国際離婚のトラブル 日本の法律が使えるか? - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

林 炳大
Direkto 離婚事務所 代表
神奈川県
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
阿部 マリ
(行政書士)

閲覧数順 2017年02月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国際離婚のトラブル 日本の法律が使えるか?

- good

離婚問題

 早いもので、11月となりました。今月最初は、

国際離婚のトラブルについてお話をさせて頂き

ます。


 私の事務所では、多くの国際離婚についての

問題を解決しておりますが、その中でも相談が

多いのが、「離婚の時に、日本の法律が使える

のかどうか教えてください」というものです。


 何処の国の法律に従うかは、大きな問題とな

ります。


 実際に適用されるのは、基本的には国籍では

なく住所地の法律が使われます。


 ですから、夫が米国国籍で、妻が日本国籍で

ある場合、生活の拠点となる住所が日本の場合

は、離婚の際に日本の法律が適用されますし、

夫と妻の国籍が同じパターンでも、生活の拠点

となる住所がアメリカの場合は、アメリカの法律

が適用されることになります。


 外国と日本の法律では、親権の考え方が大き

く違いますので、自身の国籍が日本だからと言っ

て、日本の法律を基本に考えても、外国の法律が

適用されることもありますので、離婚を考えた際

は注意をしましょう。


                    離婚・夫婦問題

                    専門カウンセラー

                        林 炳大


                    


このコラムに類似したコラム

離婚トラブル 再婚による養育費負担 林 炳大 - 行政書士(2012/11/05 16:03)

離婚トラブル 養育費減額について 林 炳大 - 行政書士(2012/11/04 19:13)

離婚トラブル 離婚後の養育費増額は可能か? 林 炳大 - 行政書士(2012/11/03 23:51)

国際離婚 中国語・タイ語・英語 林 炳大 - 行政書士(2012/10/09 11:29)

消費税引き上げと夫婦問題 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/18 11:00)