個人年金保険を薦められています - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人年金保険を薦められています

マネー 年金・社会保険 2015/09/10 20:26

こんにちは27歳女会社員です。会社の保険営業の方から個人年金保険を薦められています。

保険はスミセイの個人年金保険「たのしみワンダフル」です。
渡されたプランは2種類です。

・1ヶ月の支払額:11,952円(保険料払込期間33年)プラン
支払保険料累計額:474万円
65歳受取時年金に変えて受け取る場合の金額:571万円(一括受取率120.6%)+積立配当金
65歳から74歳まで10年確定年金として受け取る場合の金額:600万円(年金受取率126.7%)+配当による年金

・1ヶ月の支払額:19820円(保険料払込期間33年)プラン
支払保険料累計額:785万円
65歳受取時年金に変えて受け取る場合の金額:952万円(一括受取率121.2%)+積立配当金
65歳から74歳まで10年確定年金として受け取る場合の金額:1000万円(年金受取率127.4%)+配当による年金

「加入しても控除の対象になりますよ」と言われて上記のプランを渡された訳ですが、
現在私はNISAの投資信託で毎月1.5万円を積み立てています。
現在のところ親と共暮らしですのでそこまで露骨な影響は受けませんが、将来一人暮らしや
結婚した場合のことを考えると老後のことよりも近い将来の暮らしぶりが苦しくなっては
いけないと考えているので、加入するのは負担が重いと感じています。
なお現在の年収は約210万ほどです。

現在の年収と毎年の所得税・住民税の負担軽減を考えても加入は考えても良いのでしょうか?
また素朴な疑問ですが、保険会社の方はこういった年金保険にも入っているのですか?気になるところです。

専門家の方のご意見をお待ちしておりますのでよろしくお願いします。

ryu4690さん ( 大阪府 / 女性 / 27歳 )

回答:2件

はい、私も個人年金保険を契約していますよ

2015/09/10 20:41 詳細リンク
(3.0)

ryu4690 様

こんばんは。ご利用ありがとうございます。
相続総合研究所の大泉稔です。

私も26歳の時に、個人年金保険を契約しました。
本来の保険料払い込み期間は60歳までですが、…45歳までには払い終える予定です。

私は個人年金保険の保険料を前倒しで払いましたが、
そのための元手は投資信託の積み立てで作りました。

ryu4690様の場合、
現在、積立投資信託をなさっていて、新たに個人年金保険というと、
収入に対し、将来への積立額が大きすぎますね。
かといって、積立投資信託を止めて、個人年金保険を始めるのは非常にナンセンスです。

個人年金保険料控除で得られる「所得税や住民税の軽減効果」よりも
投資信託で得られるパフォーマンスの方が大きいと思います。

個人年金保険料控除
大泉稔
相続総合研究所
個人年金保険
投資信託

評価・お礼

ryu4690さん

2015/09/12 11:13

ご回答ありがとうございます。

やはり毎月2万円以上を払うというのは苦しいと感じていました。
投資信託をやめて始めるのも変ですし、契約せずに断ろうと思います。

回答専門家

大泉 稔
大泉 稔
(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

大泉 稔が提供する商品・サービス

レッスン・教室

FP試験対策 個別指導塾(プライベートレッスン)

悩めるFP受検生をお救いします!

対面相談

生命保険の見直し&診断 (保険商品の提案や勧誘は行いません)

商品の提案や勧誘を行わないので…とことん中立! とことん貴方のために!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

保険で貯蓄する場合の3つのデメリット

2015/09/11 10:26 詳細リンク
(5.0)

ryu4690様

この度はご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャルプランナーの釜口でございます。
http://www.bys-planning.com

現在の年収と毎年の所得税・住民税の負担軽減を考えても加入は考えても良いのでしょうか?
⇒年収が高く所得税の税率が高い方は、少しはメリットがあるかもしれませんが、
そうでない方は、現状で個人年金保険に加入されるのは、デメリットの方が大きいです。

なぜデメリットの方が大きいのか?

1.保険会社の破たん
2.インフレになった場合
3.払込期間中で払込ができなくなり、途中解約せざるをえない場合

1のリスクは、保険会社が破たんした場合の解約返戻金の保証はありません。

2のリスクは、貯蓄型保険は長期固定金利型のため、市場金利がアップすると、
解約返戻金の価値が下がります。
つまり、インフレに非常に弱い金融商品となります。

3のリスクは、最終まで払い込んでしまえれば、なくなるリスクですが、
もし途中で払い込みができなくなった場合は、元本割れになります。

また素朴な疑問ですが、保険会社の方はこういった年金保険にも入っているのですか?気になるところです。
⇒経済やお金のしくみを本当に理解している保険のプロは加入しません。

現在私はNISAの投資信託で毎月1.5万円を積み立てています。
⇒非常によい方法です。
個人年金保険に加入するくらいなら、こちらの積立額を増やす方が賢明です。
ただし、選択されている投資信託の内容はよく吟味しなければいけませんが・・・


会社の保険営業の方から個人年金保険を薦められています。
⇒金融機関から薦められた商品に、乗っかってはいけません。
これは金融機関と付き合う際に、絶対に忘れてはいけない金言です。

ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

貯蓄型保険
元本割れ
保険のプロ
デメリット
個人年金保険

評価・お礼

ryu4690さん

2015/09/12 11:19

ご回答ありがとうございます。

払込ができず途中解約で元本割れを起こすことも心配しておりました。
加えて金利固定だということも思い出しました。たしかにインフレには弱いですね…。
前もってこちらに質問をしていて良かったです。今回の保険は
加入せず断ろうと思います。

釜口 博

2015/09/12 11:57

高評価をいただきまして、ありがとうございます。
ryu4690様でしたら、しっかりとしたライフプランを立てていけると思います。

「人の行く裏に道あり、花の山」
ryu4690様が花の山を見つけられることを祈っております。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人年金保険解約について natsu2206さん  2016-07-28 17:49 回答2件
一時所得と扶養 千春さん  2015-03-06 22:35 回答1件
Wワーク妻ですが世帯合併は必要ですか? ふにぽよさん  2015-07-08 11:32 回答1件
106万の壁 扶養内にとどまるべきか迷っています。 miharuruさん  2016-08-29 14:09 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)