個人年金について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人年金について

マネー 年金・社会保険 2010/07/02 12:54

35歳女性です。
主人と子供(3歳)の3人暮らしです。

将来のことを考えて、
個人年金に加入したほうがいいのかなと考えていますが、
どこでなにをどう選べばいいのか
分かりません。

ゆう0206さん ( 香川県 / 女性 / 35歳 )

回答:4件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

年金保険はおすすめできません。

2010/07/02 13:49 詳細リンク

ゆう0206 様

この度はご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャルプランナーの釜口です。
よろしくお願いいたします。

定額個人年金保険に加入することはおすすめできません。
なぜならば、あまりにも率が悪すぎるからです。

35歳で60歳まで保険料を支払って、60歳から70歳まで年金をもらう
という設定で、一番率が良い年金保険でも総支払い保険料に対する
年金総受け取り額が119%弱にしかなりません。
35年の運用期間でこれだけの率にしかならない金融商品で
保険会社の破綻リスクも考えなければいけないのです。

定額個人年金保険につきましては、過去の私のコラムもご参照下さい。
http://profile.allabout.co.jp/pf/bys-planning/c/c-18232/

1000万円+利息までが保証される定期預金をされる方が断然
賢明ですね。

また保険商品で選ばれるのでしたら、10年などの短期で支払いが終了
する終身保険や長期定期保険の方が断然お得です。

ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com

ファイナンシャルプランナー
運用
定期保険
終身保険
個人年金保険

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
築地 聡

築地 聡
保険アドバイザー

- good

個人年金は解約して損をされるケースが殆んどです。

2010/07/02 15:34 詳細リンク

ゆう0206さん、はじめまして。
やさしいお金の教室(合)エムズアイ広島の築地と申します。
http://www.supremehiroshima.com/MSI/

私の経験からしますと、ここ10年ぐらいライフプラン診断をされたご相談者の殆んどが既に入られている個人年金や入られて間もない個人年金を解約されるケースが殆んどです。

個人年金は途中で解約されると大抵の場合は損をされます。

個人年金を途中で解約される理由は様々ですが、一般のご家庭の多くのケースでは老後資金よりも、もっと目前に優先順位の高いライフイベントによる支出が原因で個人年金の保険料を払い続けられなくなっています。

その目前の優先順位の高いライフイベントとは

・お子様に掛かる支出のUPや入学金などの教育資金
・住宅の住替えや買換えに掛かる住宅資金や住宅ローン
・お車や家電製品の買換えなど(マイカーローンなど)

上記の様なことが原因で保険料を払えなくなっています。

またそれは昔の様に経済成長が続き、勤続年数とともに給料が増えて優先順位など決めなくても何でも払えたという時代ではなくなったことも原因です。

今は多くのご家庭が限られた収入の中から優先順位を決めて、貯金をされたり保険やローンのお金を管理されなければ、何から何まで全て準備できる(払える)時代ではありませんね。

ライフプランにおいてのハードルは、‘教育や住宅’→‘老後’の順です。
ハードルは手前のものから順に超えて(準備)していくことでキャッシュフロー(資金繰り)の効率は上がります。

つまりは足元の資金からコツコツと貯めることが大切です。

マスコミや銀行・保険・証券などの金融業者は、不況を理由に老後の年金不安を駆り立てますが、不況の時代だからこそ足元を固めることが大切ですね。

コツコツと貯めて必用な時には貯金を取崩しながら、またコツコツと貯める。これを繰り返すことで確実で豊かな老後が迎えられるのが本当のところでしょう。

一度、信頼出来る専門化にライフプランのご相談をされることをお勧めします。

ゆう0206さんのご参考になれば幸いです。

資金繰り
老後
個人年金
収入
ライフプラン
島津 勝仁

島津 勝仁
ファイナンシャルプランナー

- good

老後の資金に備えてということでしょうか

2010/07/02 15:40 詳細リンク

ゆう0206さんこんにちは

ファイナンシャルプランナーの島津と申します。
ご質問の内容がとても簡単な文章なので、推測しながら意見を述べさせて頂きます。

おそらく、私の記載したタイトルの通り、老後の資金に備えて積み立てようか考えていらっしゃる
という前提に立ちますと、正直、保険会社が販売している個人年金保険は、現状の利回りはあまり良くないです。ご主人の状況にもよりますが、もし自営業ということであれば、社会保険料控除の対象になる国民年金基金や小規模企業共済や個人型401Kと言った制度から選択された方が、将来への積立という意味では、積み上がる金額が多くなると思います。サラリーマンの方であれば、
会社でも厚生年金+アルファの制度があるかどうか確認してみるのもひとつでしょう。

単純に保険で積立てたいということであれば、例えばアメリカンファミリー生命のWAYS(低解約型終身保険)のような商品で10年の短期払いをされますと、65歳時点位で(ゆう0206さんのご年齢で)年金としても払込保険料に対して140%以上になるような商品も有ります。

他にも積み立てるお金に関しては色々な手段がありますので、身近で、ゆう0206さんの状況を踏まえて中立的なアドバイスを貰えるようなファイナンシャルプランナーや保険アドバイザー的な方に
ご相談されてみては如何でしょうか

ご参考にして頂ければ幸いです

ファイナンシャルプランナー
終身保険
年金保険
個人年金保険
個人年金
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

保険だけではなく・・・・

2010/07/02 18:05 詳細リンク

はじめまして、ゆう0206さん。
FP事務所 マネースミスの吉野裕一です。
http://home1.catvmics.ne.jp/~you_y/


老後資金をお考えという事ですが、老後資金の準備は保険だけではありません。

現在の個人年金での運用はあまりメリットのあるものでは無いと思います。

運用期間が20年以上あると思われますので、積極的な運用をされる方が良いのでは無いでしょうか。

個人年金でも変額個人年金といものが、ある程度積極的な運用が出来ます。

また確定拠出年金の条件によっては、利用できます。

どちらも現在、税制面では優遇されていますが、コストは多めです。

こういった老後資金を目的とした商品だけではなく、ご自身で運用をする方法もあります。

ただ漠然と老後資金をお考えの時に、安易に個人年金に加入するより、いろんな選択肢の中から選ばれると良いでしょうね。

老後
運用
個人年金
確定拠出年金
マネー

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主が障害者になった場合 rumandさん  2011-04-19 23:13 回答2件
住宅ローンと個人年金 うめ吉くんさん  2010-07-18 02:14 回答5件
確定拠出年金と個人年金保険 とやまんさん  2009-11-07 15:49 回答1件
個人年金解約すべきか・・・ もも2さん  2008-11-10 22:16 回答1件
未成年の娘にお金を残したいのです。 hiyohiyohiyokoさん  2008-07-21 05:36 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

住宅購入予算診断

あなたが購入しても問題の無い住宅購入予算の適正額を診断します

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

真崎 喜雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)