教育資金について - 教育資金・教育ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:教育資金・教育ローン

教育資金について

マネー 教育資金・教育ローン 2010/11/11 08:08

こんにちは。現在夫(38歳)と子ども(3歳)と3人暮らしをしています。夫の年収は税込みで950万で私はフリーで年80万ほどの年収になります。
子どもはおそらくこのまま一人の予定で、現在学資保険などに加入せず、生まれたときから会社の財形で月3、ボーナス5万でためています。
現時点で130万ほどなっていますが、他に子どもの教育資金の貯め方、または運用があれば是非教えてください。

現在は3年前に買った家の住宅ローンの残りが3200万ほどあります。貯蓄などは繰上げをしているため現在は株式などを含めて750万ほどになります。

また子どもが来年から幼稚園なのですが、本人が希望すれば将来は留学させたいと考えています。たとえば大学で留学させて場合の資金がどれくらいかかるのか、我が家の経済状況で可能なのかなと漠然と考えています。
もちろん、子どもが手を離れる小学生高学年くらいから私も働く予定ですが老後資金などもあるため不安です。

よろしくお願いいたします。

medarataさん ( 神奈川県 / 女性 / 36歳 )

回答:4件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

教育資金と運用について

2010/11/11 22:04 詳細リンク
(4.0)

medarata様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

教育資金については、今の段階では、月3万、ボーナス5万のペースなのでわるくはないですが、お子さんが成長にするにつれて、塾とか習い事の費用が発生し、思うように積立ができなくなることもありますので、余裕のある時期は、少し頑張って積立額を増やしてみるのもひとつの考え方です。

留学でどのくらい費用が掛かるかは、ケースバイケースでしょうから、まずはネット検索などで調べてみて、現在価値の予算に予想インフレ率を掛けた数字を用意できるように計画を立てるというのが、FPの教科書的な考え方です。

もし留学させたい国が決まっていれば、現地の通貨で運用するというアイデアがあってもよいかもしれません。
(もっとも、お子さん本人の希望があるでしょうから、そこまで用意周到にはいかないかもしれませんが)

資産運用については、なるべく住宅ローンの繰り上げ返済の方を優先させるのがセオリーですが、金融資産を多めに持っておきたいと考えるのならば、例えば、「預金連動型住宅ローン」を組み合わせるという発想もあります。

あとは、投資信託などを活用していくやり方ですが、これについては、もしやる場合は、私は、金融経済の理解を深めて、ファンダメンタル投資やテクニカル投資、デリバティブ取引など、有効に使える戦略があれば、何でも使った方がよいと思っています。

ただ、なるべくコストの安い投資信託を買って、あとは、持ち続けていればよい、という専門家の方の意見もあります。

もちろん、結果としてどうなるかは、5年先、10年先にしか分かりませんし、どちらの考え方にも、採るべきところはありますので、ご自身に合ったやり方で取り組まれてみてはいかがでしょうか。

一通りではないと思います。

引き続きのご相談がありましたら、個別にお問い合わせいただけると幸いです。

投資信託
積立
教育資金
留学
住宅ローン

評価・お礼

medarataさん

2010/11/12 06:41

ありがとうございます。結果はすぐでなくてもよいので、投資信託をきちんと勉強して15年後くらいに良い結果がでるようにがんばりたいと思います。住宅ローンは子どもが小さいうちはなるべく繰り上げを進めたいと考えています。預金連動型住宅ローンも気になっていましたので、調べてみます。

森本 直人

2010/11/12 14:10

medarata様、評価・コメントありがとうございます。
15年計画で投資信託を勉強しながら、それと同時に住宅ローンの繰上げ返済も進めていくというやり方は、私もわるくはないと思います。
あとは、何にいくら、どのタイミングで、という部分を考えていく必要がありそうですね。

