「相手軸に立とう」③ちょっと試しに相手軸に立ってみよう - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相手軸に立とう」③ちょっと試しに相手軸に立ってみよう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成


※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



相手の立場に立つとどんな事が解るのでしょうか?


ちょっと意識して「相手の立場」に立ってみると、それが見えてきます。

まだ、本気で相手の立場に立つのが難しくても、ちょっと立って見るだけでも色んな事を感じる事が出来るのです。


例えば、相手が言った事が、自分の考えと全然違っていた時などがチャンスです。

ちょっとだけ試してみようかな、と思われるならば、以下の3ステップを試してみて下さい。


ステップ1:相手が話し終わるまで待つ(我慢我慢)

ステップ2:相手が話している最中に、次に自分が話す内容を考えない(集中集中)

スタップ3:相手が話し終われば、ひと呼吸置いて「なるほど」と言う(うんうん)


もちろん、これだけで、きちんと相手軸に立てる訳ではありませんが、少なくとも「立とう!」

と言う行動のスイッチは入ります。

まずは、これで十分です。


相手の話を最後まできちん聴いて、そのあと「承認のあいづち」を打てば、間違いなくあなたの気持ちに変化が起きます。

なぜならば、誤解やコミュニケーションギャップの一番大きな原因は、相手の話をきちんと聞いて理解しようとしていないからです。

何故聞いていないんでしょうか?


それは、相手が話している間に、自分が次に話す内容を考えているからなのです。

自分の頭は次の事を考えているので、相手の話は全く聞いていません。

相手の話を最後まで聞くだけでも、ギャップは今までの半分以下になります。


その上で、まず相手の話を「聞いた」と言うことを承認するのです。

なにも、相手の意見に合意せよと言っているのではありません。

「最後まできちんと聞きました」と言うことを相手に伝えるのです。


ここまでで、ギャップの残り半分が、その半分に縮まります。

で、最後に「なるほど」と「受け入れる」と、あなたの中の「理解しよう」スイッチが入ります。


これが出来る様になれば、相手が話している間に「うなづき」を入れてみましょう。

これくらいのレベルで、もう相手の考えの8割くらいは見えて来るのです。

的確な質問も出来る様になります。

ちゃんと聞いているので、「もっと聞きたいこと」が出て来るのです。

聞いていないと「聞きたい事の質問」は出来ません。


よく会議で、的が外れた質問をする人がいます。

こういう人は、相手の話を聞いていないのです。


別に会議やディスカッションの場でなくてもかまいません。

友人や家族との会話の時でもかまいません。


ステップ1:相手が話し終わるまで待つ(我慢我慢)

ステップ2:相手が話している最中に、次に自分が話す内容を考えない(集中集中)

スタップ3:相手が話し終われば、ひと呼吸置いて「なるほど」と言う(うんうん)


これだけで、相手軸マスターへの道は開けます。

是非チャレンジして見て下さいね!

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「偽の相手軸」⑤お前はB型だからこうなんだ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/12/12 06:09)

「相手軸5つの効果」④相手の事情・背景が理解出来る 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/12/05 05:52)

「相手軸に立とう」④思い込みは捨ててしまおう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/11/26 05:34)

納得出来ない評価をする残念上司・・・ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/11/01 05:28)

「相手軸な話」㉖ひとりの問題は店全体として考える 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/20 05:53)