ペットのお墓と相続財産 - 相続税 - 専門家プロファイル

菅原 茂夫
菅原茂夫税理士事務所 代表
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

ペットのお墓と相続財産

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続税

相続税法上、墓所や霊廟については、非課税財産に該当します(相法12①二)。

最近ではペットと飼主の距離が近くなり、もはやペットというよりも家族の一員として飼っていらっしゃる方が多いようです。

そのような方の中には、ペットが亡くなると、ペットのお墓を建立してそこに葬ってあげる方もいらっしゃるようです。

また、最近ではペット専用の墓地等を設けている霊園もあるようです。

さて、ここで疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

「ペットのお墓も人間のお墓と同様、相続税法上非課税財産になるか?」ということです。

相続税法上、非課税財産に該当する墓所や霊廟とは、

「民法上の墳墓」に該当するものとされています。

ここでいう「民法上の墳墓」ですが、遺体や遺骨を葬っている墓石や墓標などをいい、墳墓の所有権は慣習に従って祖先の祭祀を主催すべき者が承継することとされています(民法897)。

ペットは民法上「モノ」として取り扱われているため、ペットの墓は民法上の墳墓に該当しないこととされています。

従って、相続税法上の非課税財産とされている「墓所や霊廟」に該当しないこととなります。

このコラムに類似したコラム

相続時精算課税適用対象者の範囲の改正 大黒たかのり - 税理士(2013/02/21 09:00)

相続税の基礎控除の引き下げ 大黒たかのり - 税理士(2013/02/19 09:00)

24年度税制改正大綱(3、相続税の連帯納付義務) 平 仁 - 税理士(2011/12/15 19:09)

生前贈与はどれくらいおトクか 大黒たかのり - 税理士(2011/09/02 10:36)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!