「相手軸に立とう」⑤相手軸は人の為ならず? - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
長谷川 進
(経営コンサルタント)
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相手軸に立とう」⑤相手軸は人の為ならず?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成


※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



相手の立場に立って考えよう、とはよく言われますが、

そう言いながら、現実には、本気で相手の立場に立っているかというと・・・

案外、立てていない。

気がつくと、自分の立場の言い訳をしていることが、多々あります。


実は、私も同じです。

しょっちゅうです。

それくらい、自然と相手の立場に立って考えると言うことは、難しいのです。


そもそも、そんなに難しいのに、

なぜ?相手の立場に立って考えることが大切だ、と言われるのでしょうか?

それは、このシリーズの②でもお話ししましたが、

その目的は、「相手を理解し、相手を信頼するため」だと思うのです。


では、もうひとつ掘り下げて、

「相手を理解し、信頼する」目的は何なのでしょうか?

それは「自分の価値を上げる」為なんだ、と私は考えています。


つまり、

「情けは人の為ならず」

人に対する情けは、相手の為だけではなく、自分のためでもある。

相手の立場に立つこと、相手との信頼関係を構築することは、自分のためでもある。

と言うことです。


そう考えれば、人の為、相手の為、社会の為にやっている事って、結局は、自分に返ってくることばかりですよね。

と言うことは、人の為ではなく、自分の為だから、出来るのでしょうか?


でも、これって結果論ですよね。

結果的には、自分に返ってくるのですが、最初からそれを意識していると、相手に対する気持ちが
中途半端になると思うのです。


う~ん、ここら辺が、考えれば考えるほど、心苦しくなる点ですね。

私は、あまり自分に返ってくることを意識していると、見返りを前提にしてしまうようで怖いのです。

見返りを前提にしていると、相手に感謝の気持ちが湧くことも前提にしてしまいます。

ですから「相手に感謝がなさそう」と感じると、「感謝がない!失礼だ!」という気持ちになり、自分の心が乱れます。


なんだか、どう考えれば一番良いのかが解らなくなりますね。


こう言う時に私がするのは、「今は、ちょっと棚に上げておく」と言うことです。

最後は自分に返ってくる、と言う気持ちは、ちょっと心の棚の上に上げておいて、

まずは、相手の為を想い、相手を理解する事に気持ちをフォーカスすることにします。


いずれ「自分に返ってくることをどう考えるのか?」については、見えてきたら再び考え始めることに致します。


今日は、チョット中途半端なまとまり具合ですが、

ま、そう言うこともあると言う事です(笑)

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「相手軸な叱り方」㉗脅しのような叱り方 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/22 05:46)

「相手軸な叱り方」⑱やっては行けない叱り方:その4 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/13 05:29)

「相手軸な叱り方」⑦相手の感情を聞く。原因は聞かない。 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/02 05:23)

「相手軸な叱り方」①叱るもほめるも目的は同じ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/01/27 05:56)

「偽の相手軸」③何でもかんでもノー・マン 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/12/10 05:58)