ドル建て保険の加入割合 - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ドル建て保険の加入割合

マネー 保険設計・保険見直し 2014/09/11 15:38

無料でファイナンシャルプランナーに相談できますと気軽に申し込みましたが、話を聞いて保険変更を検討してます。悩みどころはドル建て。為替など知識があまりなく説明をうけて分かった気もしますが、為替リスクを考えるとまだ悩んでます。
貯金の半分を定期預金などではなく、保証も持たせた貯蓄型保険へとドル建て保険(15年後に解約する予定で)を勧められましたが…
貯金半分も加入してよいものか
メリットもあるので加入は検討してますが…保険の支払いが多くなり家計が心配ですがその辺りはシュミレーション問題ないとの事です。
やはり為替リスクが心配です。貯金半分をそちらにまわすのは妥当なんでしょうか?他の方の意見も参考にしたく質問させていただきました。


主人(36歳)年収約600万
妻(30歳)専業主婦 子1歳
今後もう一人子が増える、私が5年後くらいからパートで働く予定でシュミレーションしてもらいました。


貯金1200万
マンションローン30年
管理費含め毎月約11万

夫加入 医療、がん
妻加入 医療、終身(死亡500万、15年くらいで返戻率100%超で約250万。学資保険のかわり)



1、現在夫が月額4770円、生活保障タイプの終身保険に掛け捨てで加入。それを貯蓄型に変更→終身保険 1500万 月払い


2、定期預金などを保険へ
ドル建て 15年で解約予定
米ドル 約800万円 一時払約400万
豪ドル 約500万 一時払約200万
ローン前倒し、教育費など(貯蓄目的)

3、上記保証だけでは足りないとの事で
米ドル 約800万 月額25万
短期貯蓄のため

ドル建ては全てアリコのものです

ちくちく02さん ( 東京都 / 女性 / 30歳 )

回答:3件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

総合的に考えてみてください

2014/09/11 19:13 詳細リンク
(5.0)

ちくちく02様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人です。

ご質問の貯金半分をドル建て保険にまわすのが妥当かについては、保険以外の候補も含めて、総合的に検討した方がよいと思います。

為替リスクをとれるのであれば、外国債券、投資信託など。

価格変動リスクを一切とりたくない場合は、住宅ローンの繰上げ返済という選択もありますね。

いずれにしても、増税や公的年金の目減り等も考慮した上で、将来の生活資金が本当に足りなくならないか、さらに綿密にシミュレーションを実施した方がよいかもしれません。

その結果、もし資金が足りなくなりそうなら、死亡保障は主に掛捨ての保険でカバーし、保険商品よりも、運用商品を厚くして、殖やすことを重視した方が合理的な場合もあります。

ドル建て保険も決してわるくはありませんが、一度契約すれば、解約控除があり、簡単に換金できないなどのデメリットはあります。

投資信託であれば、時価ですぐに換金できますし、商品の組換えも簡単です。

一例として、極端な円高局面では、外貨資産をおおめに買付け、今のようなやや円安局面では、いっぺんに外貨資産を買付けないで、毎月の積立投資などの形で、投資タイミングを分散させる、あるいは、為替ヘッジ付の投資信託を組み入れるなど、アイデアにもとづく、機動的なリスク管理もできます。

具体的な運用方法については、必要があれば、資産運用を含む総合的なライフプラン相談に対応しているFPにご相談いただくのもひとつの選択です。

机上の空論ではなく、この5~6年で、投資信託を使ったポートフォリオ運用で、年平均5%超の利回りを実現出来ている方も多数いらっしゃいます。

こういう情報を知れば、ドル建て保険のメリット、デメリットの理解も深まるはずです。

選択にあたっては、ライフプランの変化や、マーケット環境に応じ、柔軟に商品を組み替えられるか、換金できるかなども判断ポイントになるのではないでしょうか。

相談
商品
ファイナンシャルプランナー
資産運用
外貨

評価・お礼

ちくちく02さん

2014/09/11 20:20

早速のご回答ありがとうございます。
保険は保険相談で勧められたものそのまま加入して1年経過し、家計含めてみてもらおうと気軽に相談して…ドル建て保険なんてあるの今回初めて知ったという無知な夫婦でした。
たしかに説明うけてメリットはわかりましたが、デメリットについてはなんとかなるような説明でして本当にそうなのかと?それも不安でした。
まずは保険というよりも投資や今後不足するお金などもっと勉強してからの方がいいなと改めて思いました。
またこちらのサイトでも勉強させていただきます。ありがとうございました!

森本 直人

2014/09/12 13:44

評価・コメントありがとうございます。
ドル建て保険は、さまざまな金融商品の組み合わせの一つとして、あっても良いと思いますが、保険のセールス色の強い方に相談すれば、必然的に全部保険にしましょうという案内になります。

最終的には、ご自身やご家族の生活(暮らし)にかかわる話ですので、提案の性質をよく理解した上で、実行プランを決めるようにしてみてください。

もちろん、セールスではなく、マネーのホームドクター的な立ち位置で、生活者の側に立ったアドバイスを実践しているFPも多数います。

ご参考までに、FP事務所、独立系FPなどのキーワードで調べてみるのもよいと思います。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

無料相談ほど恐いものありません!

