マンションの購入 - 不動産売買 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マンションの購入

住宅・不動産 不動産売買 2012/12/01 12:25

31歳独身・年収450万~500万の男です。

現在、3300万円ほどのマンションの購入を考えております。

私は過去に消費者金融で借り入れしていたことがあるのですが、遅延もなく、全て完済しております。

クレジットカードの支払いは現在残高が50万くらいあります。
こちらも遅延は一度もなく、毎月必ず返済しております。

この条件で住宅ローンを組みたいと思っているのですが、
果たして組むことが出来るのでしょうか?

実際に審査を受ける前にお聞きしたいと思い投稿いたしました。

よろしくお願いいたします。

破壊王さん ( 神奈川県 / 男性 / 31歳 )

回答:2件

taishi‐kanazawa

taishi‐kanazawa
建築プロデューサー

- good

住宅ローンについて

2012/12/01 18:43 詳細リンク

住宅ローンの審査に関してですが、事前審査でローンの審査を行います。
金融機関は個人情報に関する同意を得たうえで、お客様の個人信用情報(過去のクレジット情報)を確認し、融資する・しないを判断します。
過去のクレジット履歴にはさまざまあります。
ショッピングなのか、キャッシングなのか、リボ払いなのか、それとも消費者金融系キャッシングなのか、種類によっては住宅ローンに支障が出るものもあれば、出ないものもあります。
一番気をつけなければならないのが、消費者金融系の借入になります。
現在の借入があると都市銀行系は否決されるケースが多いです。
また過去に一度でも遅れがあると否決をされる場合もあります。

クレジットの場合は残額と極度額の合計が審査されます。
残額が少なくても、極度額の合計金額が多くて減額されるケースもあります。

破壊王 様の場合は、過去に消費者金融系での借入を行っていても、現在完済しており遅れもない状況ですので、個人使用情報での記録はなくなっていると思います。

3300万円のマンションですと、現在のご年収でも借入は可能ですが、クレジットの完済条件を求められる可能性はあります。

もし不安のようでしたら、気軽にお問い合わせください。

住宅
住宅ローン
消費者金融
クレジット
審査

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
米原 大輔

米原 大輔
不動産業

- good

返済比率

2012/12/02 10:06 詳細リンク

破壊王さんの借入れの可否を返済比率から判断させて頂きます。

返済比率とは、一年間の元利金等返済額の年収における割合の事を言います。返済比率は住宅ローンの審査ではかなり重要なポイントです。住宅ローンの審査のポイントとしては、まずは年齢、勤続年数、年収、団体信用生命保険の加入の可否、担保物件の評価額、返済比率、他の借金の状況などがあります。

返済比率(%)=一年間の元利金等返済額÷税込み年収×100

都銀の場合は実行金利に関係なく年利4%として計算する銀行が多いですから、今回は4%換算で計算致します。3300万円を4%で借入。返済期間は35年。毎月146,115円で年間1,753,300円 税込み年収を450万円で計算すると返済比率は38.96%。税込年収を500万円で計算すると35.06%となります。基本的には返済比率は年収400万円以上で35%以内の金融機関が多いので、年収的にはどちらにしても返済比率オーバーとなり融資は受けれないと思います。またクレジットカードの支払いは返済比率計算の元利金等返済額に乗っかってきますので余計に厳しいです。

出来れば予算をもう少し抑えて返済比率が25%程度になる物件を探していくのが今後の家計運営においては健全ではないかと思います。因みに返済比率が25%前後になるラインは年収が500万円の場合は2400万円です。

補足

私は兵庫県ですが一部の地銀では返済比率計算におけるレートを4%でなく実行レートで計算してくれる銀行もあります。神奈川県でも同様の銀行があるかも知れません。その場合は例えば実行レートが1.575%とすれば年収が450万円でもクレジットの計算方法如何によっては審査が通る場合はあります。どうしても欲しいという場合は地銀で返済比率の換算レートを確認して申し込みをしてみて下さい。但し、その後の家計運営が厳しくなるとは思います。何故ならマンションの場合は毎月の返済額以外に管理費・積立金・駐車場代・駐輪場代等の付帯コストが必要ですが、付帯コストに関しては同じ住居費であるにも関わらず返済比率の計算に組み込まれておりません。そうなると年収に占める住居費の割合が高くならざるを得ません。あとは『そこまでして欲しい』か否かのご判断になるかと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの審査 YFさん  2010-05-28 15:23 回答4件
住宅ローンについて。 ひなちゃんまんさん  2012-12-15 01:32 回答3件
住宅ローン審査について質問させて下さい。 小豆さん  2012-07-13 17:56 回答1件
仮審査中にキャッシングしたら? AAダブルさん  2008-11-04 22:25 回答4件
フラット35の審査について ラファエルさん  2015-02-22 17:17 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談 中古住宅よろず個別相談
菊池 猛
(中古住宅専門家)
対面相談 住宅購入相談コンサルティング
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)