隣地新築戸建の窓について - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

隣地新築戸建の窓について

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2014/11/10 22:31

当方、マンションですが、隣地に戸建分譲のため、現在戸建の建築が進められています。
マンションの2階リビングの大きな窓と建築中の戸建に設置された2階の窓が対面になっており、戸建側からは、マンションのリビング室内まで丸見えの状態です。
(戸建側の窓はすりガラスですが、開閉可能)
建物同志は1メートル以上離れていますが、戸建建設着工前より、プライバシーに配慮するよう要請しており、「窓は周りの建築物に配慮して設置する」旨、回答を得ていますがが、結局、配慮されませんでした。
目隠しルーバーの設置を要請していますが、戸建側は「窓は取り付け済みであるので、変更はできない。すりガラスにしたのがプライバシーへの配慮」と言っていますが、開閉自由であれば、意味がないと思います。
法律上問題なければ、当初の約束があっても、こちらは、泣き寝入りするしかないのでしょうか。
過去に、隣にマンションが建設され、同様の事象があった際は、窓ガラスを設置後に開閉不可能なものに変更してもらったことがありましたが、戸建側は、「戸建の場合は、マンション建設のように、周りの要望が聞かなくてよいものだ」といわれました。
本当でしょうか?

まんぷくまる。さん ( 兵庫県 / 女性 / 41歳 )

回答:1件

上村 美智夫

上村 美智夫
建築家

1 good

境界線付近の窓からの視線・プライバシーと目隠しについて

2014/11/11 13:20 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、PAO建築設計の上村です。

民法235条の規定に、「境界線から1m未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項において同じ)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。」とあります。

これは、隣り合う住宅のどちらかが、この規定に触れていれば、その住宅が目隠しを付けなければならないという意味になります。また、境界線から1m未満とは敷地の境界線からの距離の事であり、各建物間の距離ではありません。戸建て住宅の場合は敷地境界線から1m未満の例は多くあり、この場合は最初から目隠しを取り付けている事がほとんどのようです。

この民法の規定が当てはまるかどうか検討してみては如何でしょうか

また、たとえ1m以上離れていても、お隣が見通せるような窓は、民法上のプライバシー尊重の主旨から、あまり好ましいとは言えませんので、どうしたらお隣同士が、お互いに気持ちよく生活できるかという、言わばお互い様の問題でもあり、マナーやエチケットのようなものなので、互いが可能な(受け入れやすい)対策を講じるように双方で誠意をもって丁寧に話し合う事ではないでしょうか。

一般的に後付けでも既存の住宅の窓に目隠し用のルーバー等を取り付けることは可能です。

一定規模以上のマンション(共同住宅)ではその地域の条例で周辺住民への計画の説明を求めている所がほとんどだと思われますが、戸建て住宅では一般的にはそういった条例等は無いと思われます。


参考までに下記は、窓と目隠し、視線・プライバシーに関する私の記事です。
・境界線付近の窓と目隠し――視線・プライバシー・相隣関係について(PAO建築設計ブログ/Pao's Blog)
http://pao-architects.seesaa.net/archives/20140622-1.html

以上、少しでも参考になれば幸いです。

個別に直接聞いてみたいことがあれば、「この専門家に相談する」ボタンをクリックして、お尋ねください。相談は無料です。


上村 美智夫 / Michio Kamimura
PAO建築設計
http://www2.gol.com/users/paoarchi/ E-mail paoarchi@gol.com

境界線
視線
目隠し
プライバシー

評価・お礼

まんぷくまる。さん

2014/12/16 21:38

丁寧なアドバイスありがとうございます。
参考にさせていただき、先方と交渉の結果、プライバシーに配慮した、下部分のみ開閉可能なタイプの窓に付け替えていただくことができました。
貴重なアドバイスありがとうございました。

上村 美智夫

上村 美智夫

2014/12/17 14:37

少しはお役に立てたようで、当方もうれしいです。
これを励みにしたいと思います。
返信有難うございました。

上村 美智夫 / Michio Kamimura
PAO建築設計
http://www2.gol.com/users/paoarchi/ E-mail paoarchi@gol.com

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

「新築トラブル」に関するまとめ

  • 新築を買ったら雨漏りやカビが発生!そんなトラブルは未然に防ぎましょう

    念願のマイホーム購入。しかし、雨が降るたびに雨漏りが起きて家の中にカビが。購入した家が傾いてきたけど、これって欠陥住宅では?!そんなトラブルに遭遇する前に事前に担当業者と打合せを入念にしたいけどどう進めればいいかわからない。そんな方に向けて、専門家がトラブルを未然に防ぐアドバイスします!!

このQ&Aに類似したQ&A

契約後の契約破棄について にゃんチュさん  2016-10-28 16:34 回答1件
手付金支払い後に知らされた事実は違法かどうか ハルヴィルさん  2015-06-24 10:16 回答1件
アルミサッシ窓の面格子の振動(共振) ななはちさん  2015-04-09 23:59 回答2件
分譲マンションの配管の漏水について 熱海さん  2015-07-11 08:55 回答3件
木造モルタル外壁のシミ ucla99さん  2016-03-06 10:52 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)

メール相談

パネル交換によるプチ・キッチンリフォームでイメージチェンジ

パネル1枚からオーダー出来るリフォームをしてみませんか?

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)