2014/09/12 00:12 詳細リンク
(4.0)

ちくちく02 様

ご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャルプランナーの釜口です。

その場で決めなくてよかったです。

無料でファイナンシャルプランナーに相談できますと気軽に申し込みましたが、話を聞いて保険変更を検討してます。
⇒無料で相談すればどうなるのか?
ファイナンシャルプランナーの身入りになる保険の手数料が入る商品に
導かれます。
貯蓄目的なのであれば、ドル建て保険(15年後に解約する予定で)に加入する必要
は全くありません。
アリコ(メットライフ生命)ドル建ての保険で、アリコ(メットライフ生命)は
何で運用するのか?
それはアメリカの国債がほとんどです。
であれば、わざわざアリコ(メットライフ生命)に目に見えない手数料を
払うくらいないらば、アメリカ国債を直接買った方が、支払う手数料を
考えれば断然お得です。

保険ほど支払う手数料が高い金融商品はありません。
※保険にしてしまうと、手数料がいくらなのかが、契約者は全く分からない
状態になります。

保険のプロは絶対にドル建ての保険なんて購入しません。

よろしくお願いいたします。

解約
相談
国債
運用
金融

評価・お礼

ちくちく02さん

2014/09/12 08:56

ご回答ありがとうございます。
たしかに保険に加入してもらってなんぼですよね…手数料や為替リスクはパンフレットにも記載ありましたがそこまでデメリットの説明はなく定期預金にしておくより利率もいいし、保証にもなると。15年は動かせないのと解約時にドルで受け取っても必要なときに為替が円高であれば元本割れしそうなのも不安でした。
再度手数料についても質問してみたり、ドル建てについては勉強不足なので加入は検討してみます!
このまま流されて加入してもいいのかとこちらのサイトに質問してよかったです。

釜口 博

2014/09/12 09:33

高評価をいただきまして、ありがとうございました。
保険を含めた金融商品を選ぶ際に一番大切なことは、目的です。
死亡保障優先ならば、保険商品を選択するのがベストですし、
貯蓄目的ならば、様々な選択肢の中で、ご自身のニーズに合う
金融商品を選ぶことになります。
ちくちく02 様がベストな選択をされることを祈っております。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

池田 弘司

池田 弘司
生命保険アドバイザー・ITコンサルタント

- good

外貨建てにする理由はなんでしょうか?

2014/09/11 17:44 詳細リンク
(5.0)

保険アドバイザーの池田と申します。

ちくちく02さん、はじめまして。

外貨建ての保険を利用する目的はなんでしょうか?
おそらく教育費としての【15年後に解約予定】ということですから、
その時期に必要になる、目的のあるものだと思います。

確かに、外貨建てのほうが金利(正確には予定利率)が高いですね。

ただ、解約したいときに
【為替手数料を差し引いてもまだプラスになるほどの円安】
であればよいのですが、そうでない場合は元本割れする場合があります。

元本割れしたくなければ、しばらくは外貨預金で塩漬けするしかないでしょう。
それでは必要な時に使えませんよね。
そういう意味では、【海外で使う予定ではない】のなら、投資に近いのではないでしょうか。

元本割れリスクを承知で契約されるのなら構いませんが、
躊躇されるのでしたら見合わせるほうがよいのではないでしょうか。
悩んでいるのはそこで、その気持ちは正しいと思いますよ。

銀行預金は、緊急予備費用として、年収の半分~1年分程度で充分といわれており、
それ以上は、塩漬けするよりは別の手段でお金を増やすほうに回すほうが良いと思います。
突然600万円のお金が必要!って、そうはないですよね。

必要な部分は手堅く保険で増やし、ダメージを受けても許せる範囲で投資するのもいいでしょう。

保険よりも先に、たとえ100万円でもローンの繰上げ返済をするほうが、
利息を数百万落とせる可能性もあります。
回数を減らすか月の返済額を減らすか、やりかたは2通りあります。
借りてから早い時期なら、支払い総額をかなり減らすことができます。
ローンを前倒しするなら、15年後ではなく今ですよ!銀行に相談してみて下さい。

とりあえず保険は、白紙から【目的】【期間】【根拠】にあった保険設計の提案をしてもらい、
比較検討されることをオススメしておきます。

よろしければこちらからどうぞ。
http://himeji-ikeda.com/

設計
投資
保険
教育

評価・お礼

ちくちく02さん

2014/09/11 20:14

早速ご回答いただきありがとうございます。今相談しているプランナーさんは定期預金で寝かしせてるのなら、今すぐ必要でない将来のために保証もつけたドル建て保険なら増やす事もできるしとの勧めでした。たしかに元本割れが心配で…15年後の為替をみてドルで受け取っておいて時期をみて円に変えればとの話もありましたが必要なときにどうなるかはわからないですよね。
このまま契約していいのかと?と頭を抱えていました。私の気持ちを汲み取っていただきとても嬉しかったです。
焦らずよく考えてみます!ありがとうございます!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

教育資金と保険の見直しについて ゆうちゃんMamaさん  2015-11-15 17:52 回答2件
ユニットリンク保険、AIG富士生命 0614aさん  2016-02-23 12:49 回答1件
第一子誕生後の保険の見直し たかとらさん  2014-04-28 17:43 回答1件
保険の見直しについて hikomamaさん  2014-04-20 00:16 回答2件
保険の見直しと住宅購入について starman2016さん  2016-02-09 18:24 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)