帝王切開を複数回経験した小型犬の手術 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

帝王切開を複数回経験した小型犬の手術

2009/01/31 00:17

 手術の難しさと言うより子宮蓄膿症は命に関わる病気のことが多いです。もし既に膿みがたまっていて、食欲不振であったり白血球が上昇していたり、炎症反応が強いようでしたら、出来るだけ早く手術した方がなおる確率は良いです。
 手術に関してですが、もちろん何度も手術した犬は癒着していることが多いですが、何度も
帝王切開を行えたのですから、子宮蓄膿症も行えると思います。しかしながら予期せぬ癒着があると時間がかかったり、また出血が多くなったりと言ったリスクはありますが、それよりも子宮蓄膿症の方が危険な病気だと思います。
 もし主治医の先生が手術を勧めているのでしたら早めに行うことが良いと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

帝王切開を複数回経験した小型犬の手術

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2009/01/30 21:44

7歳のレイクランドテリアです。
5歳でわたしが引き取るまで繁殖を繰り返していたようで
腹部には長い帝王切開の跡があります。
前の飼い主さんが亡くなってしまったので、過去の帝王切開の… [続きを読む]

らんこさん (兵庫県/46歳/女性)

このQ&Aの回答

RE:帝王切開を複数回経験した小型犬の手術 苅谷 和廣(獣医) 2009/02/02 12:08
術後の癒着 2009/02/01 02:11

このQ&Aに類似したQ&A

老犬の子宮蓄膿症について pashminaさん  2010-02-12 21:41 回答1件
犬に肥満細胞腫について はっしーさん  2009-01-29 21:10 回答2件
足裏を舐めて指間炎繰り返す 山岳ガールさん  2015-12-04 21:53 回答1件
頻尿・血尿・嘔吐 うっかりさん  2015-05-25 13:23 回答1件
シニア犬の歯石除去と去勢について homesさん  2015-04-20 00:09 回答1件