毎月赤字です。家計診断をお願いします。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

毎月赤字です。家計診断をお願いします。

マネー 家計・ライフプラン 2008/08/31 09:37

改善点があればご指摘ください。

【家族構成】
夫33歳、妻31歳、子1歳

【月給収入内訳】
夫:手取25万円(財形6万円・持株会1万円天引後の金額)
妻:現在育児休暇中
復帰後は手取15万円程度を予定(保育園費・交通費計7万円がかかります)
その他:児童手当1万円→学資保険へ

【月給支出内訳】
家賃(駐車場・共益費込) 82,000円
光熱費 16,000円
通信費(電話プロバイダ) 5,500円
ガソリン代 15,000円(車通勤・会社から補助あり実質0円)
新聞 3,800円
生命保険(夫・貯蓄型) 18,000円
医療保険(夫婦・貯蓄型) 21,000円
医療保険(子・共済) 1,000円
奨学金返済 17,850円
こづかい 夫婦計40,000円(携帯代込)
ベビー用品 5,000円
食費 60,000円(外食費込・主に生協宅配を利用)
雑貨費 15,000円
交際費 平均25,000円
習い事費 10,000円

【ボーナス収入内訳】
夫:年間手取140万円(財形40万円・持株会6万円天引き後の金額)

【ボーナス支出内訳】
帰省時費用:10万円
交際費積立:5万円
車購入積立:20万円
こづかい:合計10万円
残額を貯蓄に回していますが、育休中は毎月の赤字補填でほとんど貯蓄できません。

【現在貯蓄額】
定期預金 870万円
財形 440万円
持株会 63万円

最近保険の見直しをして、解約払戻金がない貯蓄型のタイプにしました。
5年後には車の買い替え、10年後を目安に戸建住宅の購入も考えています。
子供は2人目も考えており、妻が仕事を辞めると現状では確実に赤字になってしまうので、今のうちに家計を見直さないとと考えています。
アドバイスをよろしくお願いします。

mameden's momさん ( 静岡県 / 女性 / 31歳 )

回答:5件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

家計と保険の見直しと将来設計について

2008/08/31 10:53 詳細リンク
(5.0)

mameden's mom 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

家計はとてもシンプルな構造です。
1.収入 - 2.支出 + 3. (資産×運用利率) = 4.貯蓄(年間の増・減)
で表されます。
毎月の収支ではなく、年間で式に当て嵌めた際に赤字になっているかがポイントです。

現状の中で、毎月、(財形6万円+持株会1万円)×12ヶ月+40万円+6万円=130万円の余剰があります。これも貯蓄です、収入524万円の約24.8%に当りますから、あまり心配なさらず、職場復帰後に収入が戻った部分を貯蓄に回される様お考えください。

保険の見直しは、惜しいことをしました。保険は保険、貯蓄は貯蓄として必要な保障額を掛け捨て(ここがポイントです)で準備し、残る部分を貯蓄に回されることが効率的でした。今後見直される場合(ローンを組む際には団信に加入されるので保障額予定額が下がります)に、分けられるようお勧めします。

医療保険も見直しをお勧めします。医療費は高額療養費制度があるため、大きな金額の必要がありません。また、入院日数も短縮化の傾向にあり、差額ベッド代等は貯蓄が有れば賄える範囲と考えます。私のHPに高額療養費制度、入院日数、差額ベッド代等の資料があります。宜しければご一読ください。

それでもご心配な場合には、こくみん共済、県民共済、生協の共済など、少ない掛金で一定の保障の得られるものをご検討ください。

参考のため
収入バンド別の貯蓄額グラフを掲載します。

補足

なお、ワンタイムではなく将来を把握するためのプランつくりをお勧めします。
将来の夢や希望やご家族の出産・育児・入学、車・住宅の購入、レジャー・趣味など費用とともに記載するイベント表と、
収入、支出そして貯蓄額の年度推移を記入するキャッシュフロー表の作成です。

これらの表を作成しますと、家計の全体像と将来像が把握でき、夢や希望を実現するための、貯蓄目標も明確になります。サンプルを私のホームページに掲載しています。宜しければご参照ください。
http://www.officemyfp.com/planningtool.htm

