中・長期計画を立てて短期に落とし込んで行きましょう - 藍原 節文 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
藍原 節文 専門家

藍原 節文
経営コンサルタント

- good

中・長期計画を立てて短期に落とし込んで行きましょう

2008/07/11 07:42

経営計画や営業計画は、中・長期計画をしっかりと立てて(ビジョンを
明確にして)、短期的にどのように動いていくのかを明確にしていき
ましょう。


こんにちは。販売促進支援・経営支援とデザイン制作を行っております
ファースト・シンボリーの藍原です。


最近、弊社の仕事として、事業計画書の作成代行や、中・長期経営計画
の作成代行の仕事が増えていますので、この経験を踏まえてお話させて
頂きます。


たしかに、おっしゃるとおりで、短期的な数値目標をクリアし続けない
といけない状況は、世の中にあるたくさんの企業様も同様だと思います。
でも、先を見た動きをしないと、一時的によくても、いずれ、経営的に
うまく行かなくなる可能性が高くなります。


ですので、「短期プランと長期プランのバランスのとり方」という質問の
回答として以下を挙げさせていただきます。


''1.現状のタスク整理を実施する''
 (この際、緊急軸と重要軸を作成し、緊急かつ重要、緊急ではないが
  重要、緊急だが重要ではない、緊急でも重要でもない、といった
  業務分類をしてみて下さい。意外に重要でない仕事が多いかも
  しれません)


''2.どんなに忙しくても、中・長期的計画を明確にする''
  (具体的な行動計画と数値計画をたてる)


''3.短期計画としての具体的な行動目標と数値計画を立てる''


''4.中・長期計画と短期計画を比較する''


''5.上記で整合性がない場合、短期計画を修正し、中・長期的な視点''
''   での具体的なアクションプランを作成する''


''6.緊急かつ重要な業務から実施する''



おそらく、バランスをとるという発想ではなく、考えの軸がブレない
ようにしていくことが、経営計画・営業計画上、最も重要であると
思われます。


是非、参考にしてみて下さい。


株式会社ファースト・シンボリー

回答専門家

藍原 節文
藍原 節文
( 経営コンサルタント )
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

緻密な顧客分析で、デザインも含めた効果的な販売促進戦略を提案

座右の銘は「行動あるのみ」。お客様の販売促進という課題に対し、瞬発力・発想力をもって想定以上の結果をお届けすることを心掛けています。「お客様の幸せが弊社ならびに弊社社員の幸せ」をモットーに、費用対効果に優れた販売促進戦略を提案していきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

短期プランと長期プランのバランスの取り方

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2008/07/10 11:55

事業を推進する際には、目先の利益にとらわれずに先々の事まで考えた上で、プランニングを行うことが大切だという事は分かります。が、目の前での課題があまりにも多すぎ、これらを解決する… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

金融機関からの資金調達における事業計画書のポイント 専門家プロファイルさん  2009-03-12 10:12 回答3件
Web制作会社の今後の経営戦略は? 専門家プロファイルさん  2008-10-16 18:14 回答5件
中小企業診断士による経営コンサルティングとは 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答1件
専門家のアドバイスを、社長に受けさせる方法 専門家プロファイルさん  2009-04-30 19:08 回答6件
環境経営やエコによるCSRは、サービス業にも有効か 専門家プロファイルさん  2009-01-29 10:50 回答4件