住宅 - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/08/23 00:29

平成7年都内に約5400万でマンションを購入しましたが、平成13年転勤の為、賃貸として貸しており購入したマンションには約8年半住んでいない状態です。今回売却を考え仮契約の段階です(売却額約3900万)。住宅ローンも約1800万残っています、実際にここ8年半住んでいませんがこの住宅売却損益は申告できるのでしょうか?

kanakentさん ( 北海道 / 男性 / 48歳 )

回答:2件

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

- good

不動産の譲渡に関する特例

2009/08/23 09:25 詳細リンク

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

個別の税相談に関しては、税理士、税務署等にご確認ください。
少しでもお役に立てればと思い、一般論としてご参照ください。

特定居住用財産(いわゆるマイホーム)の売却(譲渡)に関して、
売却損が出た場合に特例として総合所得での損益通算
および繰越控除が認められています。

しかし、今回のケースに関しては、居住しなくなってから
賃貸に出してしまっているため、特定居住用財産にあたりません。
したがって、他の所得との損益通算および翌年以降の繰越控除
の適用はありません。

仮に、今回のマンションの売却と同時に別の不動産の売却を行い、
別の不動産の方で売却益がでるのであれば、単年度において
不動産の譲渡所得同士の損益通算は可能です。

詳細は、下記のリンクをご確認ください。
特定居住用財産の詳細
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3392.htm

特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3390.htm

少しでもお役に立てれば幸いです。

回答専門家

真山 英二
真山 英二
(神奈川県 / 不動産コンサルタント)
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

居住用財産の売却損について

2009/08/23 09:40 詳細リンク
(3.0)

kanakent さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
ご質問いただきました件ですが、

税金に関するご質問になりますので、具体的な内容等は税理士もしくは所轄の税務署にご確認されてください。

一般的な回答とはなりますが、ご質問の内容からしまして、「特定の居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除」についてお知りになりたいのだと思います。

特定の居住用財産(いわゆるマイホーム)を売却した際には、いろいろな控除や特例を受けることができますが、大原則としまして、「売却時に実際に居住している(または、居住の用に供されなくなってから3年以内)」となっております。
なので、今回のkanakenさんの場合だと、売却時に賃貸にだされておりますので、残念ながらこの特例を受けれる条件に該当しておりません。

以上、ご参考になりましたでしょうか

アドキャスト 藤森哲也

評価・お礼

kanakentさん

居住しなくなり3年未満が控除の対象という事が確認できました、ありがとう御座いました。

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

藤森 哲也が提供する商品・サービス

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

対面相談

住宅ローン相談

金利が0.5%違うだけで、返済額は違ってきます

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

賃貸中のマンション、売却すべきか? ptntさん  2008-08-20 14:19 回答4件
住宅ローンを親から借りた資金で返済する時の注意点 通りもんさん  2010-10-04 21:49 回答5件
マイホーム買い替えの確定申告について トランジションさん  2008-01-30 17:06 回答2件
マンション売却か賃貸か モンスターくんさん  2015-11-20 01:44 回答2件
夫が義父母の住宅ローンの連帯債務者に ほんのきさん  2013-03-01 00:23 回答0件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

住宅購入予算診断

あなたが購入しても問題の無い住宅購入予算の適正額を診断します

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

真崎 喜雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)