個人年金と終身保険 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人年金と終身保険

マネー 年金・社会保険 2009/12/15 18:40

主人の保険の見直しをしています.将来のために貯蓄をと思い,個人年金か終身保険を考えています.36才,男性です.
・終身保険500万+個人年金30000円/月(60歳払込満了)
・終身保険1000万→60才払込満了後,終身部分を300万程度,
残りを10年確定年金にする.この場合は私も1000万の終身保険 に加入して,同様に確定年金に移行する.
この二つで悩んでいます.
個人年金は保険料控除が受けられる点が魅力ですし,途中で解約しても払い込んだ額は戻りそうなので安心感はあります.
終身保険は支払いが出来なくなった場合,解約返戻金が少ないので心配です.
自分が何を求めるのかで違うと思いますが,なかなか決められず煮詰まっています.アドバイスいただけたら幸いです.
よろしくお願いします.

モルさん ( 秋田県 / 女性 / 33歳 )

回答:7件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険での貯蓄について

2009/12/15 19:03 詳細リンク
(5.0)

こんばんは。

終身保険、個人年金保険での貯蓄についてですが、終身保険、個人年金保険とも長期の固定金利の商品です。今のように金利の低いときに加入するとインフレリスクがあります。
インフレリスクとは物価上昇による貨幣価値の下落リスクです。昨年ガソリン価格が倍ぐらいになったのを覚えていますか。そのとき同じ金額で半分の量しかガソリンが入れられなくなりました。
それが30年後など全体に物価が上昇していたらどうでしょうか。
今のように金利の低いときには、長期の固定金利の商品ではなく、変動金利、または短期の固定金利の商品のほうがいいです。今後金利が上昇して金利が高くなったら個人年金保険などもいいでしょう。
インフレリスクも考え預貯金をしていかないと将来困ることになる可能性があります。



株式会社FPソリューション
ファイナンシャルプランナー(CFP)
辻畑 憲男

評価・お礼

モルさん

ご回答ありがとうございます.
インフレリスク,勉強になりました.貯蓄は別に考えた方が良さそうですね.終身保険も利率変動型という商品があったので,そちらで検討したいと思います.

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

保険で貯蓄をお考えならば・・・

2009/12/15 22:58 詳細リンク

モル 様

ご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いBYSプランニングの釜口です。
よろしくお願いいたします。

保険加入目的が貯蓄でしたら、どちらの方法も効率的ではありません。
こんな低金利の状況で、長期の固定金利で貯蓄することは全くもっておすすめできません。

まして定額個人年金保険にいたっては、あまりにも率が悪すぎます。
個人年金保険の貯蓄率については、過去の私のコラムをご参照下さい。
http://profile.allabout.co.jp/pf/bys-planning/column/detail/42489

目的が貯蓄で、個人年金保険に加入するぐらいでしたら、ネット定期預金にされた方が断然お得ですし、安心です。

また貯蓄率で考えれば、終身保険よりも、長期定期保険の方が率がよくなります。

貯蓄性の高い保険や個人年金保険の年金額は、保険会社が破綻した時には、削減される可能性が高いです。
もしどうしても貯蓄性の高い保険をご選択されるのでしたら、安全性を考えて加入しなければいけません。
保険会社が破綻した時のしくみについては、過去の私のコラムをご参照下さい。
http://profile.allabout.co.jp/pf/bys-planning/column/detail/38688

ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com/

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

お金を使う計画を立ててから保険を決める。

2009/12/16 15:03 詳細リンク
(5.0)

モルさんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

貯蓄を中心に考えておられるようですが、老後のことが不安なのでしょうか。それとも、掛け捨ての保険があまり好きではないということでしょうか。

保険の基本的な役割は、万が一の時に備えることのように思われます。
ただ、終身保障など長期間の保障が得られる保障の場合、かなり先の保険料を前もって払っている部分があるので貯蓄性が高くなることがあります。

60歳払込終了の場合、60歳まで保険料が問題なく払える家計であることが前提になります。ご家族の構成をお聞きしていませんのでなんともいえない部分がありますが、貯蓄は貯蓄でも子どもさんの教育費の準備が必要な場合もあります。住宅ローンがある場合は住宅ローンの返済が優先といったこともあるかもしれません。

この問題、保険だけで考えるとかえって迷われるかもしれません。
60歳までどのようにお金を使っていくかを計画して、その上で保険を決められてはいかがでしょうか。

評価・お礼

モルさん

ご回答ありがとうございます.
貯蓄のために今から無理をする必要はないですね.
とりあえず必要最小限の終身保険に加入して,貯蓄は別に考えたいと思います.
ありがとうございました.

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

個人年金と終身保険について

2009/12/17 13:43 詳細リンク

モルさん。はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里です。

そうですね。終身保険にしても、個人年金にしても、払込満了まで、払い続けられる額がいいと思います。
払込途中で解約をすれば、元本割れするので、無理のない範囲で加入されるといいですね。
後は、貯蓄や投資で、余裕資金をためるという感じでしょうか。

後は、どのような終身保険がいいか、個人年金控除を考慮して個人年金も含めるのか、いろいろな手段があるので、その他の保険との兼ね合いも含めて、検討されるといいですね。


詳しいご質問などあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2009/12/15 19:10 詳細リンク
(5.0)

モルさん、こんにちは。実務に強いFPの大関と申します。

ご記載のような質問ですと、
「貯蓄するのなら終身保険を使わない方がいい」と言って利殖面のみ
強調されるFPが多いと思いますが、ここではそうしたことに触れないで
おきますね。

