100万円での投資は無理? - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

100万円での投資は無理?

マネー お金と資産の運用 2008/03/13 23:40

初めまして。
夫28歳、私28歳、子供は保育園に通う3歳の男の子が一人の三人家族です。
夫収入:月19万(手取り)ボーナスは年20万ほど
妻収入:月7万5千(手取り)
児童手当:月5千

月々の生活費は、夫の収入でやりくりをし、
私の収入から年間特別出費(車検車1台分・車税金・交際費など)と貯蓄にあてています。
児童手当はそのまま養育費の貯蓄に回しています。
そして現在、貯蓄はネット定期40万、普通預金60万、養育費貯蓄20万ほどです。
近い将来新居を購入したいと考えており、私の希望としては普通預金のうちの半分ほどでも、積立の投資信託などのローリスク・ローリターンの商品にあて、投資で資金を増やしていきたいと思っているのですが、夫の意見としては、
「まだ投資をするほどの資金まで達していないので、せめて300万くらい貯まってからでないと安心できないから今は反対だ。」ということでした。
夫はまだ転職して1年ほどしか経っていないので、収入が増えるのもこれからだとは思うのですが…
夫の言うように、少しでもリスクのある商品には、もう少し資金があったほうが安全で、今の時点ではまだネット定期や国債などの商品に留めておいたほうがいいのでしょうか?

藤レンジャーさん ( 群馬県 / 女性 / 28歳 )

回答:7件

岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

旦那様のおっしゃる通りではないでしょうか。

2008/03/14 01:20 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、FPの岩川と申します。

資産形成は、じっくりと寝かせて殖やすためにも、余裕をもって運用できる
資金で行うのが原則です。


一般的には、休職や転職による収入の変化、急病による突発的な支出の際も、
普段と変わらぬ生活が続けられる様に、3ヶ月から6ヶ月程度の流動性資金は、
準備します。


資産形成は、将来に向けて「殖やす」ことを目的に行います。

しかし、「流動性資金」が不足していれば、その分、運用資産を
取り崩す事になってしまうでしょう。

たまたま、元本を上回っていれば良いですが、運用期間が足りない場合は、
元本割れになります。

投資は、ルールがとても大切です。

最近は、情報が氾濫、金融商品の複雑化など、どれが正しくて、
どれが自分によりよいものなのかは判断がつかないことが現実です。

まずは、焦らず情報収集をしてからでも遅くないでしょう。

一般的な回答ですみません。


投資信託に興味があれば、参考になると思います。
http://www.toushinmkt.com/toushin/index1.html

評価・お礼

藤レンジャーさん

ご回答いただきありがとうございました。
主人の意見を尊重し、投資をするのはもう少し長い目で見ていきたいと思います。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

投資信託のリスクと無リスク商品

2008/03/14 08:42 詳細リンク
(5.0)

藤レンジャー 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

ご主人の言われることも尤もです。リスク商品で運用される際には、予め損失を予想してその損失額が発生しても、生活資金や大口支出に影響しない金額をご予定ください。

投資信託はリスクを分散しますが、組み入れた商品のリスクから逃れられません。例えば日本株を対象とした投資信託では、最悪ケースで1年間で30%の損失が出ます。また国内債券であっても最悪ケースでは5.5%の損失になります。

このため、住宅購入用の資金はリスク商品ではなく、無リスク・低リスク商品での貯蓄をお勧めします。

無リスクの商品は、定期預金、国債がメインです。個人向け国債は1万円から購入でき、10年変動の場合は、売却する場合には前2回の受取利息を支払うだけで元本が戻る、世界でも稀な商品です。

低リスク商品は円のMMF(短期金融商品で運用する公社債投資信託)です。このMMFは購入には手数料が掛からず、また購入後1ヶ月経つとペナルティーなしで解約が出来ます。普通預金の代替商品としてご紹介します。

なお、住宅購入では、新築の場合には3〜5%程度、中古住宅で5〜7%程度の費用が掛かり、ローンを組む場合には、頭金は30%、返済負担率を25%以下で組まれるようお勧めします。

評価・お礼

藤レンジャーさん

ご回答ありがとうございました。
投資信託のリスク、国債やMMFのことなどを教えていただきとても勉強になりました。
参考にさせていただきます。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

確実の運用を優先して。

2008/03/14 11:35 詳細リンク
(5.0)

京都のファイナンシャルプランナー、佐々木です。
日常の生活費とは別に、いざというときのための資金として月収27万円の6ケ月分ぐらい、約160万円をまず確保されてはいかがですか。これはネット定期など、元本割れせず安全で、いつでも引き出せる換金性のあるものに。投信などでの運用はそれからでいいのではないでしょうか。夫様も転職してまだ1年ほどとのことですね。家計に変動があったときは確実な運用をする、そのような投資スタイルをお勧めします。

評価・お礼

藤レンジャーさん

ご回答ありがとうございました。
簡潔で解りやすいアドバイスをいただき感謝いたします。

回答専門家

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

運用は金額ではなく使途が問題です。

2008/03/14 07:23 詳細リンク
(5.0)

