まずは、治療に専念できる体制作りを優先しましょう。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:キャリアプラン

葉玉 義則

葉玉 義則
キャリアカウンセラー

- good

まずは、治療に専念できる体制作りを優先しましょう。

2008/04/06 11:55
(
5.0
)

こんにちは、べジータさん。[My人事]の葉玉です。

私自身、過眠症には詳しくないので、人事の立場に立った一般的所見を
中心に、アドバイスさせていただきます。

''〔1〕会社を休職〜''

就業規則に則り、申請を行う事になりますが、IT系の若い会社などの
場合、規則そのものが整ってなかったり、労務経験の浅さから、理解を
してもらえず、会社との交渉が難航する、という事は予測されます。

特に、身体的な傷病ではなく心に起因したり、症状そのものが、健常者
と見分けにくかったりすると、復帰の見通しも立てにくいという事から
退社を勧められる可能性は、否定できません。

ただ、治療の見立てと想定期間を、かかりつけの医者が、きちんと説明
してくれるような背景があれば、会社の了解も得やすいと思いますから、
そのへんを、努力されてはどうかと思います。

''〔2〕会社を退職〜''

再就職時、求人企業への説明に気をつける必要があります。何より、
病気に対する警戒感(完治が見極めにくい懸念)を払拭できるような
元気さで、面接に臨んだ方が良いでしょう。

もちろん、この選択で重要なのは、治療に専念し、病気と向き合い、
家族の協力も得ながら、病気を完全克服する事にあります。

ご自身が「心の傷」として引きずらないようなところまでを含めて、
症状の改善に取り組みましょう。

また、この間、治療後の自分の人生をどう再構築するか。信頼できる
専門家(心理カウンセラーやキャリアカウンセラー)の力を借りて、
復帰プログラムの構築に尽力する事にも、併せて、取り組まれる事を
お勧めします。

''いずれにしても、治療の必要性に違いはありません。''

まだお若いので、あまり将来への悲壮感などは持たず、まずは、治療
を優先させる事に、専念されてはどうでしょう。

末筆ながら、べジータさんの症状が一日も早く改善し、明るく人生に
立ち向かえる日が来る事を、心よりお祈り申し上げます。

評価・お礼

べジータ さん

アドバイスありがとうございます。
まずはあれこれ考える前に病気の治療に専念したいと思います。
病気完治の目途が立ったら、再就職についてメール相談を申し込みたいと思っておりますので、その時はよろしくお願いいたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

どうするべきか

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/04/05 19:10

はじめまして!私は27歳の男です。
今までのキャリアは以下の通りです。
IT企業・SE(4年)→金融機関・営業(9ヶ月)→IT企業・SE(現在の会社)
現在の会社には、今年の1月に入社したばかりです。
入社し… [続きを読む]

べジータさん (栃木県/27歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

1年以上先の手術を控えての就職 lehuaさん  2008-03-28 06:50 回答1件
派遣社員 今後のキャリアプランについて zaq28さん  2011-06-19 01:18 回答1件
転職した方が良いのでしょうか takacさん  2009-12-28 23:25 回答2件
契約更新について マリンちゃんさん  2008-11-27 21:56 回答4件