脳科学はまだまだ謎だらけ◎“無敗脳”ヨガ道場◎ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
鶴田 育子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2018年02月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脳科学はまだまだ謎だらけ◎“無敗脳”ヨガ道場◎

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

最新メンタルトレーニングでストレス&うつ一刀両断!無敗脳ヨガ道場辻です。

 

現在、脳科学に関する事柄が、テレビや雑誌で取り上げられるケースが増えてきましたが、

実際は、人間の脳に関する科学的な裏付けは分かっていることの方が圧倒的に少ないのが現状です。

 

動物を使った実験結果と少しごちゃまぜになっている感じが個人的に致します。

動物の実験結果と、人間の実験結果は別物です。

 

また、脳科学をベースにしたビジネスや、商品も増えてきており、私の方への問い合わせも増えてきております。

 

ただ、当スタジオは、大学の研究成果活用型企業であり、あくまでもニュートラルなスタンスである必要があり、どれが効果があり、そしてないのかということは具体的にお伝えすることはできませんのであらかじめ御了承ください。

 

しかし、一ついえることは、聴いているだけで天才になれるとか、様々な病気が治る、簡単にゾーン状態になれるというものが存在するならば、

まず、国家機関が採用していないとおかしいですよね?

 

脳研究は、医療機関や、大学機関を中心に行われておりますが、人にとって有益な研究結果が出た場合は、

まず、大学機関が公開講座としてそのような催しを社会的責任として果たすスタンスにあると思います。

 

機材を使用すれば、今や、どなたでも、自律神経や、脳波の測定は、可能ですが、そのデータの解釈がとても困難なのです

 

脳の血流が上がったとしましても、何かをすれば、刺激として、ほとんどのケースで脳の血流は上がります。

ただ、その血流の増加が、神経の活性化によりもたらされたものなのかどうか別途確認する必要があるのです。

 

しかし、まだまだ未知の分野である、脳科学分野においても、やっておいた方が良い脳のトレーニングもいくつか存在するのも事実です

当スタジオでは、多数の論文考察により、一定の科学性が見込めるプログラムだけに厳選して提供させていただいております。

 

今まで、メンタルトレーニングを受けてもあまり効果が得られなかった方や、

これからメンタルトレーニングや、コーチングの指導を受ける予定がある方は、

受講される前に一度メールにてご相談ください

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

東京都 港区 田町 無敗脳ヨガ道場『サイバーヨガ・スタジオ辻でした。

このコラムに類似したコラム

マシーンと格闘中… ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/02/04 16:13)

『ヘルスフード・サプリメント EXPO 2012』 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/11/22 23:13)

指先の温度を上げれる先生と上げれない先生◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/10/22 00:29)

透明な力◎“無敗脳”ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/10/19 23:35)