犬の胃バイパス手術について。 - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

犬の胃バイパス手術について。

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2012/04/26 15:09

キャバリア10才です。

2週間ほど前から食事をしてもすぐ嘔吐し以前はとても活発だったのに日中はじっとしてることが多くなり先週病院に連れて行きました。

レントゲンを撮っても何も映らず帰宅。


しかし今週になっても嘔吐の頻度が増したのでまた病院へ。


検査するとスキルス性胃がんだと言われ、一昨日開腹手術をしました。


開いてみると胃の8割が癌の腫瘍で手の施しようがなくそのまま閉じたそうです。
(胃の細胞を採取し病理検査に出して結果待ちです)

誤飲での嘔吐も考えられるので腸も取出し調べたのですが異物も腫瘍もなくきれいな腸で転移は見られなかったそうです。


胃の入口、出口とも人間の指1本くらいの隙間しかないそうでこれからは流動食になり半年持たないだろうと。(衰弱死になると言われました)


ここで質問なのですが人間の胃がんだと胃バイパス手術をしますよね?


我が家の犬が掛かっている先生は犬には胃バイパス手術は出来ないと言われたのですが本当に不可能なんでしょうか?


ネットで探すと数少ないですが胃バイパス手術をうけた犬の記事を見ます。




とても食べることが大好きな犬でこのまま流動食になり衰弱するところを見ると思うと胸が張り裂けそうです。


少しでも大好きなものを食べて残りの人生元気に過ごしてほしいです。


何かよい方法があれば教えてください。


よろしくお願いします。

補足

2012/04/26 15:09

体重は痩せて8kgほど(痩せる前は10kg~11kg)、心臓は少し肥大が見られるが特に問題はないです。

またバイパス手術のメリット・デメリットもあったら教えてください。

aimiv3vさん ( 神奈川県 / 女性 / 31歳 )

回答:2件

犬の胃癌手術について

2012/05/04 16:35 詳細リンク

はじめましてアレス動物医療センターの沖田と申します。

さて胃癌の手術ですが、どれだけの範囲に腫瘍があるか、そしてどの部位にあるかというのが重要となります。

現在のところ胃全摘手術は犬の場合、あまりうまくいかない(予後が悪い)といわれていますので、一般的に胃癌の手術で実施されているのは部分摘出手術です。
ただ、症状が出てきたころにはかなり進行していることが多く、手術のタイミングを逃すことが多いです。

腫瘍の範囲が80%というのはかなり厳しい範囲と思われ、また何よりも入り口付近に腫瘍があるのでしたら、これを摘出するのは困難と思われます。
胃の出口付近は切除しても腸の正常な部分と接合する手はありますが、入口付近を切除し、食道と接合するというのはおそらく不可能です(少なくとも私にはできません)。

実際のところは診てみないと、とは思うのですが、もしかしたら腫瘍が胃の入り口付近にも食い込んでいるため、主治医の先生は手術を勧められなかったのではないでしょうか。

あまりお役にたてる内容でなく、申し訳ありません。

腫瘍
手術
ガン

回答専門家

沖田 将人
沖田 将人
(富山県 / 獣医)
アレス動物医療センター 院長
0766-25-2586
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

アレス(Alles)とはドイツ語で「あらゆること」を意味します。インフォームドコンセントの充実、夜間救急診療、年中無休など動物たちの幸せにつながることなら、飼い主様のあらゆる要望にお応えしたい。そんな願いを込めて診療に取り組んでいます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

Re:犬の胃バイパス手術について。

2012/05/05 10:07 詳細リンク

犬の胃の腫瘍の発生率は全体の1%以下と非常にまれです。
中でもスキルス性胃癌は悪性度が高く、進行も早いです。
進行が早く根治的切除が困難な場合、腫瘍の部位にも寄りますが緩和的手術である胃空腸バイパス手術が考慮されます。
胃癌には他にもリンパ腫や平滑筋腫、肥満細胞腫などが発生します。
リンパ腫であれば抗がん剤治療を行い、それ以外の腫瘍であれば外科的な切除を行い治療します。
有効な抗がん剤の報告はほとんどなく、浸潤性や転移にもよりますが悪性度が高ければ外科的に緩和手術を行っても予後は約半年です。
腫瘍の種類によっては、切除できれば約1年ほど生存するとの報告があります。

バイパス手術を行うメリットとしては胃の流出路障害を取り除くことで短期的にではありますが生活の質を改善できる点です。
手術後の合併症として考えられるのは腫瘍がある場所により切除部胃は異なりますが、胆汁が逆流して逆流性の食道炎や胃炎を起こし嘔吐する可能性、今までのように口からの栄養が取れなくなるため吸収不良や栄養不足となる可能性、小腸に直接チューブを通し栄養供給する可能性です。
病理検査の結果と予後、現在の状態を総合的に評価し、愛犬の辛い状況を少しでも改善できる治療をお勧め致します。

嘔吐
腫瘍
手術
ガン

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

腎臓癌の摘出手術後、治療中に死亡 ハッピー1さん  2009-11-25 00:06 回答1件
嘔吐がひどいです。うちの犬はガンなのでしょうか? Applemint0225さん  2013-02-27 23:10 回答1件
愛犬の死因について ericaさん  2009-07-29 15:07 回答1件
尿路結石について のんたろさん  2008-08-01 18:42 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

対面相談

相続のことならおまかせ!(神奈川県川崎市)

相続に関する疑問にお答えいたします。どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

及川 浩次郎

株式会社スリーアローズ

及川 浩次郎

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)