「相手軸に立とう」④思い込みは捨ててしまおう - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相手軸に立とう」④思い込みは捨ててしまおう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成


※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



昨日は、ちょっとだけ、相手の立場に立つ練習をしました。

チャレンジして見ていかがでしたか?


相手が話している間は、次に自分が話す事など何も考えずに、相手の話を聞く事に集中しましょう!

そうすれば、相手の言っている事がどういう話なのか?が見えてきます。

自分が何に引っかかっているのか?も解ってきます。

そうすると、知りたい事について質問が出来ます。

自然と、正確に相手の話の意図を理解する様に行動し始めるのです。


相手とのギャップは、聞いていない事が主要因です。

聞いていないから、相手の考えの背景や意図を理解するだけの情報が入ってきません。

なので、最初から「それはおかしい」と攻撃態勢に入るのです。

自分が解らないから、攻撃で勝とうとする。

悲しいですよね。


人は、相手の話を全部きちんと聞いていない時、聞いていない部分を、勝手に埋めてしまう性質があるようです。

そして、その空白を、埋める内容は「自分の考え」で埋めるのです。

それを「思い込み」と言います。

その結果、「この人は、こういう人だ。だからこの人は、こんな風に言っているに違いない」

と相手に対しての先入観を元に「言っている事」「考えている事」を決めつけてしまいます。


この「思い込み」「決めつけ」が非常に厄介なのです。

相手の変化や成長を掴みにくくするだけでなく、場合によっては、その成長、変化を阻害するような影響を与えてしまう可能性さえあるのです。


相手軸コミュニケーションに置いては「答えは相手の中にある」「相手は自分とは違う」「相手は成長を望んでいる」の3つが基本原則です。


しかし、受けて、聞き手による「思い込み」「決めつけ」は、この3つの基本要素を踏まえてない考え方、行動、習慣です。

この「思い込み」「決めつけ」による反応、言動、行動は、相手に大きなダメージを与えます。

そして、せっかく前進しよう、心を広げようと言う、相手の気持ちを萎えさせてしまう事になります。


そういう状態で、話す言葉は「本音を封印した言葉」になるのです。

不思議な事に「思い込み」「決めつけ」は、この「本音を封印した言葉」だけは真に受けます。

自分にとって都合がいいからです。

その結果、更に相手に対して「思い込み」「決めつけ」を持つ様になります。


とても恐ろしいと思いませんか?

さあ、「思い込み」「決めつけ」さっさと捨ててしまいましょう。

だって、

「答えは相手の中にある」のです。

「相手は自分とは違う」のです。

「相手は成長を望んでいる」のですからね!



いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「偽の相手軸」⑤お前はB型だからこうなんだ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/12/12 06:09)

「相手軸5つの効果」④相手の事情・背景が理解出来る 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/12/05 05:52)

「相手軸に立とう」③ちょっと試しに相手軸に立ってみよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/11/25 05:53)

納得出来ない評価をする残念上司・・・ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/11/01 05:28)

「相手軸な話」㉖ひとりの問題は店全体として考える 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/20 05:53)