評価・お礼

mameden's momさん

丁寧な解答ありがとうございました。
長期金利の面で考えると、この利率が有利となるかどうかはわからないとのことですね。
勉強になりました。

保険については、今後の収入変動に合わせて適宜考えていきたいと思います。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

安心してお金を使うには

2008/08/31 23:03 詳細リンク
(5.0)

mameden's momさんへ
こんばんは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

家計のやりくり、かなり思案されているようですね。

まず、家計管理からお話しますと、
お聞きした範囲での毎月の家計は335150円。給与(財形など控除後)に対して8万円の赤字となります。
貯蓄性のある保険は家計の圧迫要因となりますが、保障が十分であり、奥様の再就職が見込めるということであれば今のまま継続されるのも一つの方法です。
奨学金の返済ですが、無利子のものであればこのままのペースで返済されてよいでしょう。
食費についてですが、やや多目かもしれません。生協のよさを踏まえてお話しますが、生協の宅配による買い物の場合、通信販売と同様、つい目移りして多く買ってしまうケースもあります。(我が家もそうでした)スーパーで現金払いで買い物をする感覚で選んでみてください。

貯蓄についてですが、
奥様が無収入の状態でも、何とか貯蓄をされています。
現在の残高についてですが、持ち株会の分を除いて、ほとんどが安全性の高いものとなっています。貯蓄に目的があるから確実に貯めておられると思うのですが、ライフプランなどの長期的な視点から考えて、資金繰りに問題がなければマイホームなどの夢を早めてもよいかもしれません。

子どもさんももう一人欲しいようですね。保育園の保育料も3歳を境に安くなるケースもあります。育児費や教育費も気になる所ですが、ご家族の願いがかなうといいですね。

評価・お礼

mameden's momさん

ご返答ありがとうございました。
食費については、スリム化できるところをもう一度洗いだして引き締めてきたいと思います。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2008/09/01 10:12 詳細リンク
(4.0)

mameden’smomさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『アドバイスをよろしくお願いします。』につきまして、ご主人様の手取り月収金額25万円に占める支払い家賃の割合は33%近くになっていますので、この水準では多少あかじになってしまってもしかたがありません。

mameden’smomさんの家庭の場合、ふたり合わせた収入が前提となっていますので、ご主人様だけの収入で家計を成り立たせようとしても、難しいとおもわれます。

よって、mameden’smomさんが一日も早く職場復帰することが、赤字解消の一番の特効薬となります。

mameden’smomさんの収入も合わせた場合の住宅費用の負担割合は、20%程度に収まります。

尚、ふたり合わせた手取り月収金額40万円とした場合の現在の貯蓄水準は、17%程度となりますので、20%にまで増やすようにしてください。

mameden’smomさんの場合、毎月8万円となります。

自動車の買い換えや戸建て購入など、将来予定しているライフイベントを確実に実現していただくためにも、今のうちにしっかりと貯蓄をするようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

mameden's momさん

ご返答ありがとうございました。
住宅費用の負担割合については、今後の参考とさせていただきます。
居住している地域の中では、家賃の割には立地・居住空間ともにとても満足している物件なので、可能であれば収入のほうでカバーしていきたいと思います。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

ご主人さまの収入をメインに家計収支を!

2008/08/31 12:20 詳細リンク
(4.0)

mameden's mom様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、mameden's mom様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)
1.従来どおりにご主人さま及びmameden's mom様の収入合算出来る体制であれば特に問題はないと思いますが、mameden's mom様が育児休業中のため今後はご主人さまの収入をメインに家計収支を行う必要性がありますので、多少削らなければならないポイントがあると考えます。

