遺産相続の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

遺産相続 の専門家に相談、悩み解決!

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

専門家をご紹介

岡崎 謙二

ファイナンシャルプランナー

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解…

岡崎 謙二

柴田 博壽

税理士

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

柴田 博壽

大泉 稔

研究員

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

大泉 稔

杉浦 恵祐

ファイナンシャルプランナー

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じ…

杉浦 恵祐

利用者からのQ&A相談

離婚した父の遺産相続について

27年前両親が離婚し15年前父が亡くなりました。私は2つ下の妹がおり2人とも母に引き取られましたが親権は父にありました。父は離婚したすぐ後に再婚しており、後妻と娘がいます。つまり戸籍上は妹です。父は体調が良くなかったので入退院を繰り返していて私はお見舞いに行ったりしたこともあります。亡くなったときには知らせも来て病院にもいきました。葬儀にも出席。まだ20歳になったばかりで何も分からなかった私は遺産...

回答者
小林 政浩
行政書士
小林 政浩

二つの不動産の価格の差について

よろしくおねがいします。相続人は兄弟二名です。二つの土地をそれぞれ相続することになるようです。Aは、形よく需要がありそう。Bは、間口が狭く車が入れない、道路から低い、いびつで、借すのも売るのも難しそうです。しかし、面積が広いのでBの方が高くなります。そのBを相続するのが私です。査定された額では到底売れないと思います。そこで、相続前に換価分割するのも一つの方法かと思いました。それなら、Aの土地との価...

回答者
小林 政浩
行政書士
小林 政浩

代償分割について

両親がアパートを所有しています。アパートの名義は、土地が父名義、アパートは母名義です。子供は兄と私の二人。近々、遺産分配について話し合いを持つ予定ですが、アパートについては欲しい方がアパートを取得し、もう一人に価値分の半額を現金で、と考えているようです。私は現金でもよいかと思っているのですが、よくよく考えるとアパートをもらった方は先々まで家賃収入が発生します。そう考えると、不公平感を持たざるを得ま...

回答者
葛井 重直
弁護士
葛井 重直

父名義のままの不動産相続税は?

数年前に父が亡くなり、今年母も亡くなりました。相続人は兄と私の二人です。母が住んでいた家の土地建物は父名義のままでした。母の預金、株、保険は約3000万程でしたので相続税が心配なのですが、この土地建物に関してはどういう計算になるのでしょうか?

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

死亡保険金 受取人

死亡保険金を友人に指定するのは不可能とのことですがどうしてもお世話になった方を受取人にしたいです、私が先に逝くかはわかりませんけど。遺言書で受取人を変更出来ると見ました。契約で一度受取人を父親にして、80歳を過ぎているのでもうそんなに長くは、、その後遺言書にお世話ななった方の名前や連絡先を書いておけばよいでしょうか?保険会社に連絡はするのでしょうか?一連の流れを教えて頂きたいです。

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

専門家が投稿したコラム

平成29年度税制改正大綱 非上場株式の評価の見直し

類似業種比準方式について下記の見直しを行います。 1. 類似業種の上場株式の株価について、現行に、課税時期の属する月以前2年間の平均を追加 2. 類似業種の上場株式の配当金額、利益金額及び簿価純資産価額について、連結決算を反映 3. 配当金額、利益金額、簿価純資産価額の比重について、1:1:1とする。   平成29年1月1日以後の相続、贈与について適用予定。

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

平成29年度税制改正大綱 相続税の物納財産の順位の見直し

相続税の物納に充てることができる財産の順位の第1位に上場株式を加える。   第1位 国債、不動産、上場株式

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

平成29年度税制改正大綱 タワーマンションの固定資産税の見直し

高さ60メートルを超えるタワーマンションについて、固定資産税の負担割合を「階層別専有床面積補正率」によって補正します。   「階層別専有床面積補正率」は、1階を100とし、階が増すごとに、これに10を39で除した数を加えた数値とします。   具体的には、中間階の固定資産税額は現在のルールと同じにして、1階上がるごとに約0.25%ずつ税額が増え、逆に中間階より1階下がるごとに約0.25%ずつ...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

平成29年度税制改正大綱 国外納税義務の見直し

国外財産が課税対象外となる要件を、被相続人及び相続人とも相続開始前10年以内(現行5年以内)、国内に住所を有していない場合に限ることになります。   贈与も同様。   平成29年1月1日以後の相続又は贈与から適用予定。

