教育資金と老後資金について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

3 good

教育資金と老後資金について

2012/03/07 09:13

もんたひょうたさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『子どもの教育資金、老後の資金がどのくらい必要か。』
につきまして、

もんたひょうたさんに限らず、
晩婚化にともないお子さまにつきましても、
高齢での出産が多くなっています。

高齢になってからの出産の場合、
定年を迎えた後からの教育資金の確保の問題、
また、住宅ローンを組んで住宅を購入するときには、
定年した後からも続くローン返済の問題などがあります。

まず、教育資金につきまして、一概に言うことは出来かねますが、
高校まで公立で文系私立四年制大学とした場合、
概ね1人当たり1,200万円程度はかかります。

よって、もんたひょうたさんの場合は、
お子さまがふたりとなりますので、
2,400万円程度を目安にしていただくとよろしいと考えます。

尚、教育資金につきましては、
一度に出ていく者ではありませんので、
予め準備するものは、大学分が中心になります。

また、老後資金につきましては、
現在の基本生活費が幾らかかっているのかをまず把握したうえで、
将来、受給することが出来る年金収入との差額が、
これから老後資金として、
準備が必要となる金額となります。

適切な支払い家賃の目安として、
手取り月収金額の28.0%程度を上限の目安にしていただくとよろしいと考えます。

もんたひょうたさんの場合、
手取り月収金額が26万円となりますので、
72,800円ほどとなりますので、
現在の支払い家賃収入に占める負担割合からは、がぎりぎりのところです。

また、住宅ローンを組む場合にも、
現在の支払い家賃程度をひとつの目安としてください。

例えば、ローン金利2.0%・35年返済とした場合、
借入金額としては、2,500万円前後となります。
頭金として、1,000万円を預貯金から充当した場合、
3,500万円前後の物件が購入可能金額となります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

相談
老後
教育資金
住宅ローン
ローン返済

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

高齢出産で二人目。教育資金と老後資金に不安。

マネー 家計・ライフプラン 2012/03/06 20:30

夫42歳、妻38歳、子供2歳の3人家族で、先日第2子の妊娠が分かりました。
第2子が大学を卒業する頃、夫は65歳です。
お互いの実家も遠く、ちょっとした子守も頼む人はいないのですが… [続きを読む]

もんたひょうたさん (京都府/42歳/男性)

このQ&Aの回答

教育・老後、賃貸か購入かの件 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2012/03/07 16:23

このQ&Aに類似したQ&A

これからの家計の計画 サンタクロースさん  2012-04-01 17:00 回答2件
将来のビジョンが見えず不安です。 ミニママさん  2011-06-19 07:14 回答3件
家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
家計診断おねがいします sennpu~kiさん  2012-08-30 16:02 回答1件
家計診断お願いします。 横横さん  2008-11-17 14:18 回答5件