンスの仕方まで、トータ…

菊池 猛

専門家が投稿したコラム

欠陥住宅と工事不具合

新聞折込にある住宅業者のチラシが入ってきました。 そこは、東日本大震災後に被災者向けに安い価格で新築するという、うたい文句です。 確かにチラシ上見積もりも他社より安く、工期も早いように見せかけていました。 ところが、その業者は実際は後で「震災で人件費や材料費が高騰しているのでこれではできない。」と震災を理由に追加費用を請求する始末という相談を受けたことがあります。 また、大工も確保できな...

西村 和敏
執筆者
西村 和敏
ファイナンシャルプランナー

設計者・施工者が建物を購入した第三者に対する不法行為の成否

設計者・施工者が建物を購入した第三者に対する不法行為の成否    最判平成15年11月14日・民集 第57巻10号1561頁  1 建築士は,その業務を行うに当たり,建築物を購入しようとする者に対する関係において,建築士法3条から3条の3まで及び建築基準法(平成10年法律第100号による改正前のもの)5条の2の各規定等による規制の潜脱を容易にする行為等,その規制の実効性を失わせるような行為を...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

住宅は精密部品ではありません!!

住宅は精密部品ではありません!! 最近、住宅を精密部品のごとく考えている人がたくさんいます。 大手ハウスメーカーの広告の影響だと考えています。 住宅は、決して精密部品ではありません。 木材は生きています。呼吸もします。 したがって、反ったり曲がったりします。 板という字は、「木が反る」と書きます。 反ること、曲がることが普通のことなんです。 でも、それを敢えて反らないように、曲がら...

小島 忠嘉
執筆者
小島 忠嘉
建築プロデューサー

欠陥住宅裁判 現地検分

今日は大阪府下で欠陥住宅裁判の現地検分があり裁判官たちが現場にやってきました。裁判をいくつも扱ってきましたが本来、裁判になるまえに解決できると一番良いと考えています。

伊藤 裕啓
執筆者
伊藤 裕啓
一級建築士

リフォーム工事に関する紛争事例-1

 リフォーム工事の紛争発生率は、新築工事のそれに比べ、著しく高くなります。そして、その原因には主に以下の事項が認められます。  1.契約書の不整備:リフォーム工事で発生する紛争の原因の半数以上は、契約書類の不整備により発生しています。リフォームすべき位置、材料、仕様(グレード)が明記されなかったり、記載のもれ、などの原因により、後になって大きな紛争まで発展することもあります。 2.大工等職人の...

菊池 克弘
執筆者
菊池 克弘
建築家

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「新築トラブル」に関するまとめ

  • 新築を買ったら雨漏りやカビが発生!そんなトラブルは未然に防ぎましょう

    念願のマイホーム購入。しかし、雨が降るたびに雨漏りが起きて家の中にカビが。購入した家が傾いてきたけど、これって欠陥住宅では?!そんなトラブルに遭遇する前に事前に担当業者と打合せを入念にしたいけどどう進めればいいかわからない。そんな方に向けて、専門家がトラブルを未然に防ぐアドバイスします!!

  • 欠陥工事・建築紛争に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積