涙を流しながら読んだ名作 - 税金全般 - 専門家プロファイル

林 高宏
林高宏税理士事務所 
鹿児島県
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

涙を流しながら読んだ名作

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般


私の記憶では、それは3つあったように思う。



・ 大地 パール・バック著

・ 24の瞳 壺井 榮著

・ 最後の1作は残念ながら忘れた



男は滅多に泣くなと教わったが、

映画・ドラマには弱い。マンガもそうかもしれない。



しかし、書物になると、読むのに時間がかかるし、

内容を理解するにも時間がかかるので、

泣くまで感情移入するのが大変だ。



私は、スカパーの業界誌を読み、

木下恵介生誕100周年特集の記事に触れることにより、

「24の瞳」のことを思い出した。



大好きな作品、当然ながら映画もいくつか観た。

私は、田中好子主演のものが好きだ。

原作に忠実に書いていると思った。



ふと少女マンガのことを思った。

こういう作品を書かせたら、大和和気が天下一品だ。

ラスト・シーンのエンディングはどれも見事だ。



勢いだけの、庄司洋子は見習ってほしい。

あれでは、「生徒諸君」の名が泣く。



「ガラスの仮面」もそうだ。

あまりにもテーマを広げすぎると、まとめるのが大変。

自分の命があるうちに、きちんとまとめ上げて欲しい。




話を元に戻そう。

パール・バックの「大地」これを中1の時読んだ。

3巻あるが、上巻だけでいいと思う。



「24の瞳」の涙は、こぼれるのを堪えることができるが、

こちらはそうはいかない。



これを超える感動を求めて、

私は今、録画してある「戦争と平和」トルストイを

いつ観ようか思案しているところである。




このコラムに類似したコラム

相続セミナーのお知らせ(無料) 大黒たかのり - 税理士(2013/03/27 13:11)

金融商品仲介業登録 大黒たかのり - 税理士(2013/10/01 15:50)

10月31日で任務終了 林 高宏 - 税理士(2013/09/24 17:15)

NISA受付 10月1日から 大黒たかのり - 税理士(2013/09/20 12:38)

西宮税務相談会 大黒たかのり - 税理士(2013/09/10 14:39)