年利2%~5%の運用を実現したい - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年利2%~5%の運用を実現したい

マネー お金と資産の運用 2015/02/26 23:24

はじめまして。30代男性、妻と子供(幼児)がいます。
このたび、友人の会社がExitし、株を持っていた私も4000万円(税引後)ほど利益が出ました。
もともと貯金が2000万円ほどあるので、計6000万円の現金資産があります。

これまで運用に興味がなかったのですが、さすがに超低金利の銀行預金ではもったいないと思うようになり、5000万円(1000万円はなにかあった時のために預貯金)をなんとか年利2%以上で運用できないかと考えています。年利2%以上の成果を出すためにはどういったポートフォリオを構成すればよいのかアドバイス頂けませんでしょうか。ちなみに所属会社が設ける制限があり、株の個別銘柄には投資できません。
何も考えなければ、グローバル全体の成長と連動するように投資信託を組み合わせればいいのではと単純に考えてしまうのですが、それでは年利2%以上は難しいのでしょうか。

どうぞ宜しくお願いいたします。

terateraさん ( 東京都 / 男性 / 30歳 )

回答:2件

小川 正之 専門家

小川 正之
ファイナンシャルアドバイザー

3 good

可能ですが、注意も必要です。

2015/02/27 11:29 詳細リンク

teratera様

はじめまして。
私はマネーアドバイザーズトウキョウ株式会社の小川正之と申します。

現在の日本の状況(長期金利が0.3%程度)から、全くリスクをとらずに年率2%での運用を達成するのは難しいです。
しかし、価格変動のリスクをとるのであれば、それほど難しくはないと思います。

teratera様の仰る通り、十分に分散されたグローバルポートフォリオでの運用が良いと思います。
一般的には投資信託を活用することになると思いますが、その場合、以下の点にご注意ください。

★ 購入時の費用や、運用期間中の信託報酬等のランニングコスト。
★ 分配金(分配金の利回りは、本当の利回りではない)。

多くの投資信託は、購入手数料が3~4%、信託報酬が年率1~1.5%ほど掛かります。
ですので、年率3~4%以上のリターンがないと、これらの費用差引後での実質2%の目標利回りを達成できません。

その為、手数料の低い投資信託(ノーロード投信など)やETF(上場投信)を活用することをオススメします。
低コストでグローバルポートフォリオを作成できます。(個別銘柄への制限があるとのことですので、ETFは確認が必要ですが…)

また、年率2%での運用をしたいとのことですが、運用の目的はありますでしょうか?

例えば…
◎ インフレに負けないための資産運用をしたい
◎ インカムを確保したい(定期的な配当など、収入を確保したい)
◎ 将来のために殖やしていきたい
…などです。

ポートフォリオ作成の際、運用の目的によってアセットクラスの選び方が変わってきます。

また、お子様がまだ小さいとのことですので、今後のライフプランニングを作成することもオススメします。
将来のお金の計画を確り立て、その上で、リスクを許容できるお金とそうではないお金に分けることで、リーマンショックのようなことが起きてもジタバタせずに運用を継続することができます。

ライフプランの作成や、ポートフォリオのシミュレーション、資産運用の考え方等々、ご相談がございましたらお気軽にお声かけいただければ幸いです。

最後になりますが、日本の年金運用(GPIFなど)の目標ポートフォリオは…
国内株式25%、国内債券35%、海外株式25%、海外債券15%…となっております。ご参考までに。

マネーアドバイザーズトウキョウ株式会社
小川 正之

回答専門家

小川 正之
小川 正之
(東京都 / ファイナンシャルアドバイザー)
マネーアドバイザーズトウキョウ株式会社 COO(最高執行責任者)
03-3510-7986
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あなたには信頼できるアドバイザーがいますか?

社会保障制度の知識と、金融の知識・経験を活かして、より豊かな人生設計をお手伝いさせていただきます。ご相談者様の立場でアドバイスを致します。金融商品の販売(仲介や媒介)は一切致しません。是非、お気軽にご相談ください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
迫間 理哲

迫間 理哲
ファイナンシャルプランナー

- good

長期運用であれば年利2%は可能な範囲内です。

2015/02/26 23:57 詳細リンク

terateraさん

はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの迫間と申します。

ご質問内容を拝見しましたが、長期での運用であれば年利2%は達成可能な数字です。

またグローバル全体の成長と連動するような投資信託での運用は、1つの選択肢として適切かと思います。

もちろんどの程度のリスクを受け入れて運用するかによって年率の平均期待リターンは変わってきます。

リターンがどれぐらいになりそうか?ということと同時に下落相場時にはどの程度のリスクがあるのか?という事を事前に知っておく事もとても重要です。

これを機に投資の勉強をされてみてはいかがでしょうか?
楽しいですよ。

お忙しいかと思いますが、もしもご興味がございましたらお気軽にご連絡下さい。

投資に関する基礎的な情報提供からマネープランニング、商品の選択までゆっくり考えていけます。

補足

訂正
年利2%ではなく、年利2%以上の運用は達成可能な範囲の数字です。

ファイナンシャルプランナー
長期運用
運用
投資信託
投資

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

年利2%~5%の運用を実現したい Tak00さん  2015-02-26 23:34 回答1件
ユニットリンク保険への切り替えについて S.Nさん  2016-04-25 05:28 回答2件
老後に向けてのお金の運用について相談 porrokkaさん  2014-06-14 13:10 回答1件
これからの資産運用について となかいさん  2015-10-16 16:34 回答2件
繰り上げ返済か分散投資か? 翔子さん  2015-01-27 13:51 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 金融商品を買う前に申込むFP相談会
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 実務家FPによる貯蓄・資産運用相談
平野 雅章
(ファイナンシャルプランナー)