退職金は住宅ローンの返済優先したいが - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

退職金は住宅ローンの返済優先したいが

マネー 家計・ライフプラン 2012/09/23 00:20

主人51歳(会社員)、妻41歳(パート)、長女(中3)、次女(小3)、三女(年長)の5人家族です。

主人の会社の業績不振により、退職金上乗せ(2800万)によりグループ会社への
転籍を求められています。

転籍先の給料は22万(退職金から月々プラス11万で生活予定)でボーナス4ヶ月、昇給、退職金なしという話です。

現在、住宅ローン1900万(内ボーナス支払い分300万)、外貨貯金200万、財形貯金180万、普通貯金200万です。(長女の学資150万、三女の学資200万予定)

質問は、退職金の使い方です。できれば私のパート収入を増やし生活費のために取り崩したくありません。まずローン返済にどれくらいあてたらよいか?
子供3人の教育費、無理かと思いますが老後の資金について貯蓄できるのか?です。


よろしくお願いいたします。

ruaruaさん ( 茨城県 / 女性 / 41歳 )

回答:4件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

10 good

退職金の使途について

2012/09/23 09:12 詳細リンク
(4.0)

ruaruaさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『まずローン返済にどれくらい充てたらよいか?』
につきまして、

ruaruaさんがご記入された内容だけからは、
残念ながら退職金を住宅ローンの繰り上げ返済に、
幾らくらいまでなら充てられるのかにつきまして、
アドバイスは出来かねます。

上記の金額以外にも、毎月の基本生活費や、
お子さまの今後の進学予定をはじめとする将来のライフイベント資金などを把握したうえで、
キャッシュフロー表を作成したうえで、
幾らくらいまでなら退職金を繰り上げ返済資金に充てることができるのかにつきまして、
シミュレーションを行うことをお勧めします。

特に、ruaruaさんの場合、
お子さまが3人ということですから、
お子さま方の教育資金負担は決して少なくありませんので、
予めしっかりとシミュレーションを行ったうえで、
繰り上げ返済に充てられる資金を把握するようにしてください。

尚、ご希望いただければ私がキャッシュフロー表を作成することも可能となりますので、
ご興味などありましたら、
お気軽にお問い合わせいただければと思います。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

退職金
教育資金
住宅ローン
ローン返済
キャッシュフロー

評価・お礼

ruaruaさん

2012/09/23 21:36

ご回答ありがとうございます。

住宅ローンは、10年固定、利率1.065%、残り20年、月々8万、ボーナス10万の返済です。

私も将来不安ですが、主人はもっと大変な思いをしていると思います。


具体的に子供の将来を話し合い少しでも不安を軽く出来たらと思いました。

キャッシュフロー表を作成しようと思います。

ありがとうございました。

渡辺 行雄

2012/09/23 21:42

ruaruaさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
三島木 英雄 専門家

三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

まずは生活リズムの基盤作りから

2012/09/23 17:45 詳細リンク
(5.0)

ruarua様

退職金の使い方についてお困りとのこと。
ご主人様はまだお若いですし、今後最低でも14年は働く想定から
考えますと、当面生活基盤(リズム)を安定させたいですね。

まず退職金ですが、所得税・住民税が掛かりますから
手取りでは2,640万程度かと思います。(勤続29年想定です)
勤続年数が短い場合はもう少し手取りが減ってしまいます。


2,640万をもとに、まず月11万の生活費
これを10年は見ておきたいです。
その上で、生活基盤にリズムを持たせるため、住宅ローンのボーナス返済部分の
繰り上げ返済を行うと、残金は約1,000万です。


お子様の学費は残金で充分に対応できると思います。
問題はやはり、老後資金だと思います。

ただ、現在の外貨預金・財形・普通預金で580万円ほどあります。
今からリスクを負って。。。というのはお勧めしかねますので
住宅ローンの繰り上げ返済による利息軽減効果を収益に結び付けたいですね。

ただ、残りのローン期間や金利により行わないほうがいい可能性も
高く、今は生活リズムを作って頂きたいので、まずはボーナス分の返済が
宜しいのではないかと思います。

ですので私の助言としては
・ボーナス返済分を返済
・月11万の取り崩しで様子を見る
・その上で奥様がもっと働かなければ厳しいかどうかを判断
・状況に応じて繰り上げ返済で毎月の支出をコントロールする

