現在の家計について - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

現在の家計について

マネー 家計・ライフプラン 2011/08/22 20:09

はじめまして。

住宅購入にあたってのローンについて質問していて、そこでも少し書いているのですが、結局のところ自分の家計管理がきちんとしているのかどうかがよくわかりません。

現在家族構成は以下の通り。

夫 37歳 年収500万
(月収手取り29万。ボーナス27万程度。但し、定期的にもらえる保証なし。去年はカットされました)
妻(私)36歳 専業主婦につき、収入ナシ
子 0歳
犬1匹

家計は以下の通り。

<固定費用>
家賃 80000円
駐車場 16000円
医療保険 6500円(夫&私分)
生命保険 14000円(夫:10年定期のもの。私:老後資金用の積立タイプ)
水道光熱費 16000円
通信費(ネット) 5000円
携帯費 15000円(夫&私分)
新聞代 3000円
ウォーターサーバ代 3000円
夫小遣い 30000円

貯金(不動産購入用資金) 20000円
貯金(車検、自動車任意保険、犬予防接種代等の一時的に多額出費になるものの月割り貯金) 10000円

<変動費用>
犬関連費用 3000円
子供関連費用 8000円
食費 30000円
酒代 5000円
日用品 10000円

<貯金額>
80万程度。そのうち、40万はもしものときの備えに置いておきたい。


結婚したのが3年前で、そのとき夫に借金が200万近くあったため、最初の2年間はその返済にほとんど費やされました。残っていた車のローンも去年完済。ようやくローンなしの生活になって、まともに貯金ができるかな…と考えていたときに妊娠。出産まで働ければよかったのですが、体の調子が思わしくなくて、仕事をやめることになり、私の収入が減ったため、微々たる貯金しかできません。
どうにかできないかと日々家計簿をつけているのですが、どうすればいいのかわからなくなってきました。

補足

2011/08/22 20:09

現在、中古住宅の購入を考えております。
しかし前述したとおり、自己資金はほとんどありません。
よく言われるように、せめて諸費用分(200万ぐらい?)だけでも貯めて…と思っていましたが、この分でいくと200万貯めるのに、10年近くかかりそうです。
その間に金利が上がっていったら、結局同じかそれ以上にお金がかかりそうですし、今後、子供の成長とともに、順当に貯金ができるのかも心配です。
それに10年経ったら主人は47歳。ローン審査だって通るかどうか。

それでもとにかく今回は住宅購入はあきらめ、ある程度の資金を貯蓄すべきなのでしょうか。
その場合、上記の家計からどうすればもっと早くに貯蓄できると考えられますか?

どうかよろしくお願いいたします。

yuri1206さん ( 大阪府 / 女性 / 35歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

5 good

現在の家計について

2011/08/23 09:51 詳細リンク
(5.0)

yuri1206さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『それでも兎に角今回は住宅購入は諦めて、
ある程度の資金を貯金すべきなのでしょうか。』
につきまして、

まず、yuri1206さんの現在の家計の状況につきまして、
ご主人様の手取り月収金額に占める駐車場代も含めた住居費用の負担割合は、
33.1%にもなっていますので、

この水準になってしまうと、
住居費用負担により家計が圧迫されてしまい、
思うように貯蓄ができないものと思われます。

理想的としては、
28.0%までに収まるように出来れば、
もう少し貯蓄もできるようになります。

尚、住居費用以外の家計支出につきまして、
特に過剰と思われる家計支出は見あたりませんので、

yuri1206さんの場合、
家計はしっかりと管理されています。

また、手取り月収金額に占める貯蓄の割合は、
10.3%となりますので、
最低限の貯蓄水準は維持できていることになります。

一般的に住宅を購入する場合、
購入した後からの住宅ローン負担を少しでも軽減するためにも、
頭金として物件価格の20%相当額プラス諸費用分は、
予め用意したうえで、
住宅を購入するようにします。

yuri1206さんの場合も、
頭金や諸費用分は、予め用意出来た方がよろしいと考えますが、

ご検討されている物件を購入した場合、
現在、支払っている駐車場負担が無くなり、
毎月の住宅ローン負担が、
現在の支払い家賃8万円ほどで収まるのでしたら、

ご主人様の手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合は、
27.5%ほどで収まることになりますし、
この水準でしたら、住宅ローン負担で、
家計が圧迫されるような心配はありません。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