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

遺産相続で最初に確認すべきポイントは

期限のあるものに注意しよう! 遺産相続において、期限が過ぎてしまうと適用できなかったり、不利になりますので、特に注意が必要です。 遺産相続において期限があるものは下記のとおりです。 (1)    相続の放棄又は限定承認・・・相続開始から3か月以内 (2)    所得税の準確定申告・・・相続開始から4か月以内 (3)    相続税の申告・・・相続開始から10か月以内 財...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

サービス

相続税が心配!相続税の相談、税額試算サービス

相続税増税に備え、現状把握することは非常に重要です

カテゴリ:相続税

料金:無料

場所:東京都千代田区

大黒たかのり

大黒たかのり

(税理士)

障害のある子どものための「親亡き後」相談

親御さんと、支援者向けのサービスです

カテゴリ:遺産相続全般

料金:10,800(税込)

場所:---

石川 智

石川 智

(ファイナンシャル・プランナー)

相続対策・不動産に関する無料相談(東京事務所)

相続・不動産専門の独立系コンサルティング事務所「フジ総合グループ」です。何でもお気軽にご相談下さい。

カテゴリ:遺産相続全般

料金:無料

場所:東京都新宿区

藤宮 浩

藤宮 浩

(不動産コンサルタント)

相続専門税理士による、相続税申告の無料相談(大阪事務所)

22年間で2,500件以上の相続関連業務実績。相続専門の税理士が、円満相続のお手伝いをします。

カテゴリ:相続税

料金:無料

場所:大阪府大阪市淀川区

高原 誠

高原 誠

(税理士)

専門家が投稿した写真・作品

紀陽銀行 無料セミナー「もめない相続、後悔しない贈与」

2014/10/24 09:16
相沢 由佳
(相続コンシェルジュ)

新刊『もめない相続、後悔しない贈与』

2014/07/03 15:42
相沢 由佳
(相続コンシェルジュ)

暮らしのヒント館

2014/02/27 13:13
藤本 厚二
(ファイナンシャルプランナー)

もろもろご相談承ります

2013/12/17 16:52
藤本 厚二
(ファイナンシャルプランナー)

専門家グループ

日本法規情報株式会社

日本法規情報株式会社

どこに相談したらよいか「わからない」 を 「わかる」に変える 相談サポートサービスをご提供。

「相続税対策」に関するまとめ

  • 事前の相続税対策で節税が可能です!相続に特化した相続税対策を行いましょう!

    相続税っていくらからかかるのかしら?子供に財産を譲ったら相続税は減るのかしら?今住んでる家ってどうすればいいの?新築で家を建てるときに両親からの贈与で税金が節約できるの?贈与税と相続税、どちらも遠いと思っているかもしれませんが、税制改正によってあなたも対象になるかも。相続税はきちんと対策することで節税できるかもしれません!相続に特化した専門家たちがあなたのお悩みをサポートします!!

「相続対策!生命保険の活用方法」に関するまとめ

  • 生命保険に加入しておけば相続税が安くなるって本当?気になる方はチェック!

    生命保険に加入しておけば、万が一の時も安心!それだけでなく、現金を持っているよりも相続税対策として有効とご存知でしたか?「万が一」だけでなく、生命保険を自分の死後、大切な家族を守るために相続税対策としても考えてみませんか?なぜ相続税対策として生命保険が選ばれるのか、相続を考えるときに生命保険を選ぶメリットとは、そんなお悩みを専門家が解説!

「相続登記」に関するまとめ

  • 相続の不動産登記でトラブル発生!相続登記にお悩みの方は相続登記に強い専門家にご相談を!

    相続の中でも土地や家など不動産を相続する場合に問題が複雑化することが多いですよね。不動産登記を取得したらとんでもない登記で登録されていた!なんてことも結構あります。相続登記に必要な書類や手続きも初めての事で分からない。。。という方もいらっしゃると思います。 そういう方は専門家プロファイルに登録している相続登記に強い弁護士や司法書士などの専門家に相談されてみてはいかがでしょうか? 相続登記について専門家の書いたコラムや相続登記の質問に専門家が答えたQ&Aをまとめてみました。

  • 遺産相続に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積