「偽の相手軸」⑤お前はB型だからこうなんだ - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「偽の相手軸」⑤お前はB型だからこうなんだ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成




※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



相手の立場に立っているようで、実は立っているフリをしているだけの「偽の相手軸」には、色んなケースがあります。
相手を「あなたはこう言うタイプ」と決めつける、と言うケースもそのひとつです。

一番多いのが、血液型。
O型は、頑固ですぐ怒るとか、B型は、ちょっと変わっていると言われると嬉しい、とか・・・

血液型やタイプ別分類などは、相手のことをよく理解して、コミュニケーションをスムーズに行かせる為に、
「当たりを付ける」為の補助行為です。

にもかかわらず、自分自身での観察や印象を大事にせずに、血液型や占いなどで、相手の性格などを決めつける人がいます。

「お前はB型だからそうなんだ」
「あなたは、牡羊座だからね」
「君は、(動物占いでは)トラだよね~だからだね」
「あなたは、サポータータイプよ。だからこうした方が良いのよ」

血液型や、占いやタイプ別分類は、あくまでも、より良いコミュニケーションを行う為の準備ツールです。

当たってる、当たっていないではなく、相手が反応するパターンや考え方のパターンを「なるほどなあ」と理解する為に使えば良いのです。


相手は、自分とは違いますから、自分と同じ様に理解してくれる訳ではありません。

何故、こういう風に考えるのだろう?と、疑問を持つ事もあると思います。

そういう時に、「なるほど、相手はこういうタイプだから、こう言う風に理解するのか」と思えば良いのです。


しかし、それも注意をしなくてなりません。

その「当たり」はあくまであなたの仮説です。

タイプ別分類は、あくまで、こうなのかも知れないな、と言う仮説段階なのです。


仮説を事実として決定しては行けません。

仮説はあくまで仮説。

仮説は、検証しなくてはならないのです。

検証とは、確認です。

最後に相手に確認をしないと、それはあなたの決め付けです。


相手との信頼関係を向上させる為に、相手の立場に立ち、相手の事をもっと知ろうとする。

にもかかわらず、肝心な所で「決めつけ」をしては、相手は気が悪いのです。

「お前はB型だからそうなんだ」
「あなたは、牡羊座だからね」
「君は、(動物占いでは)トラだよね~だからだね」
「あなたは、サポータータイプよ。だからこうした方が良いのよ」

これらは、親切で言ってくれていても、良い気はしないのです。

それよりも、その仮説を元に、こういうふに感じたのですか?こう理解されたのですか?と

細かく確認するのです。

それが違う、と言う場合は、修正しなくてはなりません。


思い込みや決めつけは、相手の立場に立つのを邪魔する障害物です。

仮説はあくまで仮説。

確認と言う検証を忘れない様にして行きたいですね。


いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「相手軸5つの効果」④相手の事情・背景が理解出来る 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/12/05 05:52)

「相手軸に立とう」④思い込みは捨ててしまおう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/11/26 05:34)

「相手軸に立とう」③ちょっと試しに相手軸に立ってみよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/11/25 05:53)

納得出来ない評価をする残念上司・・・ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/11/01 05:28)

「相手軸な話」㉖ひとりの問題は店全体として考える 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/20 05:53)