【最強ビジネスモデル】グロービッシュの特徴。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最強ビジネスモデル】グロービッシュの特徴。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
 【最強ビジネスモデル】  2012.08.29 No.0449
===========================

昨日お伝えしたグロービッシュ。
今日は、その特徴をお伝えする。

まずグロービッシュは、
ブロークンイングリッシュとは全く異なる。

グロービッシュとは
グローバルイングリッシュという意味で
「英語の諸事情の基本的な部分を抽出」した
「世界共通語としての英語」の事だ。

主な特徴は5つ。

・基本的な1,500語とその派生語。
・中学英語程度の簡単な文法。
・1文はなるべく15単語以内。
・発音は厳密でなくてもOK。
・簡単に言える文章に変換する発想。

大変お世話にもなっている、
大好きな人生の先輩、
グロービッシュ研究家の
竹下光彦氏が
ご著書

苦手な人ほどうまくなる英語
グロービッシュ入門
竹下光彦(著)
サンマーク出版(2011/10/24)

の「おわりに」で興味深いことを書いている。

小学生と中学生に
「この席は空いていますか?」と英語で尋ねるのは
どう言ったら良いかを尋ねたのだそうだ。

すると正解を答えたのは小学生。

中学生は英語が出て来ない。
日本語を英語にしようと思ったからだと。

May I ~ ?
Can I ~ ?
も習っているが
言い回しが出て来ないと。

そして小学生は席を指差して「OK?」。

竹下氏は長年、英語を塾や高校などで教えているが、
英語を「勉強している」「学んでいる」ことで
逆に話せなくなっていると。

私自身も、
マレーシアで、たくさん友達が出来たが、
一度も「英語を話さなくっちゃ。」とか
「こんな時はなんて言うんだっけ?」などと考える事なく
その時に感じるままジェスチャーとハートで
分かり合えたという実感がある。

前にも書いたが私は英語がほとんど出来ないにも
関わらず「苦手意識0」。

そのおかげで、友達はたくさん出来るし
とても楽しく暮らせるのだから
「知識」としての英語ではなく
人と分かり合う楽しさを増やすための
コミュニケーションのツールとして
グロービッシュを楽しく自然に話せる
コンテンツを広めたいと考えている。

旅行程度ならジェスチャーで充分。

(私は人の家に泊まり歩きの一人旅で
 すべて日本語とジェスチャーだけで
 困った事は何もなかったという経験を持つ)

そして、
・もっと深く分かり合いたい。
・より仲良くなりたい。
・ビジネスで使いたい。
なら、どんな国の人とも分かり合える
グロービッシュがお勧めだ。

勉強ではなく
楽しく自然に使いこなせる
グロービッシュコンテンツを
どうぞお楽しみに。

___________________________
■今日のまとめ

・グロービッシュとは
 グローバルイングリッシュという意味で
 「英語の諸事情の基本的な部分を抽出」した
 「世界共通語としての英語」の事。

・「知識」としての英語ではなく
 人と分かり合う楽しさを増やすための
 コミュニケーションのツールとして
 グロービッシュを楽しく自然に話せる
 コンテンツを広めたいと考えている。

---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最強ビジネスモデル】英語は便利なツールの一つ。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2012/10/02 13:30)

【最強ビジネスモデル】ビジネスにグロービッシュ。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2012/08/28 10:44)

【最幸ビジネスモデル】ひっかかりちゃんが大切。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/17 23:30)

【最幸ビジネスモデル】これがビジネス。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/03 11:24)

【最幸ビジネスモデル】狙わず結果を出す。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/18 18:31)