2つの選択肢のポイントは
**「有効な終身保険」を選定できるか、つまり終身保険の内容次第
というところになってくるでしょう。

>「年金移行特約付」「介護保障特約付」という保障面も押さえ
払込終了後に返戻率が110%を超えるもの<
という内容でしたら、後者に軍配が上がるものと思われます。

個人年金には、保障はありません。
万が一の際、死亡給付金といって積立金相当額が支払われるだけです。
また、その時の体況によって、終身保障に切り替えることができません。

しかし、「年金移行特約付」の終身保険なら、どちらでも対応できる
というのがメリットです。

また、途中で払えなくなったら、解約せず、「払済移行」しておき
「復旧」できる機会も窺えます。

下記のコラムをご参照下さい。
↓↓↓

(保険での貯蓄はナンセンス?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28738
(保険と貯蓄は分けて考えるべき?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28736
(理想の保険商品?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31346
(終身保険≠葬儀費用?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28792
(100%給付金を受取るためには)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/15505
(生存保険ってご存知ですか?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/58430


以上、参考にして戴けたら幸いです。

評価・お礼

モルさん

ご回答ありがとうございます.
個人年金保険は検討する必要がありそうですね.
終身保険は利率変動型で年金・介護年金移行が可能な商品がありましたので,そちらで検討したいと思います.
たくさんコラムを添付していただき,とても勉強になりました.ありがとうございます.

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

メリットもありますが・・・・・

2009/12/15 20:10 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、モルさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


若い内から老後の事を考える事は非常に良い事ですね。

しかし老後資金を考える時にまだまだ日本の多くの方は保険商品から考えられる方が多いですが、他にも老後資金を作る商品はあり、保険商品だけではありません。

最近では確定拠出年金というのも出てきましたね。

またリタイヤした後に受け取る方法として確定年金で考えられていますが、運用しながら分配金を受け取ると言う方法もあります。

確かに保険料などは控除などメリットはありますが、実際にご自身で運用などをする場合より保険会社に払う手数料が高いと言うデメリットがあります。

また年金に限らず保険会社へ払った保険料は保険会社が運用をしますが、実際の運用益より契約者に還元されるのは少なくなると言う事もあります。
ただ逆を言えば、マイナス部分は保険会社が被ると言う契約者にとっては利点もありますが・・・・


まず老後資金を考える上でもっと幅広い視点で選ばれると良いでしょうね。

評価・お礼

モルさん

ご回答ありがとうございます.
保険商品だけでなく,いろいろ貯蓄の方法はあるのですね.老後資金をつくるためにはもう少し勉強が必要なようです.別の視点で考えてみようと思います.
ありがとうございました.

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

終身300万円と年金1万円程度をお勧めします

2009/12/16 07:46 詳細リンク
(5.0)

モルさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

将来のための貯蓄であれば、保険以外の方法をお勧めします。
終身保険には死亡保障という保険機能が付いています。
ということはその為の保険料が差し引かれた分が運用に回ります。

払った金額すべてを運用に回した方が賢明だおともいます。

個人年金保険も死亡保障は払い込み保険料相当額ですが、保険という経費が発生することに変わりはありません。

個人年金保険料控除が受けたいのでしたら、年10万円以上でぎりぎりを考えたほうがいいでしょう。保険料が10万円以上の場合で控除は所得税5万円、住民税3.5万円です、
それ以上払っても5万円は変わりません。

控除が合計8.5万円で税率が所得税で10%、住民税で10%と仮定すると、年8500円の税金が安くなることです。
10万円払って8500円の節税ということは8.5%に相当します。
36万円を払って8500円の場合は2.36%に落ちることになります。

よって保険加入を考えるならば、終身保険は最初から300万円、個人年金は月1万円弱くらいで残りは貯蓄をお勧めします。
貯蓄であれば、急にお金が必要になった時はそちらへ向けることもできますし、積立額も自由に変更可能です。

死亡保障が300万円で不足する場合は掛け捨ての保険でプラスするといいでしょう。

評価・お礼

モルさん

ご回答ありがとうございました.
変額終身で葬儀費用・お墓費用分の保険に入ろうと思います.老後資金に関しては,まだまだ勉強不足のようです.とりあえずは貯蓄をしっかりとしていきたいと思います.
大変参考になるアドバイスありがとうございました.

質問者

モルさん

ネットバンキングについて

2009/12/17 17:39 固定リンク

ご回答ありがとうございます.
ネット定期預金についてふれられていますが,ネットバンキングは安全なのですか?以前ニュースで,スキミング被害はネットバンキングを利用している人に多いと言っていたので,利用するのにはとても抵抗があります.あまり詳しくない人は利用すべきではないのでしょうか?

モルさん (秋田県/33歳/女性)

質問者

モルさん

保障額

2009/12/17 18:04 固定リンク

ご回答ありがとうございます.
主人は65歳までの収入保障保険に加入しています.65歳以降の死亡保障がなくなるので,終身保険を考えています.葬式代,お墓の購入費などを考えると,男性ではどの程度の補償額が妥当なのでしょうか?
また専業主婦であれば,終身保険はどの程度の保障額が良いでしょうか?今のところ子供はおりません.
よろしくお願いします.

モルさん (秋田県/33歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

確定拠出年金と個人年金保険 とやまんさん  2009-11-07 15:49 回答1件
個人年金、国民年金基金、確定拠出年金について さくやこのはさん  2016-09-09 11:35 回答1件
個人年金保険を薦められています ryu4690さん  2015-09-10 20:26 回答2件
社会保険の扶養判定基準が公的年金と健康保険では違う? あさみん2012さん  2012-05-20 08:10 回答2件
JA終身個人年金 すまいる77さん  2009-06-18 21:42 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)