藤レンジャーさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

運用を開始するのは金額の問題ではありません。その資金の使い道が大切です。
住宅購入のための資金であれば「近い将来」とありますので、安全確実が前提です。

一方、お子さんの教育資金であれば10年以上の積立期間がありますから
運用を考えましょう。月2万円ほどを積立投資信託などで運用すると言うのもいいと思いますよ。

よって、100万円ではダメ、300万円たまってからと言う金額が問題なのではありません。
使途を考えてみましょう。

評価・お礼

藤レンジャーさん

ご回答ありがとうございました。
使途を考えたマネープランを作って、きちんと考えていきたいと思います。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

生活費の6か月分を

2008/03/14 07:36 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、藤レンジャーさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野です。

基本的には、現在の生活費の最低でも''3か月分を、出来れば6か月分''くらいは、緊急資金としてリスクのない商品や現金などで保有しておきたいですね。

それ以外の''5年以上使わない''ような資金は、運用に回された方がよいでしょう。

また、投資信託ですと1万円から購入できますから、今から一括で購入しようとせずに''積み立てで購入''されてはいかがですか?

投資信託の価格にあたる基準価額というものがあります。

これは、投資している株価や債券、配当などで変動していますが、今回のサブプライムローン問題に端を発した全世界同時株安のような事も起こりえます。

月々、定期的に定額の購入をすることで、高い時には少なく、安い時には多く購入できますので、''購入単価の平均が取れリスクを抑えながら運用ができます。''

投資は早いうちから始めると運用の期間が長くなってきますので、時間が少しずつ味方になってくれる可能性がありますよ。

評価・お礼

藤レンジャーさん

ご回答ありがとうございました。
おっしゃる通り、緊急のための資金をもう少し蓄えようと思います。
そしてもう少し余裕ができたら、積立の投資信託
の購入を考えていきたいと思います。


勉強のため小額投資をされては

2008/03/14 06:18 詳細リンク
(4.0)

藤レンジャー 様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

極端な話をすれば、口座だけ開設して数万円だけ投資信託を購入してみるのも考えてはいかがでしょう。

本格的な投資は先延ばしにするとしても、本格的な投資を始めようとするときに、ご自身で判断できるように数年かけて勉強すると考えればよいのではないでしょうか?

口座を開設していないと入れない画面に入れたり、あるいは、投資信託でいつどのような書類が送られてくるのか、さらに、投資信託を持っていたときの税金はどうするのか等、あらかじめ知っておいても損はありません

評価・お礼

藤レンジャーさん

ご回答ありがとうございました。
ゆっくりと投資の勉強をしていきたいと思います。


お金の性格によって変わります

2008/03/16 07:29 詳細リンク

藤レンジャーさん。はじめまして。
オールアバウトフィナンシャルサービス登録IFAの田口 です。

はじめに、藤レンジャーさんはとても家計のやりくりが上手い方だと思い
ます。30代独身で貯蓄がゼロという方も多い中、28歳のご夫婦で100万円
の貯蓄はとっても素晴らしいです。

さて、100万円での投資は無理?というご質問ですが、
''そのお金を今後どのように使う予定なのか?によって変わってきます。''
例えば近い将来(2〜3年以内)マイホームを購入する予定で100万円は
その頭金にする予定ならば、安全重視!今まで通り預貯金が正解です。

ただ、藤レンジャーさんがど〜しても投資を始めてみたいと思われるの
であれば、毎月1万円を投資信託で積み立ていくのが良いと思います。

ただし、''投資信託=ローリスク・ローリターンではありません!!''
投資信託の中には超ハイリスク・超ハイリターンのものもあります。
ここは大事なところなので、間違いのないようにしましょう。

初めの第一歩としてオススメなのが、毎月5000円から積み立てが出来る
セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド」
があります。私自身も毎月積み立てています。

これ1本で世界30ヶ国以上の株式と10カ国以上の債権に分散投資できる
という投資信託です。販売手数料ゼロ、信託報酬が総額で0.78%程度と
資産分散タイプの中では割安です。

ぜひ検討してみてくださいね。
私からのアドバイスが藤レンジャさんに少しでもお役に立てると
嬉しいです。何かございましたら、気軽に声をかけてください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

運用を考えてみましたが ぺこっちさん  2008-05-15 22:46 回答4件
余裕資金の運用について がすくんさん  2007-08-06 03:31 回答5件
今後の最適な運用法を教えて下さい じゃすみんみんさん  2007-08-01 11:41 回答4件
初めての資産運用について ビッギーバックさん  2007-04-22 20:15 回答3件
資産運用についてアドバイス願います Gingerさん  2010-02-27 23:43 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

森本 直人

森本FP事務所

森本 直人

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

吉野 充巨

オフィスマイエフ・ピー

吉野 充巨

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 資産運用相談(アドバイス専門)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 実務家FPによる貯蓄・資産運用相談
平野 雅章
(ファイナンシャルプランナー)