・貯蓄面⇒財形貯蓄の毎月額及びボーナス時を減額検討されては。

・保険面⇒医療保険を保険料減額するために、掛捨て型へ変更されては。

・毎月の小遣いや交際費⇒合算して減額検討されては。

2.将来のイベント計画(5年後、10年後)は確実な実行に向い、努力してください。

以上

評価・お礼

mameden's momさん

アドバイスありがとうございました。
参考にさせていただきます。


家計の見直しについて

2008/09/01 17:55 詳細リンク
(5.0)

mameden's mon 様

静岡市のファイナンシャルプランナーの渡邉と申します。

家計の改善のポイントは保険と財形にあると思われます。

保障と貯蓄は切り離したほうが、合理的です。

10年後を目処に住宅取得、お子様の教育費用、あるいは老後の準備資金まで

お考えあわせますと、効率的な資産形成を目差すべきかなと、思います。

財形は普通財形でしょうか?住宅財形にしますと元本+利息=550万円までは非課税
になります。
また、普通財形の、現在の積立利率では、リターンは期待できません。

住宅取得まで10年をお考えならば、6万円のうち、何割かを投資に振り替えることも

検討されたら、いかがでしょうか。

また、保険もリスクに備えた必要なコストとして割り切り、極力低コストのものにし、

その分、貯蓄・投資に切り替えることも、ご検討下さい。

評価・お礼

mameden's momさん

丁寧なご返答ありがとうございました。
一般財形は、会社より利子の補助があります。
それと一般的な投資とどちらが運用効率がよいかどうか、改めて検討したいと思います。

質問者

mameden's momさん

普通財形

2008/09/04 12:29 固定リンク

アドバイスありがとうございます。
返信がおそくなり申し訳ありません。

財形貯蓄の440万円のうち、一般が165万円、住宅が275万円です。
これは住宅購入を念頭に貯めているものですが、一般のほうはいくらかを投資に回したほうがよいということでしょうか。
何かお勧めの商品などありましたらアドバイスいただければ幸いです。

mameden's momさん (静岡県/31歳/女性)

質問者

mameden's momさん

医療保険

2008/09/04 12:36 固定リンク

アドバイスありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ありません。

保険の見直しは…いろいろ考慮した上での見直しでしたが、貯蓄と保険は分けるべきでしたか。
生命保険は、60歳満期で満期時に年1.5%の利子がつきます。老後資金の一環として考えていますが、そのような考えはリスクが高いのでしょうか。
また、医療保険は夫婦ともにcure-sに入りました(cureとどちらにするか悩みましたが)。年払にしているため1年分は支払いをしてしまったのですが、それでも解約して見直す等したほうがよいのでしょうか。
ちなみに、見直し前は共済に入っていたのですが、本当に必要となると思われる老後の保障が少なかったため、見直した次第です。

mameden's momさん (静岡県/31歳/女性)

質問者

mameden's momさん

食費について

2008/09/04 12:43 固定リンク

アドバイスありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ありません。
食費は、出産前と比較して倍になってしまい悩んでいるところです。国産・無添加のものにこだわりがある生協で購入しているので、週6000円程度になり、生協で購入できないものをスーパーで買い足しているため高額になってしまっています。
確かに、必要最低限ではなくちょっと贅沢しているところがあるかもしれません。本当に必要なものかどうか考えてから購入していこうと思います。

奨学金は無利子のものなので、このままのペースで返済していこうと思います。
保険の支払いが家計を圧迫しているのは否めませんが、貯蓄性が割と高めの物をえらんだつもりなので、見直すかどうかはよくよく考えてみようと思います。

mameden's momさん (静岡県/31歳/女性)

質問者

mameden's momさん

家賃の占める割合

2008/09/04 12:47 固定リンク

アドバイスありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ありません。

家賃の収入に占める割合ですが、考える場合には貯蓄額を入れないのでしょうか?(天引きの貯蓄額を入れると手取り32万になります)
また、理想とされる住宅費用の負担割合はどれくらいなのでしょうか?

貯蓄額については、妻が復帰したら増額するつもりです。がんばって貯蓄していきたいと思います。

mameden's momさん (静岡県/31歳/女性)

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

第2子がほしいのですが、家計診断をお願いします イルビゾンテさん  2010-01-18 16:12 回答5件
今後の家計をどうすればいいでしょうか 弱虫あらいぐまさん  2011-11-05 01:34 回答2件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
家計診断と教育資金について。 のんきな父さんさん  2010-09-10 15:51 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)