これについては、綿密な家計分析を行った上で、判断をしていくのがよいと思いますので、必要に応じて、FPに相談することも考えてみてください。

ちなみに、私は、フリーのFP(独立系FP)の立場なので、個人と個人の信頼関係に基づいて、あらゆる選択肢の中から、ご希望を聞きながら、最適なプランを案内することが可能です。

有料相談なので、とにかく安くというニーズには、必ずしも対応していませんが、相談料に見合った成果を提供できるよう、相談業務を通じて、経験を積み上げています。

もしご興味がありましたら、専門家個別ページなどからお問い合わせいただけると幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

教育資金について

2010/11/12 09:49 詳細リンク
(4.0)

medarataさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『他に子どもの教育資金の貯め方、または運用があれば是非教えてください。』につきまして、ご主人様に万が一のことがあった場合の保障を確保しておく必要があるのでしたら、『学資保険』や解約返戻率の高い『終身保険』も選択肢のひとつとなります。

『学資保険』に加入するのでしたら、カタカナ生保さんの保険商品を取り寄せてご検討するとよろしいと考えます。

また、積み立てでお子様の教育資金を確保していく場合には、現在行っている勤務先の財形貯蓄の金利と比較的金利が高いネット銀行の金利を比較しておくようにしてください。

毎月の積み立てにより積み立てられる、最終的な預貯金の残高は決して少ない金額ではありませんので、僅かな金利の差でも後々のことを考えると、決して疎かにはできません。

ただし、私の考えとして、外貨建ての金融商品や株式投資信託などにつきましては、使途がお子様の教育資金ということもあり、あまりリスクを伴う金融商品での運用はお勧めできかねます。

お子様の教育資金の準備にあたっては、安全・確実を優先するようにしてください。

尚、お子様が希望する場合、将来海外に留学をさせたいとお考えのご両親は少なくありません。

実際、私の会員の方でもお子様を現在カナダに留学させている方もいます。
一年間にかかる留学費用としては、概ね200万円ほどとなります。

尚、この機会に今後かかるようになるお子様の教育資金や住宅ローンの返済など、毎年のイベント支出を時系列に書き出して、一度整理しておくとこれからのマネープランのうえからも役に立つと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

商品
費用
カナダ
プランナー
イベント

評価・お礼

medarataさん

2010/11/12 16:24

ありがとうございます。学資保険はやはり主人に何かあった場合はいいのかなと漠然と考えておりました。また現金貯蓄のほとんどは某ネット銀行の定期に入れてあります。リスクの伴う金融商品は多くの運用はまた勇気がなくできません。去年株も少し始めたばかりですので、一部を運用できればいいなと思っています。その他の教育資金もこれから増えていき、思うように貯蓄は増えていかないと思いますが、15年後を目指して私の収入も早くから増やしてがんばって留学ができるようにしたいと思います。

渡辺 行雄

2010/11/12 21:04

medarataさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもお金に関することで、分からないことがありましたらご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

山田 聡

山田 聡
ファイナンシャルプランナー

- good

教育資金につきまして

2010/11/11 10:35 詳細リンク
(4.0)

ファイナンシャルプランナーの山田と申します。

住宅ローンを支払いつつ、子供の教育資金をどのように貯蓄したらいいのかという悩みは多くの方が抱えていることでしょう。

この悩みに際し、最初に考えていただきたいのは、手元資金を幾ら残しておくかということです。

住宅ローンを保有する家庭で最も効果的な資産運用は、住宅ローンの返済です。
適切な手元資金と教育資金用の貯蓄以外は、繰上返済に積極的に充当することが効果的です。

教育資金の貯蓄方法としては、まず民間の学資保険があげられるでしょう。
学資保険は、満期の学資金が払込金額以上であるとともに、契約途中で保険料支払者である契約者が万が一死亡しても、学資金が確保できるというものです。
貯蓄機能として高い利回りは期待できませんが確実に資金を手当てできるというメリットがあります。