という形になります。

詳細なことがわかれば、アドバイスも的確になりますが
頂いた情報からコメントさせて頂きました。

少しでもご参考になりましたら幸いです。


株式会社FPリサーチパートナーズ
http://www.fp-research.jp/

老後
退職金
外貨預金
所得税
住宅ローン

評価・お礼

ruaruaさん

2012/09/23 22:09

ご回答ありがとうございます。

私も住宅ローンのボーナス払い分は返済したいと思っていました。

住宅ローンは、10年固定、利率1.65%、残り20年、月々8万、ボーナス10万の返済です。

勤続年数により、引かれる税金も変わってしまうのですね。主人はたしか勤続22年ほどだっ

たと思います。

具体的にわかりやすい返答、感謝致します。ありがとうございました。

三島木 英雄

2012/09/24 10:41

ruarua様

評価して頂き有難うございます。
退職所得ですが勤続22年ですと、控除額が減ってしまいますので
手取りは約2,560万程度になると想定されます。

外貨預金に関しては通貨にもよりますがUSD(米ドル)の場合は
金利も今はほとんどないので、株式転換したいというのが本音です。

多少のリスクはありますが、外貨預金とは比較にならない
配当利回りがあります。

具体的な内容など気になりましたら遠慮なく下記から
ご連絡下さいませ。
http://www.fp-research.jp/contact/index.html

回答専門家

三島木 英雄
三島木 英雄
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

三島木 英雄が提供する商品・サービス

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

対面相談

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

前野 稔

前野 稔
ファイナンシャルプランナー

- good

退職金と繰り上げ返済について

2012/09/23 09:43 詳細リンク
(4.0)

こんにちは ruaruaさん
MC PLUSの前野です。

これから3人のお子様のためにもお金が必要となる時期に
ご主人様の転籍のお話で大変な状況と察します。

お子様の教育費も今後しばらくは上昇傾向になりますので
手元資金での繰上返済よりも、
できるだけ手元に現金を残しておく方がいいでしょう。

転籍後のご主人の収入と奥様のパート収入で、生活費とローン返済を
やりくりし、不足する場合には、預貯金を少しずつ
取り崩すという形でしばらくやってみてから
繰上返済を再考されてはいかがでしょうか。

現在のローンの金利、残年数は不明ですが、条件によっては
転籍前に別の金融機関で借り換えする事で、返済額を軽減できるかも
しれませんので一度金融機関に相談されていかがでしょうか?

いずれにしましても、今後の奥様のパート収入は重要な要素となります。

心身ともに厳しい状況とは存じますが、あまり無理を
なさらないでください。

すこしでもruaruaさんの参考になれば幸いです。

退職金
収入
教育費
生活
ローン返済

評価・お礼

ruaruaさん

2012/09/23 21:44

ご回答ありがとうございます。

住宅ローンは、10年固定、利率1.065%、残り20年、月々8万、ボーナス10万の返済です。

転籍する前に金融機関に相談というのは、職場が変わると借り換えなどに問題があるのでしょうか?

沢山不安は尽きませんが、目の前にできること精一杯やりたいと思います。

ありがとうございました。

前野 稔

前野 稔

2012/09/24 08:25

このたびは評価いただきありがとうございます。

また何かございましたらご連絡ください。

真鍋 貴臣

真鍋 貴臣
ファイナンシャルプランナー

1 good

退職金の使い方は、娘さんの進学次第だと考えます。

2012/09/23 21:17 詳細リンク
(4.0)

ruarua様

こんにちは。
私は香川県でファイナンシャル・プランナーをしています、香洋ファイナンシャル・プランニング事務所の真鍋と言います。

ご質問の件ですが、他の方がおっしゃっているように、まずは貯蓄を取り崩してゆくかどうかの判断の基準となる「ライフプラン表」の策定が最優先であるかと思います。

仮に、奥様がパートに出て、なおかつ生活費を見直すことで貯蓄の取り崩しが必要なくなるのであれば、いまからしっかりとした運用をすることによりお子様の学資やご夫婦の老後資金に回すことが出来ますし、どう遣り繰りしても貯蓄を取り崩さなければならない場合、お子様の将来を考えて「いくらを何年間」取り崩すべきかといった考え方で見てゆく必要があるのかなと思います。

記載の情報を拝見する限り、ご相談者様の今後のライフイベントの中で、最も資金が必要なものは「娘さんの進学」であるとお見受けします。

月並みな資料で恐縮ですが、以下に一般的な学費の一覧を添付致します。

http://lify.jp/contents/insurance_point/p18.php

これらの情報を頭の片隅に、今のうちから娘さんたちと将来の進学や夢についてじっくりと話しておく…そんなお時間を持たれるのがよいのではないかと思います。

私も3人の娘の父親ですので、御事情の方、分かるような気がいたします。

ライフプラン作成等、お力になれる事もあると思いますので、是非お気軽にお問い合わせください。

香川県
退職金
退職
ライフプラン

評価・お礼

ruaruaさん

2012/09/24 19:28

ありがとうございます。

ライフプラン表、早速作ってみたいと思います。

主人と長女と、進学について具体的によく話し合いたいと思います。

ありがとうございました。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
これからの家計の計画 サンタクロースさん  2012-04-01 17:00 回答2件
家計診断をお願いいたします≪貯蓄と生活の質≫ minami0227さん  2012-06-12 10:39 回答4件
家計の見直しについて(第2子出産&妻の退職後) happylifeさん  2009-04-01 02:06 回答5件
ライフプラン マンションの売却するかどうか Mone55670416さん  2011-11-20 19:19 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)