個別
相談
管理
費用
購入

評価・お礼

yuri1206さん

2011/08/23 16:56

回答ありがとうございます。

やはり家賃&駐車場代の占める割合が問題のようですね。確かに今、探している物件も月々の支払が8万まで(できれば7万台)で購入できそうなところを探しております。
まだ探し始めたばかりなので、せめて諸費用の用意ができるくらいまで貯金をしていきたいと思います。

ありがとうございました。

渡辺 行雄

2011/08/23 17:22

yuri1206さんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
島津 勝仁

島津 勝仁
ファイナンシャルプランナー

15 good

極論は収入を増やすか支出を減らすかですが。。。

2011/08/23 11:25 詳細リンク
(4.0)

こんにちはyuri1206さん。ファイナンシャルプランナーの島津と申します。
タイトルにも書かせて頂きましたが、限られた収入から貯蓄を増やそうと思えば、厳しい書き方になってしまうかもしれませんが、何かを取捨選択しなければならないと思います。

その観点に立ちました時に、
例えば、携帯代とネットによる通信費、今は携帯でもインターネットとほぼ同様の機能がつなぎ放題で出来たりメールも定額で安いプランがあったりします。ここを使い方を含めもう少し色々お考えになれば、コストダウン出来るように思われます。
あるいは、自動車の保有に関してですが、本当に必要かどうか、あるいは駐車場代家賃を含めもう少し安い場所への検討の余地がないか等に思いが及びます。

中古住宅のご購入は、そもそも何故今思いつかれたのでしょうか?
お子様が産まれたばかりとの事でもありますし、これからお子様の生活も考慮にいれた住まいも考えていく必要が出てきます。ご主人が安定したサラリーマンであれば、(住宅は購入価格にもよりますが、)ローンで購入されることは可能と思われます。但し、もう少し自己資金を増やしていかれる中で、将来的なライフプランを
しっかりと組まれた上で購入に踏み切られた方が宜しいのではないかと存じます。
手元資金もほとんど無い中で、ローンを組まれますと、もしご家族の中でご病気や仕事環境の急変等が起きてしまうと対応が出来なくなる可能性が高くなるからです。

厳しい書き方になってしまったかもしれませんが、yuri1206さんがより良い暮らしぶりとなります事を願っております。

ファイナンシャルプランナー
住宅
資金
ローン
ライフプラン

評価・お礼

yuri1206さん

2011/08/23 17:10

回答ありがとうございます。

駐車場については、この近隣では一番安い場所なのです。たいがいの相場は25000円近くするので。

購入については、同賃貸マンション内住民の問題行動や、子供が将来育つには治安の面で不安があること、これ以上主人の年齢が上がるとローンを組むのが難しいなど、諸事情を考慮した結果です。
結局のところ、私共のように自己資金もない家族は賃貸でしか住めないということでしょうか…。
まだまだ探し始めたばかりなので、今すぐに購入するわけではありません。もう少し、貯金していきたいと思います。

島津 勝仁

島津 勝仁

2011/08/24 13:21

評価のご記入有難うございます。

ご参考までに、住宅ローンに関して30年固定金利2.7%という前提で考えますと2千万円の元本に対して月々のお支払いは8万1千円強となります。目安として、諸費用を含めてこの範囲位でおさまる中古住宅が見つかるようであれば住宅の購入も可能だと思います。

(現在のポイント:5pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

今後の家計をどうすればいいでしょうか 弱虫あらいぐまさん  2011-11-05 01:34 回答2件
毎月赤字です。家計診断をお願いします。 mameden's momさん  2008-08-31 09:37 回答5件
マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件
家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)