転職活動で、エージェント経由と自己応募の違い - 転職・就職 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

転職活動で、エージェント経由と自己応募の違い

キャリア・仕事 転職・就職 2007/12/06 18:00

転職活動をする際、エージェント経由での応募と自己応募とでは、どのような違いがあるのでしょうか。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:3件

齋藤 めぐみ 専門家

齋藤 めぐみ
キャリアカウンセラー

- good

それぞれにメリット・デメリットはあると思います。

2007/12/07 00:32 詳細リンク

こんにちは。
キャリアカウンセラーの齋藤めぐみです。

「違い」が求職者さまから見たことなのか、採用企業から見たことなのか
上記からは判断できなかったので、両方書きましたので、
読みにくくて申し訳ありません。

求職者から見ての差という意味では、
○人材紹介の場合
人材紹介会社に登録すると、キャリアアドバイザーによる無料相談があります。
かつ、求人媒体や自社採用ページにない「秘密求人(非公開求人)」があるので
選択肢が広がるかも知れません。
かつ日程調整、年収の交渉など企業との連絡は人材紹介会社さんがやってくれるので、
忙しい方には、効率よく転職活動する方法だと思います。

○自己応募の場合
キャリアアドバイスなどを受けられないので、自分で棚卸しをし、
履歴書・職歴書などを作成して応募しなければなりません。
かつ自分で探せる範囲の求人なので、新しい発見や非公開求人に
出会うことがないというデメリットもあります。
メリットとしては、自社求人サイトでエントリーすると、
企業側に、志望意欲の高さをPRできます。

そして、私が人事のときの経験からですが、
求人企業側から見ると、コストが低い採用方法を
どうしても選びたい!というのもあると思います。

人材紹介会社は成功報酬、自社採用サイトは無料、求人広告媒体は広告料を
採用できてもできなくても支払うといったように、コストが変わるので、
企業さまによっては、変わることもあります。

もちろん、最近の求人バブル(売り手市場)ですと、
お金がかかっても「優秀な人材」を採用したいという企業さまが
多いとは思います。

基本的にはご自身の転職活動のスタイルに合わせて
選択するとよいと思いますし、併用してもよいと思います。

「転職活動の仕方」自体がよくわからない方は、一度人材紹介会社に
ご登録されると、キャリアアドバイザーが教えてくれますので、
ぜひ一度、ご登録されることをお勧めいたします。

回答専門家

齋藤 めぐみ
齋藤 めぐみ
(キャリアカウンセラー)
キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント

最後に決めるのは自分。人生に迷ったときのキャリアカウンセラー

ソフトバンクBB株式会社で人事・採用業務に携わり、その後、大手人材会社にて求人開拓営業などに携わる。2007年に独立し、現在はフリーのキャリアカウンセラーとして、経営者や一般の方の相談を受けている。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
中井 雅祥 専門家

中井 雅祥
転職コンサルタント

- good

美容師 エステティシャン の紹介会社利用

2007/12/14 18:44 詳細リンク

美容師 理容師 エステティシャン ネイリスト などの紹介会社(エージェント)利用について
記載させていただきます。

美容室さんなど 美容業界につきましては
情報の質 信頼性の違い があります

メリット
・オープン前サロン の募集情報が 豊富である
・非公開求人に対応している
・広告では表現しきれない現実の目でみた 情報を提供できる
(例えば 女性オーナーなのか男性オーナーなのかとか)
・短期 超短期 週1日 ヘルプ など さまざまな条件に対応できる情報がある
・面接時やお店見学の同行や推薦状による支援、
様々なスケジュールの調整や内定時における待遇面の交渉も代行してもらえる
・面接対応の 予習できる(各店に応じた対応も教えてもらえる)
デメリット
・まずは 紹介会社(当社等)に出向き 事前に登録が必要
・キャリアコーディネーターとの連絡にマメに対応しておかないと
自分のスキル情報等が陳腐化してしまい ベストな 情報を得ることができない
・アポスポしてしまうと その後 その紹介会社に行きにくくなる

気軽なようで 気軽でないのが 紹介会社です。

情報が 信頼できるので 急いでいる方は 紹介会社
まだまだ 期間に 余裕が ある場合は 自分で検討する時間もあるので
自己応募 ともいえます。

ビューティーワーク求人サイトまっちんぐBB

回答専門家

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
株式会社プレスクリエイト 

求人や採用の専門家です。企業M&Aコンサルもしてます

25年以上求人広告に携わり、採用コンサルや人材紹介業、企業の人事顧問もさせていただいたりしています。求人サイトや集客サイトも10年前から運営しています。キャリアコンサルタントとして転職や就職、起業のアドバイザーも行っています。

中井 雅祥が提供する商品・サービス

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

メール相談

求人のご相談

求人広告 人材紹介 人材募集について


活動の仕方、視点の持ち方について

2007/12/13 01:38 詳細リンク

大体は、齋藤さんが書かれたとおりかと思います。ただ、補足いたしますと、

●人材紹介会社経由:
応募にあたって、ご自身のご経験やご希望を聞き、さらに企業側の要望を加味して、「あなたにあった求人はこれ」と提示します。
「自分の経験はどんなところで活かせるのか」「どんな企業で自分を必要としているのか」自分の見えない視点からも知りたい、という方には良いパートナーとなりえます。
紹介会社は、常に最新の求人情報に触れ、どういったキャリアの方がどの業界・企業で必要とされているのか、そのトレンドの真っ只中にいます。そこから出てくるアドバイスは参考になるものがあるはずです。
しかし、世の中の求人すべてを扱っているわけではありませんから(上述のとおり、費用の面から、紹介会社を使わない募集もまだまだ多くあります)、その限られた範囲での提案になる可能性も十分考えられます。

一方、
●自己応募:
こちらは、自分が何をやりたくて、どんな面が得意で、ということが分かっている方には、それにフィットしたところを探せば話は早くなります。
しかし、違った切り口で見ればこんな話もあるのに・・・という探し方は、ひとりではなかなかうまくいかないこともありえます。

上記齋藤さんのご意見も参考にしていただきつつ、紹介会社と自己応募、どちらもうまく活用されると良いと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

希望業種よりまず就職することを優先すべき? 専門家プロファイルさん  2008-12-11 12:08 回答2件
3月に求人数が増えるのはなぜ? 専門家プロファイルさん  2008-01-31 19:10 回答3件
年齢制限撤廃の転職活動への影響は 専門家プロファイルさん  2007-12-20 17:55 回答3件
転職時期について悩んでいます 専門家プロファイルさん  2007-10-25 18:40 回答5件
退職した理由を上手く説明するには? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

セミナー

無料【就活】講習

大学や塾、親が教えないことが学べます。

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

メール相談

就活アドバイス

就職活に関するご相談を承っています。

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

メール相談

大学生の保護者のご相談

就職活に関するご相談を承っています。

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

対面相談 転職と再就職の個別の相談面談【無料】
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)