夢を求めて迷子になる大人たち - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

別所 諒
ビジョン・コンサルティング 別所諒 主宰
東京都
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夢を求めて迷子になる大人たち

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
経営コンサルティング ビジネスモデル




夢とお金の関連性について、言葉が足りない部分があったようなので、補足をさせていただく。


夢というと大げさに聞こえるから、僕としては「人生の目的」と言うほうがしっくりくる。


人生の目的は他人と競うものではない。自分と家族がそれなりに幸せに暮らすこと、人に迷惑をかけないことというのも立派な目的だ。もちろん、世界を笑顔であふれさせたいというのも素晴らしい。


次に、目的を実現させるために、「目標」が必要になる。目標は具体的でないといけない。「それなりに幸せ」を実現させるために、家族をつくらないといけないし、お金も必要だ。そこで、どんな人とどこに住み、いくらのお金があればいいのかを具体化、数値化する。



そして、目標を達成するための「方法」が必要になる。方法とは、「どうやって」ということだ。パートナーと出会う方法は?必要なお金を稼ぐ方法は?合コンに行くものあり、給料のいい会社に行くもよし、起業するのもあり。(起業するなら、何人の人にどんなサービスを提供して、いくらの収益を得るのかが目標になる)。方法はそれぞれができる方法で実行すればいい。



整理すればシンプルな話なのだが、目的、目標、方法を混同してしまうとややこしくなる。

お金という目標にフォーカスすると、「お金のために」というように目的を見失う。同じく誰かに目標を強制されると、方法にしか目がいかなくなる。目的が大きすぎると方法が思いつかない。今できる方法しか見えないと、目的が小さいのではないかと悩む。


こうして大人は迷子になるのだ。


迷子になったら、立ち返るべきは、やはり人生の目的だ。別に無理をしなくても、等身大の目的でいいと思う。でかい目的を掲げて、達成できない目標を立てて、方法を実行しないよりもいい。


夢(目的)を語れば人が応援してくれるというのは、「目標」と「方法」が明確な場合だけだ。そうでないと、「頑張ってください」という挨拶以上の関係は生まれない。


ので、今後はカテゴリと語彙を統一して話をしようかなと考えている。


夢、ビジョン、使命、欲求、欲望、→目的
年収、事業規模、理想の彼氏、彼女→目標
戦略、ビジネスモデル、マーケティング、各種ノウハウ→方法



後、コンセプトはどこに分類される?コアコンピタンスは?フレームは?ロジカルシンキングは?なんて考える人もいるかもしれないが、そんなことは知らない。


僕の仕事は、目的を見出し、目標を設定した人に方法を提案することだからである。


このコラムに類似したコラム

【再読】明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/02/15 12:00)

【共創意識を持つ事】 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2012/07/06 17:00)

マーケティング、って一体何? 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/08/29 21:00)

【優秀な医者とは?優秀な弁護士とは?そして…】 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/08/28 08:00)