また別の方法としては、今後の教育資金合計額分を定期保険に加入して万が一の場合に備え、一方で教育資金を貯蓄するという方法です。
貯蓄方法は様々ですが、将来のインフレ対応を考えるのであれば、1)国内外の株式等を組み込んだ投資信託を複数銘柄分散して定時定額買付する、2)ネット銀行の定期預金のキャンペーン金利を継続利用する、3)金利が実勢に連動する債券や金融商品を利用する、等が考えられます。

そして、貯蓄残高が増えるに従って定期保険を減額して効率化を図ります。

以上、僅かでも参考となれば幸いです。

山田FP事務所 http://www.yamadafp.com/
山田 聡

ファイナンシャルプランナー
資産運用
教育資金
学資保険
住宅ローン

評価・お礼

medarataさん

2010/11/11 19:56

ありがとうございました。投資信託は興味がありますので検討していきたいと思います。

渡辺 美晴

渡辺 美晴
保険アドバイザー

- good

お子様の教育資金

2010/11/11 12:31 詳細リンク
(5.0)

こんにちは
保険アドバイザーの渡辺です。


お子様にはできるだけ良い環境で育ってほしいというのが親心。
いろいろな可能性を追求して貯蓄も計画できれば確かに安心ですよね。
私なりの考えを書いてみました。ご参考になれば幸いです。

■生命保険の活用・・・
学資については、ある程度計画的に積み立てていらっしゃるようですね。
現在のままでも大丈夫かと思いますが、生命保険会社の学資保険などは
ご主人に万が一があった場合、保険料支払い免除が付いてる商品もあり、
確実に資金を貯めるの向いています。

■海外留学・・・
海外留学についてですが、海外留学には、長期研修、短期留学交換留学、
海外大学に直接受験入学などいろいろな形態があります。
留学制度や、留学可能な地域・留学受入大学も各大学毎に異なります。
ポピュラーなのは国内の大学に入学後、海外留学するケースですが、
北米地域ですと短期留学(半年程度)費用で約100万円程度のようです。
実際には、そこにお小遣いも必要ですし、為替レートも考慮しなければなりませんから、
プラス50万円~100万円余裕があれば安心可と思います。
※留学は形態によって大学からの奨学金なども利用できる場合もあります。

留学を意識したプランとして、米国ドル建ての保険商品や
金融商品で運用するという事もできるかと思います。
もし、将来お子様が米国へ留学という場合は、
為替リスク不要でそのまま活用できます。




■最後に・・・
お子様の成長は親にしてみると、毎日が驚きと発見、そして困惑の連続です。
学資はできれば多めに一部は現金で臨機応変に活用できる形とし、一部は
学資保険などを活用し敢えて使いにくい状況を作り、高校、大学入学時に
まとまったお金を確実に確保できる様な手段を持つ事をお勧めします。




学資保険についての具体的なご案内が必要な場合は
直接ご相談下さい。無料相談も実施しております。
http://www.ehokrn-web.com
http://www.work-sol.com

保険アドバイザー
運用
生命保険
教育資金
学資保険

評価・お礼

medarataさん

2010/11/12 06:35

ありがとうございます。留学にもいろいろ方法があるようですね。費用は様々だと思いますので、なるべく多く貯められるようにがんばります。米国ドル建ての保険商品はきになりますので調べたいと思います。

渡辺 美晴

渡辺 美晴

2010/11/12 09:05

高い評価を頂きありがとうございます。
私も子育て中ですし、本人がどう思うかは別として志した場合に
親の都合で変更させてしまわないように頑張っております。
(とはいえ限度はありますが・・・)

子育て陰ながら応援しております。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

子どもの教育資金と繰り上げ返済額について ちゅんこさん  2010-10-06 11:28 回答4件
子どもをこのまま私立小学校に通わせられるか不安です コアラナさん  2009-06-22 00:03 回答5件
子供の教育資金について akiakiさん  2007-06-22 12:45 回答2件
教育資金の貯め方・その他についてお尋ねします。 kanachaさん  2008-08-04 16:24 回答9件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)