「相手軸に立とう」⑥相手軸の基本三原則 - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相手軸に立とう」⑥相手軸の基本三原則

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成


※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



相手の立場に立つと、その効果は、結果的には自分に返ってくるんですよね?

と言うことは、結局は、自分の為に、相手の立場に立つんですかね?

う~ん、なんだかもや~っとする物があるなあ、これは、なかなか奥が深そうなので、

いずれしっかり掘り下げることにして、一旦棚上げ。(これが、昨日のお話でした。)


今日からは、再び、相手に対して向き合うことに致します。


さて、相手の立場に立つと言うことは、単に相手のことを考える、と言う単純な思考だけでは、なかなかうまくいきません。


「相手の立場に立とう」と言われて、相手の事を考えるようにしても、そんなにはっきりと相手の考えや、相手の立場を理解出来るわけではありません。


なんだか「相手の考えがよく解る」と思っていても、それは「自分の経験や考えに合わせて」理解しているのです。

それは、間違いではないかも知れませんが、必ずしも「本当の相手の考えや立場、心情」とは限りません。。

そして、この思い込みや固定概念は、後々大きなギャップとなって、目の前に立ちはだかるのです。


思い込みで相手を理解すると、自分の親切心(相手の為を想って)から、積極的に自分の考えを言ったり、アドバイスしたりします。

「そうじゃないのよ」「こうした方が良い」「この方がうまくいくよ」「それは違うんじゃあない」「あなたは間違っている!」


こうして自分の考えを押しつけて、相手の為に良いことをしたと思い込んでいるケースが非常に多いと思いませんか?

自分の考えを言っているのに、まるで相手の考えを代弁しているような勘違いをしている人って、意外と多いのです。


こういう人は、確かに親切なのです。ありがたいですね。。

しかし、ありがた迷惑であることもあるのです。

相手に話していても、それが本音であるとは限りません。

その本音ではない情報で、全部解釈されても困ります。


こう言う一方的な「自分勝手な相手軸」を押しつける人には、ある共通項があります。

実は、相手の立場に立つ前に、踏まえておいて欲しい「大切な大原則」を踏まえていないのです。


その三原則とは、

「答えは相手の中にある」

「相手は自分とは違う」

「相手は成長を望んでいる」

この三つの基本原則です。


相手の立場に立って、相手との信頼関係を結ぼうとする時に、相手のことを信じないで、まず信じてもらおうとしても、それは自分勝手なわがままです。

また、相手のことを信じないで、先入観を持って相手の話を聞いても、本当の意味で、相手の気持ちは理解出来ていないのです。

自分を理解してもらう前に、そして相手の「考え方」や「要望」を聞く前に、まずは、この三原則を「踏まえる」事が大切なのです。


この三原則は、相手の前向きな気持ち、姿勢を認め、しかも、自分とはまた違う人なんですよ!

と言うことを唱っています。


明日は、この一つ目「答えは相手の中にある」について、お話しします。


いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「相手軸な叱り方」㉚「もっと良くなるために」叱る 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/25 05:49)

「相手軸思考発見」⑪「お節介」も良いもんです 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/01/08 06:07)

「相手軸な話」㉖ひとりの問題は店全体として考える 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/20 05:53)

「相手軸な話」㉒会議で最後の美味しい所を持って行く人 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/16 05:41)

「相手軸な話」⑱「は」と「も」で大違い! 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/12 05:43)